銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

GREEN_FU20140125500

スポンサーリンク

キャンペーン

当ブログで敢えて扱わない金融機関のキャンペーンについて

投稿日:2014年12月20日 更新日:

読者の方から外貨預金のキャンペーンを取り扱わないのかというご質問がございましたので、ご回答します。

当ブログで紹介する金融機関のキャンペーンはできる限りリスクが少なく、利用者にとってお得なキャンペーンを紹介しております。よって、取扱いないキャンペーンは多々あり、敢えてエントリーとして紹介する場合は、原則として、disるかリスクを明示した内容となっております。例として、以下ものは取り扱わないようにしております。

外貨預金キャンペーン

外貨預金のキャンペーンは地銀などが特に力を入れてキャンペーンを行っています。例えば、為替手数料が半額になるとか、外貨の1ヶ月もの定期預金金利が今なら5倍というキャンペーンです。しかし、当ブログでは敢えてスルーしています。これは、外貨預金は、預金保険の適用外となるうえ、為替手数料とキャンペーンによる特典が、円貨から外貨への為替手数料の補てん(特典が為替手数料を上回ることは、ほとんどありません。)の意味あいが強くからです。

また、外貨預金は、為替変動リスクがあり、高金利の通貨は、中長期的に価値が下落し、通貨ごとの金利差は調整されます。管理人は、長期的資産形成のために外貨預金を組むことは適切とは考えておりません。短期的に為替差益を得たいならば、外貨預金ではなく、外国為替証拠金取引(FX)で、レバレッジを極力すくなくしたうえで運用すれば良いでしょう。もちろん、為替差益を得たいと思うことは勝手ですが、実際に為替差益を得られるかどうかは、本人次第ですけどね。

投資信託と定期預金のセットキャンペーン

これはメガバンクや地銀など積極的にキャンペーンを実施しています。一定割合の投資信託購入で、同額までの定期預金が高利で組めるというキャンペーンですね。例えば、金融機関が指定する投資信託を300万円購入すると、金利3.0%円定期預金1ヶ月ものを300万円まで契約可能というものです。だいたいは資産運用キャンペーンなどで積極的に売り出しております。

この類の投資信託は販売手数料が高く、ボラティリティ(資産価値の変動が激しい)が大きいものばかりです。高い金利で得らる利息は投資信託の販売手数料の補てん程度ですので、とてもお勧めできるものではありません。もちろん、ボラティリティが大きいということは、安値で買って高値で売れば、利益は大きいのですが、投資信託でそのような取引を目指すならば、個別株でもやれば良いのではないのかと思います。金融機関が鴨にしたいのは、知識の無い層を狙っていますので、ご留意を。

仕組預金のキャンペーン

仕組預金は、いろいろと種類があり、満期日変更特約付定期預金(金利が高いかわりに、預入期間が延長になったり繰り上がるなど満期日変更する権利を銀行が持つ定期預金)、二重通貨定期預金(円貨で預け入れし、満期日に外貨の価値が下がっていれば、元本を外貨で払い戻す権利を銀行が持つ定期預金)などいろいろとありますが、あまり紹介していおりません。

二重通貨定期預金は、金融機関によっては、預金保険の対象外となる場合もあり、また、満期日変更特約付定期預金は、中途解約時に元本割れになります。
仕組預金は、金利は一見高いのですが、実はリスクを顧客に押し付けて、享受できる利益は制限するという、片務的な契約内容となっており、金融機関に有利なことから、紹介しておりません。

クレジットカードリボ払いキャンペーン

クレジットカードのリボ払いは、毎月返済額が一定ということで、なぜか人気があるようですが、返済が進まないということで、元金がいつまでもたっても減らず、リボ払いばかり活用すると、返済元金が雪だるま式に膨らむという悲惨な結果が待ち受けております。もともと、住宅取得以外の借金に対しては否定的な考えを持っておりますので、スルーしております。

他にも見つけたら、追記します。

仕組債なども入れたかったのですが、仕組債のキャンペーンをあまり見たことがないので割愛しました。見つけたら随時追記します。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、以下のバナーによるRSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

1億円を貯めてみよう!フェイスブックページではブログに公開していないキャンペーン速報などもお伝えしています。

Subscribe with livedoor Readerfollow us in feedlyRSSRSSRSS


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

関連コンテンツ1


銀行の普通預金金利を120倍にするクレジットカード

イオンカードセレクト

イオンカード系の最強のクレジットカードです。

WAON利用で1%還元のほかイオングループでの買い物はいつでもときめきポイントが2倍になります。

さらにイオン銀行の普通預金金利がメガバンクの120倍の0.12%になるなどイオン銀行との連携優遇サービスが豊富です。

もちろん年会費は不要ですし、イオン系クレジットカードは1枚だけじゃなく2枚~3枚と複数所有可能ですので、シーンや特典に応じて使い分けることをおすすめします。

こちらの記事もオススメです

スポンサーリンク

銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめ

現金やポイントなどがもらえるお得なネットバンクや証券会社などの口座開設キャンペーンまとめ

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(夏から冬のボーナス時期の比較)【2016年7月・8月・9月・10月・11月・12月】

超短期の定期預金の金利ランキング

1週間定期預金と2週間定期預金の金利ランキング【円貨版】

普通預金の金利ランキング

ネットバンクや地方銀行や信用金庫のインターネット支店の普通預金の金利ランキング【随時更新版】
スポンサーリンク

高還元率のクレジットカードまとめ

おすすめの原則年会費無料で高還元率のクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

2,000円分のポイントが貰えます

Uポイントが2,000点もらえるUCSカードインターネットでの入会限定キャンペーン実施中です

資金移動の禁断の裏ワザ

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

adsense(レスポンシブ)

スポンサーリンク

-キャンペーン
-, , , , ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2016 AllRights Reserved.