銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

投資

SMBC日興証券とSMBCフレンド証券が2018年1月の合併を基本合意

更新日:

SMBC日興証券とSMBCフレンド証券が合併に関する基本合意しました。今後のスケジュールなどを確認してみましょう。

【追記】平成28年9月30日に合併契約を締結しましたので、その内容を追記しました。

スポンサーリンク

SMBC日興証券とSMBCフレンド証券合併のスケジュール

  • 基本合意書の承認取締役会:平成28年5月12日
  • 基本合意書の締結:平成28年5月12日
  • 合併契約の締結:平成28年9月30日
  • 合併の効力発生日(合併日):平成30年1月1日

SMBC日興証券が存続会社となりSMBCフレンド証券が消滅

今回の両社の合併は、SMBC日興証券が存続会社となり、SMBCフレンド証券が消滅会社となる合併です。

合併後の商号は、「SMBC日興証券株式会社」ですので、SMBCフレンド証券という名前はなくなります。

SMBCフレンド証券よりもSMBC日興証券の方がネームバリューもありますので、致し方ないかなと思います。

スポンサーリンク

合併にあたりSMBC日興証券はSMFGの100%子会社に

現在は、SMBC日興証券は三井住友銀行の100%子会社ですが、合併スキームを単純化するために、SMBCフレンド証券や三井住友銀行の親会社である三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の100%子会社化となる予定です。

何で合併するの?

プレスリリースではいろいろ書いていますが、三井住友フィナンシャルグループ傘下であるSMBC日興証券とSMBCフレンド証券を合併させることにより、共通部門の統合や店舗配置の効率化を図ることが主目的でしょう。

合併が破談することはありえるの?

断言はできませんが、三井住友フィナンシャルグループ内同士の合併であり、独占禁止法にも引っかかりませんので、破談することは九分九厘無いでしょう。

重複店舗はどうなるの?

まだ詳細はわかりませんが、報道をみると両社の支店網は当面維持する模様です。なお、重複店舗を整理した場合は証券口座は統合先の店舗に移管されます。

SMBCフレンド証券の証券総合口座はどうなるの?

SMBCフレンド証券の証券総合口座を持っている方は、SMBC日興証券の証券総合口座に自動的に移管されます。

私は、SMBC日興証券とSMBCフレンド証券の口座を持っていますが、何にも連絡がありません。たぶん合併契約の締結したあとに何かしらのアプローチがあるかもしれません。

システム的にどうなるのかが興味がありますが、詳細が分かり次第追記するか続報をお伝えします。

SMBC日興証券

三井住友フィナンシャルグループ傘下で大手証券会社の1社で、総合力が高い証券会社です。

名門の証券会社でありながら、ダイレクトコースならば手数料も大手ネット証券会社と遜色無いうえに、IPO(新規公開株式)もめっぽう強いのが特徴。

国債キャッシュバックキャンペーンも率が高くオススメの証券会社です。

三井住友フィナンシャルグループなどのプレスリリースはこちらです

SMBC日興証券・SMBCフレンド証券の合併に関する基本合意について|三井住友フィナンシャルグループ

SMBC日興証券・SMBCフレンド証券の合併契約の締結について|三井住友フィナンシャルグループ

現在実施中のSMBC日興証券のキャンペーンはこちら

SMBC日興証券が現在実施しているキャンペーンは以下のページでまとめています。ぜひチェックしてみてください。

うれしい
SMBC日興証券キャンペーンまとめ

現在実施しているSMBC日興証券のキャンペーンのまとめページです このエントリーの目次SMBC日興証券とは?SMBC日興証券 冬の個人向け国債キャンペーンSMBC日興証券 ドコモdポイントがもらえる3 ...

続きを見る

 

当ブログキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。
いち早く情報を手に入れたい方は、以下のバナーによるRSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。
1億円を貯めてみよう!フェイスブックページもやっていますよ

Subscribe with livedoor Readerfollow us in feedlyRSSRSSRSS

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

関連コンテンツ1

こちらの記事もオススメです

銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめ

現金やポイントなどがもらえるお得なネットバンクや証券会社などの口座開設キャンペーンまとめ

過去に紹介した銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめました。このページは随時更新していきます。 このエントリーの目次ネットバンクの口座開設キャンペーン新生銀行Tポイントプログラムジャパンネッ ...

続きを見る

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ

うれしい
定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(冬から夏のボーナス時期の比較)【2017年1月・2月・3月・4月・5月・6月・7月】

現在実施している当ブログで公開した高金利の定期預金ネタをまとめたページです。(随時更新版) 最低でもメガバンクの定期預金の金利の20倍以上の金利を出す高金利の定期預金を取り扱う金融機関は、まだまだたく ...

続きを見る

超短期の定期預金の金利ランキング

1週間定期預金と2週間定期預金の金利ランキング【円貨版】

日本国内の金融機関が取り扱う超短期の定期預金を金利をランキング形式で紹介します。取り扱い数が少ないので、1週間と2週間の定期預金をまとめて紹介します。金利が変更になった場合は随時更新します。 このエン ...

続きを見る

普通預金の金利ランキング

ネットバンクや地方銀行や信用金庫のインターネット支店の普通預金の金利ランキング【随時更新版】

全国どこに住んでいても口座開設可能かつインターネットを利用して取引可能なネットバンクや地方銀行や信用金庫などのインターネット支店の普通預金の金利ランキングを公表します。 メガバンクや地方銀行などの金融 ...

続きを見る

高還元率のクレジットカードまとめ

おすすめの原則年会費無料で高還元率のクレジットカードまとめ

普段皆さんどんなクレジットカード使っていますか? 普通のクレジットカードの還元率は0.5%で、10,000円買い物したら、50円分程度のポイントしかつきません。 ここで紹介するクレジットカードは、どれ ...

続きを見る

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

当ブログでカーライフに最適なクレジットカードを紹介した記事をまとめました。 自動車を乗るならば高速道路のETC割引やガソリンスタンドの割引を考えるとクレジットカードが持っていないと正直言って話しになり ...

続きを見る

2,000円分のポイントが貰えます

Uポイントが2,000点もらえるUCSカードインターネットでの入会限定キャンペーン実施中です

UCSカードの新規入会キャンペーンをピックアップします。 このキャンペーンは、Uポイントが最大2,000点もらえるインターネットでの限定キャンペーンです。詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目 ...

続きを見る

資金移動の禁断の裏ワザ

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

ネットバンク、地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合などは高利の定期預金を募集していますが、ネックが満期資金を移動させるときに、振込み手数料が発生することです。 そこで、無料で資金移動させる ...

続きを見る

-投資
-,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 AllRights Reserved.