銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

みずほ銀行みずほ信託銀行みずほ証券

スポンサーリンク

定期預金

みずほ信託銀行の定期預金も0.01%に引き下げ【3月7日から】

投稿日:2016年3月7日 更新日:

系列のみずほ銀行が定期預金の金利を下げれば、当然みずほ信託銀行の定期預金も引き下げとなります。

詳細を確認してみましょう。

スポンサーリンク

みずほ信託銀行の定期預金の金利の引き下げについて

  • 金利変更日(引き下げ日):2016年3月7日

スーパー定期預金(300万円未満)の金利の引き下げ(年利)

預入金額1円以上300万円未満の定期預金の金利です。(作成は1円単位で可能です。)

預入期間 変更前金利 変更後金利
1ヶ月 0.025% 0.010% ▲0.015%
3ヶ月 0.025% 0.010% ▲0.015%
6ヶ月 0.025% 0.010% ▲0.015%
1年 0.025% 0.010% ▲0.015%
2年 0.025% 0.010% ▲0.015%
3年 0.025% 0.010% ▲0.015%
4年 0.025% 0.010% ▲0.015%
5年 0.025% 0.010% ▲0.015%

スーパー定期預金(300万円以上)の金利引き下げ(年利)

預入金額300万円以上1,000万円未満の定期預金の金利です。(作成は1円単位で可能です。)

預入期間 変更前金利 変更後金利
1ヶ月 0.025% 0.010% ▲0.015%
3ヶ月 0.025% 0.010% ▲0.015%
6ヶ月 0.025% 0.010% ▲0.015%
1年 0.025% 0.010% ▲0.015%
2年 0.025% 0.010% ▲0.015%
3年 0.025% 0.010% ▲0.015%
4年 0.025% 0.010% ▲0.015%
5年 0.025% 0.010% ▲0.015%

大口定期預金(1,000万円以上)の金利引き下げ(年利)

預入金額1,000万円以上の定期預金の金利です。(作成は1円単位で可能です。)

預入期間 変更前金利 変更後金利
1ヶ月 0.025% 0.010% ▲0.015%
3ヶ月 0.025% 0.010% ▲0.015%
6ヶ月 0.025% 0.010% ▲0.015%
1年 0.025% 0.010% ▲0.015%
2年 0.025% 0.010% ▲0.015%
3年 0.025% 0.010% ▲0.015%
4年 0.025% 0.010% ▲0.015%
5年 0.025% 0.010% ▲0.015%

みずほ信託銀行の普通預金等は変更なし(2月29日に引き下げ済み)

みずほ信託銀行の普通預金の金利は、変更なしです。

ちなみに現時点の普通預金金利は以下のとおりです。(年利)

種類 金利
普通預金金利 0.001%

みずほ信託銀行 普通預金の金利の引き下げにより大手のメガバンク・信託銀行の普通預金金利がすべて0.001%に【2月29日より】 

スポンサーリンク

みずほ信託銀行の公式の預金金利情報はこちら

みずほ信託銀行:銀行預金金利情報

みずほ信託銀行:信託商品配当率情報

みずほ信託銀行もみずほ銀行に右にならえで、全ての預入期間の金利を0.010%にしました

みずほ信託銀行もみずほ銀行の定期預金金利と同一水準に変更しました。

まあ、元々、みずほ信託銀行の定期預金の金利が低いので、情報価値はめちゃくちゃ低いですが速報ということでお伝えしました。

何度もいいますが、マイナス金利導入の影響で各金融機関の定期預金の金利が下がったからといって、慌てて資産の大半を投資にまわすために、銀行窓口に相談しにいくというのはあまりにも無謀ですし、無知です。銀行の窓口の方は、残念ながら、知識は乏しい方が多いのが現状です。購入手数料が高く、ボラティリティが高い商品を、その知識の無さから、良かれと思って顧客に売ろうとしますので、そういう方がもしお近くにいたら即座に止めてください。

高利の定期預金キャンペーンは沢山ありますよ!

あきらめないでください。高金利の定期預金キャンペーンは現時点もたくさんあります。お探しの方は、以下のエントリーをご覧ください。

うれしい
定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(冬から夏のボーナス時期の比較)【10月・11月・12月・2018年1月・2月・3月・4月・5月・6月】

現在実施している当ブログで公開した高金利の定期預金ネタをまとめたページです。(随時更新版) 最低でもメガバンクの定期預金の金利の20倍以上の金利を出す高金利の定期預金を取り扱う金融機関は、まだまだたく ...

続きを見る

【参考】他の金融機関から定期預金の資金を振り込む時の手数料を無料にできる銀行はこちら

定期預金の資金を他の金融機関から移動させるときに、振込手数料を支払っていませんか?

他行宛振込手数料が無料になる金融機関は、たくさんありますので、利用しないともったいないですよ。

詳細は以下のページをご覧ください。

資産形成や貯金
5分で分かる他行宛振込手数料が無料になる銀行や信託銀行などの全26サービスまとめ

他行宛振込手数料が無料となる銀行や信託銀行、さらに労働金庫などのサービスをまとめました。全部で26サービスです。 一般的に他行宛振込手数料は、インターネットバンキングでも1件あたり216円から540円 ...

続きを見る

【参考】マイナス金利導入で定期預金などの金利を下げた金融機関はこちらです

マイナス金利の導入により定期預金や普通預金の金利の引き下げを断行した金融機関は以下のページでまとめましたのでご覧ください。

マイナス金利導入による定期預金や普通預金の金利引き下げや募集中止、キャンペーン期間変更など金融機関の対応のまとめ

マイナス金利による定期預金の引き下げネタが多くて霹靂されている方も多いと思いますが、アップしている管理人もぶっちゃけ大変です。(じゃあ紹介しなきゃ良いのではないかという声は、キャンペーン屋のプライドを ...

続きを見る

 

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大13,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう(最新記事をお届けします)

Twitterで管理人アカウントを

X-lift(クロスリフト)


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


  • この記事を書いた人

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

http://ichiokuen-wo.jp/

-定期預金
-,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 All Rights Reserved.