銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

閑話休題

feedlyに登録されている購読者数を調べる方法はまだあります。一度URLを入力すれば次回以降はサイトみるだけでOK

投稿日:2014年8月27日 更新日:

情報収集にRSSリーダーは必須アイテムです。

一時期は、SNS全盛期にGoogle Readerがサービス終了し、RSSでの情報収集は終わったと叫ばれ、現在はキュレーションサービスが全盛期となっています。

しかし、SNSやキュレーションサービスだけでは情報収集が偏りがちになるため、私はRSSリーダーを引き続き利用しています。

(もちろん、キャンペーン屋の私は、ブログを書くためにSNSやキュレーションサービスでに情報収集も併用しています。)

先ほど話しに出たGoogle ReaderはRSSリーダーとしては大変使い勝手が良く重宝していましたが、残念ながらサービス終了してしまったため、私は今feedlyを利用しています。

feedlyはスマホとの相性が良いので、待ち時間やちょっと空いた時間などを利用してみています。

ちなみに、私がrssリーダーに登録数しているサイトの数は500超えています。

ちょっと見ないと未読が貯まりまくって大変なことになってしまいます。

feedlyに登録されている購読者数を調べる方法

 

feedlyに登録されている購読者数を調べる方法で代表的な[K]Feedly Subscribers Checker 2 | Knowledge Colorsインデックス投資日記@川崎のkenzさんが以前に紹介していました。

feedlyに登録されている購読者数をURL入力のみで確認する方法 - インデックス投資日記@川崎
もちろん、feedlyのサイトからも自分サイトのRSSを登録すれば、確認することができます。

それ以外にも、実はあります。

feedlyに登録されている購読者数を調べるのはまだあります

FeedlyGraphというサイトを利用する方法です。

FeedlyGraph

feedlygraph

このFeedlyGraphの優れた点は一旦メイン画面から購読者数を調べたいサイトのURLを登録したあとに現れる画面をブックマークしておけば、次回からそのブックマークを見ればOKというところです。

つまり、[K]Feedly Subscribers Checker 2 | Knowledge Colorsでは、毎回サイトのURLを打たないといけないのが、短縮されます。

さらに、1ヶ月、四半期、年間の購読者数の推移もグラフで見ることができます。

(登録する前の推移は、DATA化されていないためみれません)

1億円を貯めてみよう!chapter2feedly購読者数推移(過去1ヶ月間)

feedlygraph1

1億円を貯めてみよう!chapter2feedly購読者数推移(過去四半期)

feedlygraph2

1億円を貯めてみよう!chapter2feedly購読者数推移(過去1年)

feedlygraph3

FeedlyGraphの注意点

すばらしいサイトですが、たまに落ちます。私のサイトでも0になっている期間がそれなりにありますが、この期間は落ちてしまったためDATAが取れていないようです。

このように欠点はありますが、購読者数の推移を視覚化できることのメリットは多いので、ご存じでなければ、利用してみてはいかがでしょうか?

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大15,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう(最新記事をお届けします)

Twitterで管理人アカウントを

X-lift(クロスリフト)


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


  • この記事を書いた人

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

http://ichiokuen-wo.jp/

-閑話休題
-

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 All Rights Reserved.