銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

投資

SMBC日興証券の取扱商品などを徹底解説

更新日:

SMBC日興証券の取扱商品などを徹底解説しました。

SMBC日興証券の取扱商品について

以下のとおりで、ワラント債やFXは取り扱っていません。

  • 日本国内株式(現物取引、信用取引)
  • 日本国内ETF
  • REIT
  • 米国株
  • 中国株
  • その他の国の株(インド、ヨーロッパ、オセアニア等)
  • 株式ミニ投資
  • 金額株数指定取引「キンカブ」
  • 投資信託
  • 日興ファンドラップ
  • 信用取引
  • 外国ETF
  • 債券(国債社債)
  • IPO(新規公開株式)
  • PO(公募売出し)
  • CB(転換社債型新株予約権付社債)
  • 外貨建てMMF
  • 証券担保ローン(イージー・コムストックローン)
  • 年金
  • 保険

株式ミニ投資について

株式ミニ投資は、本来まとまった単位でなければ取引できない株を、10分の1規模で取引できる株式を指し、取引にかかる資金も10分の1で済ますことができます。

金額・株数指定取引「キンカブ」について

金額・株数指定取引「キンカブ」は、東証1部・東証2部に上場している賃借銘柄のうち、SMBC日興証券が定めたおおよそ1800銘柄に対して、金額もしくは枚数を指定して、10000円から株式投資ができるようにしたものです。

金額指定であれば1銘柄につき、10000円以上1000円単位の金額を指定、株式指定であれば概算注文金額が1万円以上になるように、小数点以下第5位までの株数を指定して注文することができるので、通常の株式取引のように、決められた単位や数量にとらわれません。

例えば「A株を1万円分買う」、「B株を3.5株買う」といった買い方ができるのです。よって、長期資産形成のイメージに沿った金額ベースで投資が行え、資金が少なくても、これまで手が届かなかったような人気の銘柄を含む色々な銘柄を持つことが可能となっています。

金額・株数指定取引では、以下のようなスプレッド(売買価格差)というコストがかかります。

注文金額・条件 スプレッド
200万円未満 2.00%
200万円以上500万円未満 1.50%
500万円以上 1.00%
定期定額売買(積立) 一律1.0%

SMBC日興証券の取扱う投資信託について

現時点で136本取り扱っています。ラインナップはアクティブファンドはもちろんのこと、eMAXISやSMTなどのインデックスファンドも取り扱っているほか、2016年12月2日からは、低コストのインデックスファンドであるたわらノーロードシリーズも取り扱うようになり、利便性がさらに、高まりました。

SMBC日興証券が12月2日から取り扱うたわらノーロードシリーズについて

カテゴリー 銘柄名 申込手数料
国内株式 たわらノーロード 日経225 なし
グローバル株式 たわらノーロード 先進国株式
たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり>
たわらノーロード 新興国株式
国内債券 たわらノーロード 国内債券
グローバル債券 たわらノーロード 先進国債券
たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり>
不動産投信(REIT) たわらノーロード 国内リート
たわらノーロード 先進国リート

投資信託積み立ても1,000円から可能

投信つみたてプランというサービスもあり、毎月1,000円以上の金額を設定しておけば、取引口座や預金口座から自動的に引落しして、買い付けてくれます。

投資信託の積立のサービス利用料は、無料で、買付時申込手数料がかかる投信積立プラン対応のファンドならば、申込手数料は1.08%、買付時申込手数料がかからないノーロードファンドならば、当然無料です。

さらに、三井住友銀行と連携するバンク&トレード(口座連携サービス)を利用すると、毎月の引落し金額10万円まで申込手数料が無料ですので、買付時申込手数料のかかるファンドを積み立てる場合はこのサービスを利用しないと損でしょう。

SMBC日興証券は債券の取扱が豊富

SMBC日興証券は個人向け債券の取扱が大変豊富です。国内社債の発行幹事会社を勤めることも少なくなく、またインターネットでも取り引き可能なので、わずらわしい対面販売で購入する必要もありません。

SMBC日興証券

三井住友フィナンシャルグループ傘下で大手証券会社の1社で、総合力が高い証券会社です。

名門の証券会社でありながら、ダイレクトコースならば手数料も大手ネット証券会社と遜色無いうえに、IPO(新規公開株式)もめっぽう強いのが特徴。

国債キャッシュバックキャンペーンも率が高くオススメの証券会社です。

現在実施中のSMBC日興証券のキャンペーンはこちら

SMBC日興証券が現在実施しているキャンペーンは以下のページでまとめています。ぜひチェックしてみてください。

SMBC日興証券キャンペーンまとめ

現在実施しているSMBC日興証券のキャンペーンのまとめページです SMBC日興証券とは? 三井住友フィナンシャルグループの証券会社である日興証券は、大手証券会社の1角で、取引商品も豊富です。 ダイレク ...

続きを見る

 

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関キャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、以下のバナーによるRSS登録やのtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

フェイスブックページもやっていますよ。

Subscribe with livedoor Readerfollow us in feedlyRSSRSSRSS

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

関連コンテンツ1


こちらの記事もオススメです

スポンサーリンク

銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめ

現金やポイントなどがもらえるお得なネットバンクや証券会社などの口座開設キャンペーンまとめ

過去に紹介した銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめました。このページは随時更新していきます。 このエントリーの目次ネットバンクの口座開設キャンペーン新生銀行Tポイントプログラム2016静岡 ...

続きを見る

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(冬から夏のボーナス時期の比較)【2017年1月・2月・3月・4月・5月・6月・7月】

現在実施している当ブログで公開した高金利の定期預金ネタをまとめたページです。(随時更新版) 最低でもメガバンクの定期預金の金利の10倍以上の金利を出す高金利の定期預金を取り扱う金融機関は、まだまだたく ...

続きを見る

超短期の定期預金の金利ランキング

1週間定期預金と2週間定期預金の金利ランキング【円貨版】

日本国内の金融機関が取り扱う超短期の定期預金を金利をランキング形式で紹介します。取り扱い数が少ないので、1週間と2週間の定期預金をまとめて紹介します。金利が変更になった場合は随時更新します。 このエン ...

続きを見る

普通預金の金利ランキング

ネットバンクや地方銀行や信用金庫のインターネット支店の普通預金の金利ランキング【随時更新版】

全国どこに住んでいても口座開設可能かつインターネットを利用して取引可能なネットバンクや地方銀行や信用金庫などのインターネット支店の普通預金の金利ランキングを公表します。 メガバンクや地方銀行などの金融 ...

続きを見る

スポンサーリンク

高還元率のクレジットカードまとめ

おすすめの原則年会費無料で高還元率のクレジットカードまとめ

原則として、年会費無料で高還元率を誇るクレジットカードの紹介したページをまとめました。 どのカードも良い点もあれば悪い点もありますので、買い物する場所や電子マネーの利用するか、さらにもらえるポイントが ...

続きを見る

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

当ブログでカーライフに最適なクレジットカードを紹介した記事をまとめました。 自動車を乗るならば高速道路のETC割引やガソリンスタンドの割引を考えるとクレジットカードが持っていないと正直言って話しになり ...

続きを見る

2,000円分のポイントが貰えます

Uポイントが2,000点もらえるUCSカードインターネットでの入会限定キャンペーン実施中です

UCSカードの新規入会キャンペーンをピックアップします。 このキャンペーンは、Uポイントが最大2,000点もらえるインターネットでの限定キャンペーンです。詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目 ...

続きを見る

資金移動の禁断の裏ワザ

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

ネットバンク、地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合などは高利の定期預金を募集していますが、ネックが満期資金を移動させるときに、振込み手数料が発生することです。そこで、無料で資金移動させる裏 ...

続きを見る

adsense(レスポンシブ)

スポンサーリンク

-投資
-

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 AllRights Reserved.