銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

12862931_m

スポンサーリンク

投資

岡三オンライン証券のIPOや手数料さらに取引ツールなどのメリットを解説

投稿日:2016年9月2日 更新日:

岡三オンライン証券のメリットを紹介します。

特にIPO狙いならばメリットが多いことから、抑えるべきネット証券会社です。

株式の現物取引はリーズナブルな手数料体系

株式の現物取引は、定額プランとワンショットの2つの手数料体系があり、いずれも業界最低水準です。

定額プラン(現物株式)

1日の約定代金の合計をもとに手数料が決まるプランです。

1日の約定代金合計額 税抜(税込)
~10万円 99円(106円)
~20万円 200円(216円)
~30万円 350円(378円)
~50万円 500円(540円)
~100万円 800円(864円)
100万円超 100万円増加ごとに500円(540円)ずつ増加

ワンショット(現物株式)

1注文の約定代金をもとに手数料が決まるプランです。

1注文の約定代金 税抜(税込)
~10万円 99円(106円)
~20万円 200円(216円)
~50万円 350円(378円)
~100万円 600円(648円)
~150万円 1,000円(1,080円)
~300万円 1,500円(1,620円)
300万円超 100万円増加ごとに300円(324円)ずつ増加※3,000円(3,240円)を上限

信用取引はコースによっては無料に

信用取引は、株式の現物取引と同様に、定額プランとワンショットプランがありますが、インターネットならば手数料コースが3つあり、条件によっては無料になります。

信用取引の手数料コースについて(インターネット)

コース 適用基準
プレミアゼロ 日本株累計売買金額が20億円以上または投資信託の平均残高が3,000万円以上
プラチナ 日本株累計売買金額が5億円以上または投資信託の平均残高が1,000万円以上
通常 日本株累計売買金額が5億円未満

定額プラン(信用取引)

1日の約定代金合計額 税抜(税込)
プレミアゼロ プラチナ 通常
10万円 無料 99円(106円) 99円(106円)
50万円 200円(216円) 500円(540円)
100万円 300円(324円) 700円(756円)
300万円 600円(648円) 1,300円(1,404円)

ワンショット手数料(信用取引)

1注文の約定代金 税抜(税込)
プレミアゼロ プラチナ 通常
~10万円 99円(106円)
~20万円 150円(162円)
~50万円 300円(324円)
~100万円 500円(540円)
~150万円 700円(756円)
~300万円 1,000円(1,080円)
300万円超 1,200円(1,296円)

情報の岡三が無料で閲覧可能

情報の岡三と評判の岡三証券の投資情報が無料で閲覧できます。

また、メールマガジンも営業日2回届きますが、どの回もおざなりな情報ではなく、経済動向なども的確に把握できる内容です。

多彩な取引ツール

ネット証券の中でも取引ツールは充実しています。

岡三ネットトレーダープレミアム

プロのディーラーの意見を参考に作られたトレードシステムで、有料(35日間で980円)ですがデイトレーダー向けのツールです

岡三ネットトレーダーWEB2

通所の株式取引はこのツールで全く問題ありません。「価格」・「乖離率」・「急騰急落」、「出来高急増」などの条件のスクリーニングの他にも、株主優待情報の検索機能も装備しています。

PC・スマートフォン・タブレットに対応し、使いやすさは抜群なうえに無料で利用できます。

岡三かんたん発注

こちらも無料の取引ツールです。PCやスマホ操作が苦手な方でも、かんたんに発注できるのが特徴で、文字も大きく見やすい画面、操作しやすい大きなボタン、必要最低限に絞った機能が個人的には素晴らしいと思います。

岡三オンライン証券の新規公開株式(IPO)は事前入金不用

岡三オンライン証券の新規公開株式(IPO)は事前入金不用です。多くのネット証券は、事前に必要金額を入金しないと申込できませんので、大きなメリットです。

岡三オンライン証券の口座開設数は少ないということはIPO参加者も少ない

ネット証券の中でも口座開設数は、格段に少ないのが岡三オンライン証券です。ということはIPO参加者も少ないということもいえます。

IPOの割り当て数は野村證券や大和証券などが優位ですが、参加者数も多いことから、ライバルが少ない証券会社から狙うという作戦が使えます。

証券会社 口座数(2016年3月末時点)
野村證券 538万口座
大和証券 382万口座
SBI証券 356万口座
SMBC日興証券 273万口座
楽天証券 203万口座
マネックス証券 163万口座
カブドットコム証券 100万口座
岡三オンライン証券 12万口座

IPO狙いの方や情報ツール利用だけでも口座を持っている価値がある証券会社です

岡三オンライン証券は、デイトレイダーには評判が高いネット証券会社ですが、IPO目的ならば抑えておくべき証券会社です。

また、無料の情報ツールも充実しているので、投資はもちろんのこと経済の動向などの勉強に利用できる証券会社であることは間違いありません。

岡三オンライン証券の口座開設費用や口座維持費用などは無料ですので、口座保有しても損は無いでしょう。

公式情報等は以下のボタンをクリックのうえチェックしてください。

 

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関キャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、以下のバナーによるRSS登録やのtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

フェイスブックページもやっていますよ。

Subscribe with livedoor Readerfollow us in feedlyRSSRSSRSS

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

関連コンテンツ1


銀行の普通預金金利を120倍にするクレジットカード

イオンカードセレクト

イオンカード系の最強のクレジットカードです。

WAON利用で1%還元のほかイオングループでの買い物はいつでもときめきポイントが2倍になります。

さらにイオン銀行の普通預金金利がメガバンクの120倍の0.12%になるなどイオン銀行との連携優遇サービスが豊富です。

もちろん年会費は不要ですし、イオン系クレジットカードは1枚だけじゃなく2枚~3枚と複数所有可能ですので、シーンや特典に応じて使い分けることをおすすめします。

こちらの記事もオススメです

スポンサーリンク

銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめ

現金やポイントなどがもらえるお得なネットバンクや証券会社などの口座開設キャンペーンまとめ

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(夏から冬のボーナス時期の比較)【2016年7月・8月・9月・10月・11月・12月】

超短期の定期預金の金利ランキング

1週間定期預金と2週間定期預金の金利ランキング【円貨版】

普通預金の金利ランキング

ネットバンクや地方銀行や信用金庫のインターネット支店の普通預金の金利ランキング【随時更新版】
スポンサーリンク

高還元率のクレジットカードまとめ

おすすめの原則年会費無料で高還元率のクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

2,000円分のポイントが貰えます

Uポイントが2,000点もらえるUCSカードインターネットでの入会限定キャンペーン実施中です

資金移動の禁断の裏ワザ

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

adsense(レスポンシブ)

スポンサーリンク

-投資
-

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2016 AllRights Reserved.