銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

投資

楽天証券に取材しました(その2:楽天スマートコストについて)

更新日:

楽天証券本社取材敢行第2弾をお届けします。

前回は個人型確定拠出年金(個人型DC)のサービス内容を詳しく伺いましたが、今回は低コストのインデックス&アクティブファンドのラインナップが充実している楽天スマートコストシリーズについて伺いました。

取材1回目楽天証券に取材しました(その1:個人型確定拠出年金について) 

取材のご対応していただいたのは、前回と同様に楽天証券マーケティング本部マーケティング推進部小林マネージャーです。

楽天証券が目指すべき真のアセットビジネスとは?

(すぱいく)

低コストのインデックスファンドやアクティブファンドを楽天スマートコストシリーズとしてカテゴリー化されていますね

(小林マネージャー)

楽天証券の取扱っているファンドの本数だけでも2,200本以上あります。ここまでファンドの本数を増えると投資家が迷ってしまいます。

fund

長期的に資産形成をお考えのお客様や今まで貯蓄のみ利用していたお客様が選びやすいように、セレクトしたファンドをカテゴリー化したうえで分かりやすい名前をつけてご提供したものが、楽天スマートコストです。

まずは、基本的なことをお話すると、投資にかかるコストを減らした方が運用成績は確実に向上します。

長期保有する場合において、株式投資ならば保有コストは発生しないため、問題は無いのですが、投資信託であれば、信託報酬が保有コストとして重くのしかかってきますので、できるだけ信託報酬が低廉なコストのファンドをお客様にご紹介できればと考えて提供しています。

(すぱいく)

イチ投資家してはそのお考えは素晴らしいと思いますが、投資家が支払うコストで事業を行っている証券会社の方がその発言をするのは大丈夫でしょうか?あとで責められたりしませんか?

(小林マネージャー)

この考えについては、昔から山崎元(楽天証券経済研究所客員研究員)が常に発信していますが、真のアセットビジネスとはどういうものなのかを楽天証券社内でも常に追求しております。

具体的には、長期での資産形成や資産運用をお考えのお客様にとっては、ベースとなるコストは痛手になりますので、楽天証券が身を削ってでもご満足いただける商品を提供すべきと考えています。

(すぱいく)

それを伺って安心しました。

楽天スマートコストシリーズについて

main

(小林マネージャー)

さて、おたずねの楽天スマートコストシリーズは2015年12月に楽天証券が選定した低コストの投資信託です。

いずれも、買付手数料は当然無料のいわゆるノーロードファンドで、かつ保有時のコストである信託報酬も業界最低水準のファンドばかりです。

当初はインデックスファンドを中心でしたが、楽天スマートコストプラスアルファとしてアクティブファンドやバランスファンドもラインナップに加えました。

現在の楽天スマートコストシリーズは、三井住友アセットマネジメント(SMAM)のDCファンド、アセットマネジメントOne(旧DIAMアセットマネジメント)のたわらノーロード、ニッセイアセットマネジメントの「購入・換金手数料なし」シリーズです。

楽天スマートコストシリーズ一覧

ファンド名 委託会社 信託報酬
(年率 税込)
信託財産留保額
たわらノーロード 日経225 AMOne 0.2106% 0.00%
DC全海外株式インデックスファンド SMAM 0.2700% 0.00%
たわらノーロード 先進国株式 AMOne 0.2400% 0.00%
ニッセイ外国株式インデックスファンド ニッセイアセット 0.2590% 0.00%
DC新興国株式インデックスファンド SMAM 0.6048% 0.00%
たわらノーロード 新興国株式 AMOne 0.5346% 0.30%
日本債券インデックスファンド SMAM 0.1728% 0.00%
たわらノーロード 国内債券 AMOne 0.1620% 0.00%
ニッセイ国内債券インデックスファンド ニッセイアセット 0.1620% 0.00%
DC外国債券インデックスファンド SMAM 0.2268% 0.00%
たわらノーロード 先進国債券 AMOne 0.2160% 0.00%
ニッセイ外国債券インデックスファンド ニッセイアセット 0.2160% 0.00%
たわらノーロード 国内リート AMOne 0.3240% 0.00%
たわらノーロード 先進国リート AMOne 0.3780% 0.00%

また、楽天プラスアルファは、ピクテ投信投資顧問のiTrust、大和住銀投信投資顧問のひとくふう、アセットマネジメントOne(旧DIAMアセットマネジメント)のたわらノーロードplusの他に、三井住友アセットマネジメント(SMAM)のDC年金バランス マイパッケージや楽天投信投資顧問の楽天みらいファンドもラインナップとして加えております。

楽天スマートコストプラスアルファシリーズ一覧

ファンド名 委託会社 信託報酬
(年率 税込)
信託財産留保額
たわらノーロードplus 国内株式高配当最小分散戦略 AMOne 0.756% 0.10%
たわらノーロードplus 先進国株式低ボラティリティ高配当戦略 AMOne 0.918% 0.10%
たわらノーロードplus 新興国株式低ボラティリティ高配当戦略 AMOne 0.972% 0.30%
iTrust世界株式 ピクテ投信 0.9612% 0.00%
iTrust日本株式 ピクテ投信 0.9612% 0.00%
iTrustバイオ ピクテ投信 1.4364% 0.00%
iTrustロボ ピクテ投信 1.4364% 0.00%
ひとくふう日本株式ファンド 大和住銀 0.27% 0.00%
ひとくふう世界国債ファンド(為替ヘッジあり) 大和住銀 0.27% 0.00%
ひと新興国株くふう式ファンド 大和住銀 0.324% 0.00%
ひとくふう先進国株式ファンド 大和住銀 0.32% 0.00%
DC年金バランスゼロ(債券型) SMAM 0.2376% 0.00%
DC年金バランス30(債券重視型) SMAM 0.2376% 0.00%
DC年金バランス50(標準型) SMAM 0.2484% 0.00%
DC年金バランス70(株式重点型) SMAM 0.2592% 0.00%
楽天みらいファンド 楽天投信 0.216% 0.15%

(すぱいく)

カテゴリーとしてまとめてみた効果はいかがでしょうか?

(小林マネージャー)

おかげさまで、お客様からご好評をいただいております。

購入をご検討の際は、投資信託の画面から「カテゴリーから探す」の中の「低保有コスト」を選んでいただければ、楽天スマートコストシリーズの全てのファンドが出ますので、お好みにあったファンドを確認していただければと思います。

rakutensmart

(楽天証券の投資信託ページからカテゴリから探すの中に低保有コストがあります)

楽天スマートコストシリーズのラインナップ拡充について

(すぱいく)

今後、楽天スマートコストシリーズの追加などご検討しているのでしょうか?

(小林マネージャー)

まだ公表することはできませんが、鋭意検討中ということだけお伝えします。

(すぱいく)

そのお言葉だけでわかりました。現状のラインナップは例えばインデックスファンドであれば、ニッセイやDIAM、三井住友などですが、それ以外の委託会社のファンドも追加する可能性もあるのですか?

(小林マネージャー)

そちらも現段階で公表することはできませんが、他の委託会社も含めて検討中でございます。

(すぱいく)

ありがとうございます。期待しております。

楽天スマートコストも含めて楽天証券の投資信託はすべて楽天ハッピープログラムの対象なので、保有しているだけでポイントが付くのがありがたいです。

img_20160927_170244

(取材に対応していただいた楽天証券マーケティング本部マーケティング推進部小林マネージャー)

(小林マネージャー)

楽天証券は、他社とは違って特定のファンドを投資信託の保有によるポイントサービスから外すということはしておりません。

参考楽天証券ポイントプログラムや投資信託資産形成ポイント還元サービスとハッピープログラムの違いなどを解説 

ただし、徹底的なコストダウンを図った個人型DCと楽ラップで購入したファンドは全て対象外となりますので、その点はご理解をいただけると幸いです。

またまた次回は続きます

2回目の楽天証券取材レポートは終了です。まだまだたくさん伺いましたので次回に続きます

3回目:楽天証券に取材しました(その3:楽ラップについて)

【参考】楽天証券の口座開設キャンペーンについて

楽天証券は口座開設キャンペーンを実施中です。期間限定で大変高額のポイントが貰えます。

さらに、リスクをできる限り低くしてポイントゲットする裏技なども解説しましたので、以下のリンク先をあわせてご覧下ください。

楽天証券の口座開設キャンペーンを徹底解説

楽天証券が新しく口座開設をした方向けのキャンペーンをまとめました。 全て利用すれば、株式取引手数料をキャッシュバック(現物のみ・3回まで)されるほか、MAX95,000ポイントがもらえます。 投資がは ...

続きを見る

 

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関キャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、以下のバナーによるRSS登録やのtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

フェイスブックページもやっていますよ。

Subscribe with livedoor Readerfollow us in feedlyRSSRSSRSS

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

関連コンテンツ1


こちらの記事もオススメです

銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめ

現金やポイントなどがもらえるお得なネットバンクや証券会社などの口座開設キャンペーンまとめ

過去に紹介した銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめました。このページは随時更新していきます。 このエントリーの目次ネットバンクの口座開設キャンペーン新生銀行Tポイントプログラム住信SBIネ ...

続きを見る

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(冬から夏のボーナス時期の比較)【2017年1月・2月・3月・4月・5月・6月・7月】

現在実施している当ブログで公開した高金利の定期預金ネタをまとめたページです。(随時更新版) 最低でもメガバンクの定期預金の金利の20倍以上の金利を出す高金利の定期預金を取り扱う金融機関は、まだまだたく ...

続きを見る

超短期の定期預金の金利ランキング

1週間定期預金と2週間定期預金の金利ランキング【円貨版】

日本国内の金融機関が取り扱う超短期の定期預金を金利をランキング形式で紹介します。取り扱い数が少ないので、1週間と2週間の定期預金をまとめて紹介します。金利が変更になった場合は随時更新します。 このエン ...

続きを見る

普通預金の金利ランキング

ネットバンクや地方銀行や信用金庫のインターネット支店の普通預金の金利ランキング【随時更新版】

全国どこに住んでいても口座開設可能かつインターネットを利用して取引可能なネットバンクや地方銀行や信用金庫などのインターネット支店の普通預金の金利ランキングを公表します。 メガバンクや地方銀行などの金融 ...

続きを見る

高還元率のクレジットカードまとめ

おすすめの原則年会費無料で高還元率のクレジットカードまとめ

原則として、年会費無料で高還元率を誇るクレジットカードの紹介したページをまとめました。 どのカードも良い点もあれば悪い点もありますので、買い物する場所や電子マネーの利用するか、さらにもらえるポイントが ...

続きを見る

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

当ブログでカーライフに最適なクレジットカードを紹介した記事をまとめました。 自動車を乗るならば高速道路のETC割引やガソリンスタンドの割引を考えるとクレジットカードが持っていないと正直言って話しになり ...

続きを見る

2,000円分のポイントが貰えます

Uポイントが2,000点もらえるUCSカードインターネットでの入会限定キャンペーン実施中です

UCSカードの新規入会キャンペーンをピックアップします。 このキャンペーンは、Uポイントが最大2,000点もらえるインターネットでの限定キャンペーンです。詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目 ...

続きを見る

資金移動の禁断の裏ワザ

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

ネットバンク、地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合などは高利の定期預金を募集していますが、ネックが満期資金を移動させるときに、振込み手数料が発生することです。 そこで、無料で資金移動させる ...

続きを見る

-投資
-, , , , ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 AllRights Reserved.