銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

定期預金

【金利はなんと年1.0%】東京都はやっぱりすごいぜ!マイプラン積金

投稿日:2014年6月6日 更新日:

職業柄じゃなくてブロガー柄、高利の貯蓄商品の情報収集が得意です。

そうじゃなきゃ、こんなブログ運営してません。

前置きはさておき、金利1.0%の定期積金を見つけました。

募集しているのは東京都職員信用組合です。

詳細を確認してみましょう。

スポンサーリンク

東京都職員信用組合 「平成26年度職員限定」都職信マイプラン積金の詳細

  • 募集期間:平成26年4月1日から平成27年3月31日
  • 対象者:組合員かつ平成26年度新入職員であること
  • 積立期間:3年及び5年
  • 積立金額:以下の通り
  • 50万円コース(3年):14,000円
  • 50万円コース(5年):9,000円
  • 100万円コース(3年):28,000円
  • 100万円コース(5年):17,000円
  • 適用金利:年1.0%(通常金利 年0.4%+上乗せ金利 年0.6%)
  • その他:申込者全員に、図書カード(1,000円分)プレゼント

東京都職員信用組合 「平成26年度職員限定」都職信マイプラン積金(PDF)

スポンサーリンク

東京都職員信用組合とは?

東京都及び特別区職員の福利厚生を担うために、設立された金融機関です。

信用組合ですので、組合員しか利用できません。

さらに組合員も、目的からみてもお分かりのように、原則として東京都&特別区などの職員&退職者のみ加入可能です。

ちなみに、組合員加入時に、出資金が必要となります。最低20口1000円(1口50円)が必要ですのでご留意ください。

東京都職員信用組合ホームページ|toshokusin 都職信

東京都職員信用組合は高利の定期預金などをよく販売するよ。

高利の定期商品(定期預金、定期積金など)をよく販売している東京都職員信用組合。

破壊力は半島系金融機関より上です。

なんでそんなに高い金利でお金を集めるかというと、

東京都職員信用組合は、金融機関ですので、都などの職員向けにローンを斡旋しています。

そもそも、都の職員向けなので、その個人の信用調査ということは都の実質的な関連団体である東京都職員信用組合は手間暇かかりません。

さらに、都が破たんする可能性は極めて低いので、ローンに関する金融機関側が負担する諸費用があまりかからないという独自の強みがあります。

よって、諸費用がかからない分通常の金融機関よりも金利の鞘が稼ぎやすいという仕組でございます。

また、東京都のみの職員数も16万以上と膨大な人数がいますので、地方の信用組合よりも潜在的な顧客は多いのもメリットです。

スポンサーリンク

東京都職員信用組合 「平成26年度職員限定」都職信マイプラン積金を利用できるなら利用しておけ!

東京都の職員すべてが貯蓄体質とは思えませんので、結構利用していない方も多いと思います。

しかし、普通の金融機関にくらべて破壊力抜群の金利設定です。

利用できる身分の方は、もれなく利用すべきです。

利用できない方は、あきらめるか、東京都や特別区の中途採用枠を狙って、今年度中に採用されるように努めるしかありません。

下手な国の財政よりも多い東京都ですので、身分は安定していると思いますよ。

高利の定期預金キャンペーンはまだまだ沢山ありますよ!

高利の定期預金キャンペーンはまだまだたくさんあります。お探しの方は、以下の当ブログで高金利の定期預金ネタを総まとめにしたエントリーをご覧ください。

うれしい
定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(冬から夏のボーナス時期の比較)【10月・11月・12月・2018年1月・2月・3月・4月・5月・6月】

現在実施している当ブログで公開した高金利の定期預金ネタをまとめたページです。(随時更新版) 最低でもメガバンクの定期預金の金利の20倍以上の金利を出す高金利の定期預金を取り扱う金融機関は、まだまだたく ...

続きを見る

【参考】他の金融機関から定期預金の資金を振り込む時の手数料を無料にできる銀行はこちら

定期預金の資金を他の金融機関から移動させるときに、振込手数料を支払っていませんか?

他行宛振込手数料が無料になる金融機関は、たくさんありますので、利用しないともったいないですよ。

詳細は以下のページをご覧ください。

資産形成や貯金
5分で分かる他行宛振込手数料が無料になる銀行や信託銀行などの全25サービスまとめ

他行宛振込手数料が無料となる銀行や信託銀行、さらに労働金庫などのサービスをまとめました。全部で25サービスです。 一般的に他行宛振込手数料は、インターネットバンキングでも1件あたり216円から540円 ...

続きを見る

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大15,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう(最新記事をお届けします)

Twitterで管理人アカウントを

X-lift(クロスリフト)


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


  • この記事を書いた人

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

http://ichiokuen-wo.jp/

-定期預金
-, ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 All Rights Reserved.