銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

投資

SBI証券のPTS取引の開始時刻が延長になったので徹底解説しました

投稿日:

2017年2月よりSBI証券のPTS取引において、夜間取引の開始時間が18時になりました。

記事にしたと思ったらしていませんでしたので、解説します。ついでにPTSについてもご説明します。

SBI証券のPTS取引の開始時刻の変更について

  • 変更日:2017年2月1日より
  • 変更点:ナイトタイムセッションの取引時間を19時から23時59分までのところを、18時から23時59分に1時間延長する

SBI証券のPTS取引について

SBI証券のPTS取引はSBIジャパンネクスト証券株式会社が運営するジャパンネクストPTSを利用する

SBI証券のPTS取引は、SBIジャパンネクスト証券株式会社が運営するジャパンネクストPTSに取り次ぐことによりサービスを提供しています。

ちなみに、SBIジャパンネクスト証券株式会社以外にもPTSは、チャイエックスが運営していますが、機関投資家向けにサービスを提供しています。

SBI証券のPTS取引の注文受付時間は?

8時20分から16時(いわゆるデイタイム・セッション)

18時から23時59分(いわゆるナイトタイム・セッション)

注文方法など

価格は指値のみ注文可能で、成行や逆指値などは発注できません。

また、注文有効期限は当日中(デイタイム・セッションは16時まで、ナイトタイム・セッション23時59分までです。

約定日はPTS取引における売買成立日で、受け渡し日は以下のとおりです。

約定時間 受渡日
デイタイム・セッション 約定日から起算して4営業日目
ナイトタイム・セッション 約定日から起算して5営業日目

SBI証券のPTS取引の費用は?

SBI証券のPTS取引の費用は、国内株式現物取引スタンダードプランよりも割安です。

詳しい内容は以下のページをご覧ください

SBI証券の国内現物株式や信用取引さらにPTS取引や外国株式の手数料を解説します

SBI証券は業界屈指の格安手数料を誇るネット証券です。 実際にどの程度の手数料なのかまとめて紹介します。 このエントリーの目次SBI証券の国内株式現物取引のプランや手数料についてSBI証券国内株式現物 ...

続きを見る

SBI証券のPTS取引で購入できる銘柄は?

ジャパンネクストPTSで取り扱う銘柄をPTS取引で売買可能です。基本的に国内証券取引所に上場されている普通株式及び投資信託のほぼ全てを取引可能です。

PTS取引とは?

PTS取引は、Proprietary Trading Systemの略で、日本語にすると私設取引所取引の意味です。

株式を売買するには、普通は証券取引所を通じて行いますが、証券取引所において、営業時間である立会時間(午前9時から11時30分いわゆる前場、午後0時30分から午後3時まで、いわゆる後場)外の取引はできません。

1998年12月の金融ビックバンにおいて、取引所集中義務の廃止になり、取引所外においても取引が可能ということで、市場外取引、立会外取引などが認められるようになりました。

PTS取引は、取引所外取引であり、立会時間外であっても、立会時間内であっても、PTSを提供する証券会社などが定めた時間で株式を取引することができます。

過去は、楽天証券、マネックス証券、松井証券、カブドットコム証券などにおいてもPTS取引が可能でしたが、現時点ではネット証券でPTSでの取引が利用できるのはSBI証券のみです。

PTSのメリットは?

夜間や朝に株式売買が可能ですので、日中忙しい方でも取引することができます。

また、引け後の海外市場の動向を見ながら取引ができるというメリットがあります。

さらに、立会時間中の裁定取引として利用することが可能ですが少額だと手数料負けしますし、大口だとPTS特有の流動性リスクの罠にはまる場合がありますので、ご注意を。

PTSのデメリットは?

私設取引所での取引ですので、証券取引所に比べて出来高は少なく、値動きが飛びやすいというデメリットがあります。

また、大口注文が出た場合は、日中の立会時間の取引に比べて価格が変動しやすいです。

さらに、出来高が無い銘柄もあり、この場合は取引が成立しないというデメリットがあります。

これらのデメリットは、いずれも流動性リスクによるものです。

SBI証券の新規口座開設キャンペーンも実施中です

最強のネット証券として評判も高いSBI証券の新規口座開設キャンペーンも実施しています。詳細は以下のページで解説しています。

最大10万円が貰えるSBI証券新規口座開設キャンペーンを徹底解説

個人投資家が最も利用しているSBI証券が最大10万円がもらえる口座開設キャンペーンを実施中ですので、徹底解説します。 まずはキャンペーン内容を確認してみましょう。 ※SBI証券の公式ページによる詳しい ...

続きを見る

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

LiveDwangoReaderLive Dwango Readerに登録する

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

関連コンテンツ1

こちらの記事もオススメです

銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめ

現金やポイントなどがもらえるお得なネットバンクや証券会社などの口座開設キャンペーンまとめ

過去に紹介した銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめました。このページは随時更新していきます。 このエントリーの目次ネットバンクの口座開設キャンペーン新生銀行Tポイントプログラム管理人オスス ...

続きを見る

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ

うれしい
定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(冬から夏のボーナス時期の比較)【2017年4月・5月・6月・7月・8月・9月・10月・11月・12月】

現在実施している当ブログで公開した高金利の定期預金ネタをまとめたページです。(随時更新版) 最低でもメガバンクの定期預金の金利の20倍以上の金利を出す高金利の定期預金を取り扱う金融機関は、まだまだたく ...

続きを見る

超短期の定期預金の金利ランキング

1週間定期預金と2週間定期預金の金利ランキング【円貨版】

日本国内の金融機関が取り扱う超短期の定期預金を金利をランキング形式で紹介します。取り扱い数が少ないので、1週間と2週間の定期預金をまとめて紹介します。金利が変更になった場合は随時更新します。 このエン ...

続きを見る

普通預金の金利ランキング

ネットバンクや地方銀行や信用金庫のインターネット支店の普通預金の金利ランキング【随時更新版】

全国どこに住んでいても口座開設可能かつインターネットを利用して取引可能なネットバンクや地方銀行や信用金庫などのインターネット支店の普通預金の金利ランキングを公表します。 メガバンクや地方銀行などの金融 ...

続きを見る

高還元率のクレジットカードまとめ

おすすめの原則年会費無料で高還元率のクレジットカードまとめ

普段皆さんどんなクレジットカード使っていますか? 普通のクレジットカードの還元率は0.5%で、10,000円買い物したら、50円分程度のポイントしかつきません。 ここで紹介するクレジットカードは、どれ ...

続きを見る

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

当ブログでカーライフに最適なクレジットカードを紹介した記事をまとめました。 自動車を乗るならば高速道路のETC割引やガソリンスタンドの割引を考えるとクレジットカードが持っていないと正直言って話しになり ...

続きを見る

2,000円分のポイントが貰えます

Uポイントが2,000点もらえるUCSカードインターネットでの入会限定キャンペーン実施中です

UCSカードの新規入会キャンペーンをピックアップします。 このキャンペーンは、Uポイントが最大2,000点もらえるインターネットでの限定キャンペーンです。詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目 ...

続きを見る

資金移動の禁断の裏ワザ

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

ネットバンク、地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合などは高利の定期預金を募集していますが、ネックが満期資金を移動させるときに、振込み手数料が発生することです。 そこで、無料で資金移動させる ...

続きを見る

-投資
-, ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 AllRights Reserved.