銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

定期預金

1週間定期預金と2週間定期預金の金利ランキング【円貨版】

投稿日:2016年5月4日 更新日:

日本国内の金融機関が取り扱う超短期の定期預金を金利をランキング形式で紹介します。取り扱い数が少ないので、1週間と2週間の定期預金をまとめて紹介します。金利が変更になった場合は随時更新します。

預入期間1週間の定期預金の金利ランキング

第4位 楽天銀行 1週間円定期預金(金利 年0.02%)

楽天銀行の1週間円定期預金は10万円から預けられるお手軽定期預金です。2016年7月1日から2016年7月7日までの間2016年夏のボーナス 円定期預金特別金利として大幅に金利アップ(年0.40%)しましたが、今は0.02%です。

楽天銀行
楽天銀行 1週間の円定期預金と2週間の円定期預金のメリットやデメリット、過去の金利改定の推移など徹底解説

楽天銀行の短期の定期預金である1週間の円定期預金と2週間の円定期預金の商品内容やメリット・デメリット、さらに金利推移を解説します。 (2016年4月27日に更新) このエントリーの目次楽天銀行 1週間 ...

続きを見る

第3位 東京スター銀行スターワン1週間円預金(金利 年0.05%)

東京スター銀行の人気商品であるスターワン1週間円預金は、現時点では金利0.05%です。預入金額が10万円以上とお手軽定期預金です。

東京スター銀行スターワン1週間円預金の金利引き上げ【2016年7月1日より】

東京スター銀行の有名商品であるのスターワン1週間円預金の金利が5ヶ月ぶりに金利改定となります。今回は引き上げです。詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目次東京スター銀行スターワン1週間円預金の ...

続きを見る

第2位 SBJ銀行 1週間定期預金<なのかちゃん>(金利 年0.100%)

金利が下がりましたが、依然として他の金融機関に大差をつけています。

SBJ銀行1週間定期預金<なのかちゃん>金利変更となるので最適預入金額を計算した【2016年4月25日より】

SBJ銀行の人気商品である1週間定期預金<なのかちゃん>1週間円預金の金利引き下げとなります。 詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目次SBJ銀行1週間定期預金<なのかちゃん>の金利変更につい ...

続きを見る

第1位 SBJ銀行 1週間定期預金<なのかちゃん>SBJプレミアムクラブサービスブロンズ以上の場合(金利 年0.125%)

SBJ銀行の優待プログラムであるSBJプレミアムクラブサービスでブロンズ以上のランクになるとなのかちゃんに0.025%上乗せとなります。

SBJ銀行
SBJ銀行のSBJプレミアムクラブサービスは、他行宛振込手数料が無制限で無料&金利上乗せなど魅力的なサービスがあるので徹底解説しました

SBJ銀行のSBJプレミアムクラブサービスという優良顧客向けの優遇サービスがあります。これはSBJ銀行との取引に応じて、他行宛振込手数料が無料となるなどの魅力的なサービスを提供するもので、他の金融機関 ...

続きを見る

預入期間2週間の定期預金の金利ランキング

第3位 楽天銀行 1週間円定期預金(金利 年0.02%)

楽天銀行の2週間円定期預金も10万円から預けられます。他の2週間定期預金は50万円以上とハードルが高いので使い勝手は良いと思いますが、金利が低くて利用価値は低いでしょう。

楽天銀行
楽天銀行 1週間の円定期預金と2週間の円定期預金のメリットやデメリット、過去の金利改定の推移など徹底解説

楽天銀行の短期の定期預金である1週間の円定期預金と2週間の円定期預金の商品内容やメリット・デメリット、さらに金利推移を解説します。 (2016年4月27日に更新) このエントリーの目次楽天銀行 1週間 ...

続きを見る

第1位 新生銀行 2週間満期預金(金利 年0.05%)

新生銀行 2週間満期預金は平成28年2月19日にマイナス金利政策導入の影響により従来の半分となりました。

新生銀行
新生銀行の2週間満期預金の金利が年0.10%から年0.05%へダウン【2月19日より】

新生銀行のわずか2週間という短期の定期預金である2週間満期預金の金利が、日本銀行が政策金利残高にマイナス金利を適用の影響により見直しとなりました。 詳細を確認しましょう。 このエントリーの目次新生銀行 ...

続きを見る

この2週間満期預金に100万円以上預けると新生銀行の優遇プログラムである新生ステップアッププログラムの新生ゴールド権利をゲットできます。新生ゴールドになれば、他行宛振込手数料が5回無料となるというメリットは大変大きいです。

新生銀行
新生銀行の新生ステップアッププログラムの新生ゴールド(他行宛振込手数料月5回無料などの特典)へのランクアップ対策を解説するよ【大同のMMFの繰り上げ償還後】

マイナス金利政策導入の影響により、MMFなどの日々決算型公社債投資信託の繰り上げ償還が相次いでいますが、マイナス金利政策導入を公表する前に大同のMMFが繰り上げ償還が2月16日に正式決定しました。相互 ...

続きを見る

新生銀行の新規口座開設で金利0.5%の3ヶ月もの定期預金も作成できますので、おすすめの銀行です。

新生銀行

ATM手数料無料・他行宛振込手数料無料取引でTポイントが貯まるなどのメリットが大変多いうえに、独自の商品(ハッピーバースデー円定期2週間満期預金)豊富な銀行です。

今なら口座開設するとTポイントが貰えるうえに金利 年0.5%と大変高利な定期預金も作成できますが、この金利は12月14日までで、それ以降のスタートアップ円定期預金の金利は0.3%に下がってしまいますので、利用するなら今がチャンスです。

第1位 オリックス銀行 eダイレクト2週間定期預金(金利 年0.05%)

オリックス銀行のeダイレクト2週間定期預金は0.10%だったのですが2017年9月から金利引き下げとなってしまいました。。最低預入金額は50万円と若干ハードルは高いですが、オリックス銀行自体、使い勝手のネットバンクです。

オリックス銀行 eダイレクト2週間定期預金の金利ダウンし以前の半分に【9月1日から】

オリックス銀行のeダイレクト2週間定期預金の金利が9月1日から変更になります。大幅ダウンです。 詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目次オリックス銀行 eダイレクト2週間定期預金の金利変更につ ...

続きを見る

オリックス銀行ユーザーなら使い倒していただきたいですが、ネットバンクなどはこのeダイレクト2週間預金と同率以上の普通預金を提供していますので、利便性などを考えて使い分けましょう。

このほかのネットバンクやインターネット支店の金利は以下のページでチェック

大手ネットバンクやインターネット支店の定期預金の金利は以下のページでチェックできます。比較検討する際にご利用くださいませ。

定期預金の金利比較(ネットバンク&メガバンク・銀行・信用金庫などのインターネット支店)【2017年最新版】

全国どこにすんでいても口座開設可能かつ取引可能なネットバンクやメガバンク、銀行、信用金庫などのインターネット支店の定期預金金利の比較表です。 これから新たに口座を開設する場合や、定期預金作成の時の参考 ...

続きを見る

高利の定期預金キャンペーンはまだまだ沢山ありますよ!

高利の定期預金キャンペーンはまだまだたくさんあります。お探しの方は、以下の当ブログで高金利の定期預金ネタを総まとめにしたエントリーをご覧ください。

うれしい
定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(冬から夏のボーナス時期の比較)【10月・11月・12月・2018年1月・2月・3月・4月・5月・6月】

現在実施している当ブログで公開した高金利の定期預金ネタをまとめたページです。(随時更新版) 最低でもメガバンクの定期預金の金利の20倍以上の金利を出す高金利の定期預金を取り扱う金融機関は、まだまだたく ...

続きを見る

【参考】他の金融機関から定期預金の資金を振り込む時の手数料を無料にできる銀行はこちら

定期預金の資金を他の金融機関から移動させるときに、振込手数料を支払っていませんか?

他行宛振込手数料が無料になる金融機関は、たくさんありますので、利用しないともったいないですよ。

詳細は以下のページをご覧ください。

資産形成や貯金
5分で分かる他行宛振込手数料が無料になる銀行や信託銀行などの全25サービスまとめ

他行宛振込手数料が無料となる銀行や信託銀行、さらに労働金庫などのサービスをまとめました。全部で25サービスです。 一般的に他行宛振込手数料は、インターネットバンキングでも1件あたり216円から540円 ...

続きを見る

【参考】預けた定期預金の満期資金を無料で他の金融機関に移動させる方法

預けた定期預金満期金を無料で他の金融機関に振り込む方法は以下のページで解説しましたのでぜひご覧ください。

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

ネットバンク、地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合などは高利の定期預金を募集していますが、ネックが満期資金を移動させるときに、振込み手数料が発生することです。 そこで、無料で資金移動させる ...

続きを見る

証券会社ごとの対応金融機関については、以下のページでまとめました。

ネット証券会社の即時入金サービスに対応しているメガバンク・ネットバンク・地方銀行・ゆうちょ銀行などのまとめ

主要ネット証券会社であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券、松井証券、GMOクリック証券、ライブスター証券、岡三オンライン証券、フィデリティ証券の即時入金サービスに対応しているメ ...

続きを見る

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大15,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう(最新記事をお届けします)

Twitterで管理人アカウントを

X-lift(クロスリフト)


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


  • この記事を書いた人

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

http://ichiokuen-wo.jp/

-定期預金
-, , , , , , , ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 All Rights Reserved.