銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

ゆうちょ銀行

スポンサーリンク

定期預金

ゆうちょ銀行に高金利の定期預金キャンペーンを求めてはいけない理由

投稿日:2015年1月13日 更新日:

皆さんゆうちょ銀行の高金利の定期預金キャンペーンをのぞんでいらっしゃるようです。しかし、ゆうちょ銀行に高金利の定期預金キャンペーンを求めてはいけません。なぜならば、ゆうちょ銀行は一般の銀行とは収益構造が全く異なるからです。

【追記】マイナス金利政策導入の影響によりゆうちょ銀行の定額貯金・定期貯金などの金利が引き下げになりました。

金利が引き下げになった貯蓄商品や金利の引き下げ幅などは以下のページをご覧下ください。

ゆうちょ銀行(郵便局)の定期貯金・定額貯金などの金利の引き下げ【2月9日より】 

ゆうちょ銀行 通常貯金・通常貯蓄預金の金利の引き下げ【2月23日より】

ゆうちょ銀行(郵便局)の定期貯金・定額貯金・財産形成貯金などの金利が引き下げに【3月14日より】

またゆうちょ銀行の預入限度額と預金保険(ペイオフ)の関係性については以下のページもご覧ください。

ゆうちょ銀行の貯金商品の預入限度額(4月1日から1,000万円から1,300万円に引き上げ)や預金保護制度(ペイオフ)を解説します

普通の金融機関は預金を集めて企業などへ貸し出すのがビジネスモデル

普通の金融機関は、顧客から預金を集めたうえで、その資金を企業などへ貸し出します。その際に、貸出金利から預金金利を差し引いた額が収益となります。よって、高利の定期預金で資金を集めた場合は、それ以上の貸出金利で企業などへお金を貸さないと赤字(いわゆる金利の逆ザヤ)となります。

現在の金融情勢や資金調達の多様化などによって、貸出金利が低くなったり、企業は銀行を頼らないでお金を集めることが可能となっており、それらは、金融機関の経営を圧迫しているのは事実ですが、貸出事業は金融機関の根幹です。

蛇足だけど、セブン銀行はATM利用手数料が根幹となるビジネスモデル

セブン銀行は、他の金融機関との提携によって、顧客がATM利用した際に入る手数料によって利益を出すビジネスモデルです。顧客がセブン銀行以外の金融機関のお金をセブン銀行ATMからおろした際に、ATM利用手数料を支払わない場合においても、セブン銀行は提携先の金融機関から手数料を徴収しております。

セブン銀行の凄いところは、設置費用が高額なATMを多数のコンビニに導入するため一括発注により価格低減が図れるというスケールメリットを生かし、さらに、普通の金融機関のATMに比べて機能を絞ることによって、ATM1台あたりの設置費用が、比較的安価となりましたので、純利益率が普通の金融機関に比べてとびぬけて高くなっております。

ゆうちょ銀行は預金を集めて国債など比較的安全資産を購入するのがビジネスモデル

民営化される前までは、郵便局が集めたお金は財政投融資として特殊法人などへ貸付をしていました。財政投融資貸付金利と貯金金利の差額が収益となっていたはずですが、当時は国営事業でしたので、あまり収益などは考えられていませんでした。

民営化後は、ゆうちょ銀行が集めたお金は、比較的安全資産である国債や地方債などの購入資金として充てられております。よって、国債や地方債の利息から貯金利息を引いた金額が、収益となります。

現在の日銀の大規模金融緩和により国債金利は超低金利状態が続いておりますので、運用収入は当然少なく、顧客から高い金利でお金を集めると逆ザヤになる可能性があります。

ゆうちょ銀行自身も、収益性が悪いことを認めており、外国債券などの運用残高を増やしておりますが、それでも平成25年度末運用資産残高のうち65%を日本国債や地方債へ投資しています。

じゃあ、ゆうちょ銀行は貸出すればいいいじゃない

ゆうちょ銀行の収益構造を改善するためには、国債などの安全資産への運用を減らし、一般企業へ貸出をすればよいのですが、郵政民営化法の規程により、外貨預金の受入れや資金の貸付け又は手形の割引は内閣総理大臣の承認を受けないとできないことになっています。

ゆうちょ銀行が民間企業への融資事業に踏み切ることは、民業圧迫であるとの批判があり、資金貸付事業の申請すらしていません。2015年に新規上場する予定ですが、即座に全株式を売却する訳ではないので、当面は、資金貸し出し事業への参入は、政局がらみの展開となります。

でもゆうちょ銀行からお金借りられるよね

ゆうちょ銀行は、総合口座で管理している担保貯金および定期の貸付と財形関連の定額貯金を担保にした貸付を行っております。つまり、ゆうちょ銀行へ定期貯金等を預けている場合、90%相当額を貸付金として借りることが可能です。

また、ゆうちょ銀行はスルガ銀行と提携して住宅ローンなどの媒介を行っていますが、実際に貸し出しているのはスルガ銀行などであり、ゆうちょ銀行は、これらローン契約によって代理店手数料しか得ておりません。

ということで、ゆうちょ銀行に高い金利の定期預金キャンペーンを期待するのはやめようよ

ゆうちょ銀行のビジネスモデルが変わらない限り、高い金利で預金を集める必要はありません。よって、ゆうちょ銀行に高い金利の定期預金を期待するのは、「百年河清を俟つ」ようなもんなので止めましょう。

【追記】ゆうちょ銀行の最新のキャンペーンが公表されていますが、この程度のレベルですので期待するのはやめたほうが良いでしょう。

金利が低いのに、多くの人がゆうちょ銀行にお金を預けるのはなぜ?

過去、地方、それも過疎地において郵便局の集金能力はとてつもなく高いものがありました。配達員が個人宅に伺って、通帳を預かったり、預入や振込代行するなど、一般の金融機関ができないサービスを実施していましたので、その強さが今でもあるということです。

民営化後は、このような取り組みは廃止されましたが、クレーム殺到したようで2012年に通帳預かりサービスを制度化しました。

金融機関へ行きたくても行けないというニーズは、過疎地など交通の不便なところに居住する高齢者中心に高いものがありますので、まだゆうちょ銀行へお金を預ける方は極端に減ることは無いでしょう。

高利の定期預金キャンペーンをお探しの方へ

最新の定期預金キャンペーンは以下のページをご覧ください。

【追記】ゆうちょ銀行の定額貯金・定期貯金の金利が引き下げとなりました

日本銀行が、政策金利残高にマイナス金利を適用したことの影響により、平成28年2月9日にゆうちょ銀行は、定額貯金・定期貯金などの金利を引き下げました。詳細は以下のページをご覧ください。

ゆうちょ銀行(郵便局)の定期貯金・定額貯金などの金利の引き下げ【2月9日より】

ゆうちょ銀行 通常貯金・通常貯蓄預金の金利の引き下げ【2月23日より】

ゆうちょ銀行(郵便局)の定期貯金・定額貯金・財産形成貯金などの金利が引き下げに【3月14日より】

【追記】ゆうちょ銀行の預入限度額が平成28年4月1日から1,300万円になります

ゆうちょ銀行の預け入れ限度額が2016年4月1日から1,300万円となります。詳細は以下のページをご覧ください。

ゆうちょ銀行の貯金商品の預入限度額(4月1日から1,000万円から1,300万円に引き上げ)や預金保護制度(ペイオフ)を解説します

【参考】定期貯金と定額貯金の違いは?

定期貯金と定額貯金の違いは以下のページで解説しています。

 

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、以下のバナーによるRSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

1億円を貯めてみよう!フェイスブックページではブログに公開していないキャンペーン速報などもお伝えしています。

Subscribe with livedoor Readerfollow us in feedlyRSSRSSRSS

 

※さらに有益な情報をお探しの方は以下のバナーをクリックしてみてください

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

ブログランキングブログランキングならblogram


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

関連コンテンツ1


銀行の普通預金金利を120倍にするクレジットカード

イオンカードセレクト

イオンカード系の最強のクレジットカードです。

WAON利用で1%還元のほかイオングループでの買い物はいつでもときめきポイントが2倍になります。

さらにイオン銀行の普通預金金利がメガバンクの120倍の0.12%になるなどイオン銀行との連携優遇サービスが豊富です。

もちろん年会費は不要ですし、イオン系クレジットカードは1枚だけじゃなく2枚~3枚と複数所有可能ですので、シーンや特典に応じて使い分けることをおすすめします。

こちらの記事もオススメです

スポンサーリンク

銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめ

現金やポイントなどがもらえるお得なネットバンクや証券会社などの口座開設キャンペーンまとめ

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(夏から冬のボーナス時期の比較)【2016年7月・8月・9月・10月・11月・12月】

超短期の定期預金の金利ランキング

1週間定期預金と2週間定期預金の金利ランキング【円貨版】

普通預金の金利ランキング

ネットバンクや地方銀行や信用金庫のインターネット支店の普通預金の金利ランキング【随時更新版】
スポンサーリンク

高還元率のクレジットカードまとめ

おすすめの原則年会費無料で高還元率のクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

2,000円分のポイントが貰えます

Uポイントが2,000点もらえるUCSカードインターネットでの入会限定キャンペーン実施中です

資金移動の禁断の裏ワザ

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

adsense(レスポンシブ)

スポンサーリンク

-定期預金
-,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2016 AllRights Reserved.