銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

閑話休題

ブログを毎日更新するために「毎日やること」と「毎日やらないこと」

更新日:

ブロガーは誰でも簡単になることができます。livedoorやFC2などの無料ブログを登録して、ブログを開設すればだれでもブロガーです。

ただし継続的に記事をエントリーし続けるには並大抵の努力が必要・・・・

って、やっている本人はそんなに努力はしていません。

このブログを続けて3年近くになりますが、毎日ブログを更新するために私が「毎日やること」と「毎日やらないこと」をご紹介します。

毎日ブログを更新する私が「毎日やること」 その1 ネタストック

ブログを書きづつけるにはネタが無いとだめです。

私は、金融機関のキャンペーン中心にブログを運営していますので、その記事ネタを集めることには大変熱心です。

といっても毎日各金融機関のホームページ等を確認するのは面倒なので、RSSリーダーなどを利用しています。

Googleリーダーがサービス停止となった今は、feedlyを愛用しています。

スマホとの相性が良く、PocketやEvernoteとの連携もスムーズなので重宝しております。

follow us in feedly

ネタを見つけたら、feedlyからPocketへ、さらにEvernoteに送り記事ネタストックを貯めています。

もちろん、有益な情報を発信する方をtwitterでフォローしてネタをストックするのも重要です。

RSS

いずれもネタ集めは、日常生活のスキマ時間を利用しています。

毎日ブログを更新する私が「毎日やること」 その2 ネタアイデアのメモ

キャンペーンネタ以外にもネタを思いつくことがあります。寝る前、通勤時間、仕事の合間などなど様々な場面でネタが思いつきます。

しかし、メモしないと忘れてしまうんですよね。

それを防ぐために、Google Keepを利用しています。

これはクラウド上にメモをとることができるアプリで、スマートフォンやPCなどの環境から書き込み、閲覧が可能です。

これでネタを失念するのを防げます。

Google Keep - Google Play の Android アプリ

新登場の『Google Keep』が優秀な同期型メモアプリである理由

毎日ブログを更新する私が「毎日やらないこと」→毎日記事を書かない

私は毎日ブログを更新していますが、毎日記事は書いていません。

記事は空いた時間にまとめて書き上げて、常に記事ストックを4日から7日程度貯めておいています。

これには理由があり、忙しくてブログを書く暇が無い日もありますし、気分的にどうしても記事を書くことができない日もあります。

しかし、毎日定時に記事を公開することは自分自身のブログ運営のモチベーション維持のために重要と考えています。

よって、まとめて公開するというスタイルにはせずに、ストックを毎日1つづつ公開するという手法により毎日ブログを更新しています。

ちなみに、私のブログのエントリーは他の投資家ブロガーに比べて内容がチープなので、1つのエントリーを10分から20分で書き上げることができます。

無論、これは現在だから言えることで、ブログを始めた当初は30分から1時間程度かかっていました。

こればかりは鍛錬というか慣れでしかありませんね。

ブロガーは更新し続けないと元ブロガーになっていまう。

「ブロガー」は更新し続けないと、簡単に「元ブロガー」になれます。

「元ブロガー」から「ブロガー」に戻るのには、自分自身のブログに対するモチベーションの向上させるなど、それなりの手順を踏まないとダメです。

元ブロガーからブロガーの間にはそれなりのハードルがあると言えます。

毎日更新するために一番重要なことは、書いている本人が楽しく更新できているかどうか

私は、「ブロガー」という身分を楽しんで、こうして毎日更新するブログを運営しています。

毎日(もしくは定期的に)ブログ更新するのは義務だと思っているとモチベーションの維持は難しいし、読者の方にも面白く役立つ記事を配信できないと思います。

つまり、書いている本人であるブロガーが楽しんでやるということが一番重要です。

 

 

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関キャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、以下のバナーによるRSS登録やのtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

フェイスブックページもやっていますよ。

Subscribe with livedoor Readerfollow us in feedlyRSSRSSRSS


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

関連コンテンツ1


銀行の普通預金金利を120倍にするクレジットカード

イオンカードセレクト

イオンカード系の最強のクレジットカードです。

WAON利用で1%還元のほかイオングループでの買い物はいつでもときめきポイントが2倍になります。

さらにイオン銀行の普通預金金利がメガバンクの120倍の0.12%になるなどイオン銀行との連携優遇サービスが豊富です。

もちろん年会費は不要ですし、イオン系クレジットカードは1枚だけじゃなく2枚~3枚と複数所有可能ですので、シーンや特典に応じて使い分けることをおすすめします。

こちらの記事もオススメです

スポンサーリンク

銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめ

現金やポイントなどがもらえるお得なネットバンクや証券会社などの口座開設キャンペーンまとめ

過去に紹介した銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめました。このページは随時更新していきます。 このエントリーの目次ネットバンクの口座開設キャンペーン新生銀行Tポイントプログラム2016静岡 ...

続きを見る

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(冬ボーナス時期の比較)【2016年10月・11月・12月&2017年1月・2月・3月・4月】

現在実施している当ブログで公開した高金利の定期預金ネタをまとめたページです。(随時更新版) 最低でもメガバンクの定期預金の金利の10倍以上の金利を出す高金利の定期預金を取り扱う金融機関は、まだまだたく ...

続きを見る

超短期の定期預金の金利ランキング

1週間定期預金と2週間定期預金の金利ランキング【円貨版】

日本国内の金融機関が取り扱う超短期の定期預金を金利をランキング形式で紹介します。取り扱い数が少ないので、1週間と2週間の定期預金をまとめて紹介します。金利が変更になった場合は随時更新します。 このエン ...

続きを見る

普通預金の金利ランキング

ネットバンクや地方銀行や信用金庫のインターネット支店の普通預金の金利ランキング【随時更新版】

全国どこに住んでいても口座開設可能かつインターネットを利用して取引可能なネットバンクや地方銀行や信用金庫などのインターネット支店の普通預金の金利ランキングを公表します。 メガバンクや地方銀行などの金融 ...

続きを見る

スポンサーリンク

高還元率のクレジットカードまとめ

おすすめの原則年会費無料で高還元率のクレジットカードまとめ

原則として、年会費無料で高還元率を誇るクレジットカードの紹介したページをまとめました。 どのカードも良い点もあれば悪い点もありますので、買い物する場所や電子マネーの利用するか、さらにもらえるポイントが ...

続きを見る

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

当ブログでカーライフに最適なクレジットカードを紹介した記事をまとめました。 自動車を乗るならば高速道路のETC割引やガソリンスタンドの割引を考えるとクレジットカードが持っていないと正直言って話しになり ...

続きを見る

2,000円分のポイントが貰えます

Uポイントが2,000点もらえるUCSカードインターネットでの入会限定キャンペーン実施中です

UCSカードの新規入会キャンペーンをピックアップします。 このキャンペーンは、Uポイントが最大2,000点もらえるインターネットでの限定キャンペーンです。詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目 ...

続きを見る

資金移動の禁断の裏ワザ

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

ネットバンク、地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合などは高利の定期預金を募集していますが、ネックが満期資金を移動させるときに、振込み手数料が発生することです。そこで、無料で資金移動させる裏 ...

続きを見る

adsense(レスポンシブ)

スポンサーリンク

-閑話休題
-

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 AllRights Reserved.