銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

投資

SBI証券のNISA口座の手数料や口座開設までの期間などを徹底解説

投稿日:2017年8月27日 更新日:

SBI証券のNISA口座の手数料や口座開設期間などを解説します。

SBI証券

国内最大規模のネット証券会社であり、手数料は最安値水準かつ圧倒的な取扱商品を取りそろえ、さらに使い勝手の良いうえに独自のサービスを常に提供するSBI証券。口座開設数が400万口座を突破したうえに、国内株式の個人の売買代金の4割はSBI証券からの発注と圧倒的な強さを誇ります。

SBI証券はオンライン口座開設ならば最短翌営業日から取引ができるスピーディーなネット証券です。

SBI証券のNISA口座での取引手数料は恒久的に0円

SBI証券のNISA口座での取引手数料は、国内株式の売買および海外EFTの購入が恒久的に0円です。

国内株式は、インターネットコース、IFAコース、ダイレクトコース、対面コースが手数料無料の対象コースですが、海外EFTは、対面コースはNISA口座での取引手数料0円は、対象外です。

国内株式の非課税対象商品について

国内株式の非課税対象には、国内EFT、REIT、ETN、単元未満株(S株を含む)が含まれ、IPO、PO、立会外分売も非課税対象です。

ただし、信用取引は、NISA制度の対象外です。

NISA口座でも投信マイレージポイントサービスでポイントが貯まる

SBI証券のNISA口座で投資信託を保有してもSBIポイントが貯まります。

月の平均保有額が1,000万円以上なら月平均保有額×0.2(年率)、月の平均保有額が1,000万円未満なら月平均保有額×01%(年率)のSBIポイントを獲得できます。

SBI証券
SBI証券で獲得できるSBIポイントの内容拡充したのでの貯め方や使い方などを解説

SBI証券で投資信託の保有などでSBIポイントというSBIグループの共通のポイントが貯まり、現金やTポイント、マイルなどに交換できるプログラムがあります。 2016年4月1日からSBI証券での国内株式 ...

続きを見る

SBI証券NISA口座でも100円から投資信託を購入可能

SBI証券は投資信託を100円から購入できますが、NISA口座でももちろん100円から購入することができます。

SBI証券も投資信託が100円から購入可能になります【買付は5月25日から・積立は7月初旬から】

先日、楽天証券がわずか100円で投資信託が買付可能になることをお伝えしました。 楽天証券の投資信託が100円から購入可能になるサービス開始は2017年5月27日からですが、それに先駆けて、というかお得 ...

続きを見る

SBI証券のNISA口座を開設するには?

必要書類は以下の4つです。実際に必要事項を記入する必要があるのはNISA口座申込書(届出書)で、それ以外は、ご自身で用意する必要があります。

  • NISA口座申込書(届出書) ※SBI証券NISA口座開設資料請求すると送付されます
  • 住民票の写し(発行6ヶ月以内、2013年1月1日以降に転居した場合は2013年1月1日時点の住所が記載されているもの)
  • マイナンバー通知届出書(通知番号カードもしくは個人番号カードのコピー)
  • 本人確認書類

NISA口座に必要な本人確認資料は?

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

なお、SBI証券のNISA 口座の場合、パスポートは本人確認書類として利用できません。

SBI証券NISA口座の開設期間は?

NISA口座の開設は必要書類をSBI証券に送付すると受領から1~2週間程度で口座開設が完了します。

  1. 申込書等をSBI証券が受領
  2. 税務署にて開設審査
  3. SBI証券からNISA口座開設完了のお知らせが届く
  4. 取引開始

SBI証券NISA口座の資金はどうするの?

改めてNISA口座への振替は不要で、SBI証券の総合取引口座(預り金)の資金をそのままNISA口座への買付資金へ利用できます。

「SBIハイブリッド預金」を利用している方は、SBIハイブリッド預金からの買付が可能です。

外国株式の外貨決済での買付の場合、外貨の買付余力範囲内での買付となります。

SBI証券の即時入金・振替入金・ATMカード入金などの入金サービスの手数料や利用時間帯などを解説しました

SBI証券で株式や投資信託などを購入する場合は、証券総合口座にお金を入金しないと買えませんよね。 そのSBI証券の証券総合口座へ入金するときに入金手数料かからない即時入金などのサービスを解説します。 ...

続きを見る

SBI証券NISA口座の注意点

口座開設までの期間が長くなる

SBI証券NISA口座は例年7月末まで実施する住民票自動取得サービスで開設すると口座開設までに2ヶ月ほどかかります。もちろん、自分で住民票を取得すれば、1週間程度で口座開設ができます。

NISA口座開設申込をすると、全員委任状も一緒に届きますので、住民票自動取得サービスを利用する方はそちらを返送し、利用しない方は自分で取得しましょう。

NISA口座の開設は1人1口座のみ

NISA口座の開設は、金融機関を変更した場合を除いて、1人つき1口座しか開設することはできません。

NISA口座を変更することは可能ですが、すでに異なる金融機関のNISA口座に保有している金融商品を移管することはできません。

非課税投資枠に注意

万が一、年間の投資額が120万円を超えてしまった場合、超えた分の注文すべてが課税対象になります。これはどの証券会社も同じです。

NISA口座のメリットが適応しない場合もある

投資信託における分配金のうち、特別分配金(元本払戻金)は、元々非課税なのでNISA口座のメリットがありません。これも、どの証券会社も同じです。

SBI証券のメリット

国内ネット証券の口座開設、NISA口座開設数は一番という実績で、国内の個人売買代金も1位と他社を大幅に引き離しています。

これは、ネット証券会社の中でも金融商品の取引数が圧倒的に多く、投資信託などの取扱数も豊富であり、さらにツールが使いやすいなどがユーザーに支持されているからです。

手数料はネット証券ということで対面証券よりも安いのは当然で、業界屈指の格安手数料を誇るうえに、ネット証券で唯一PTS取引に対応しているので、夜間でも気軽に取引ができます。

さらに、ネット証券会社の中ではIPOの取扱本数は多く、新規上場を考えている企業への営業力が強い野村證券や大和証券などに比類する実力を誇ります。

人気の高いIPOですが、SBI証券はIPOチャレンジポイントという手間暇かければ必ず当選する仕組みがあります。

SBI証券

国内最大規模のネット証券会社であり、手数料は最安値水準かつ圧倒的な取扱商品を取りそろえ、さらに使い勝手の良いうえに独自のサービスを常に提供するSBI証券。口座開設数が400万口座を突破したうえに、国内株式の個人の売買代金の4割はSBI証券からの発注と圧倒的な強さを誇ります。

SBI証券はオンライン口座開設ならば最短翌営業日から取引ができるスピーディーなネット証券です。

SBI証券の新規口座開設キャンペーンも実施中です

最強のネット証券として評判も高いSBI証券の新規口座開設キャンペーンも実施しています。詳細は以下のページで解説しています。

最大10万円が貰えるSBI証券新規口座開設キャンペーンを徹底解説

個人投資家が最も利用しているSBI証券が最大10万円がもらえる口座開設キャンペーンを実施中ですので、徹底解説します。 まずはキャンペーン内容を確認してみましょう。 ※SBI証券の公式ページによる詳しい ...

続きを見る

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大15,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう(最新記事をお届けします)

Twitterで管理人アカウントを

X-lift(クロスリフト)


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


  • この記事を書いた人

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

http://ichiokuen-wo.jp/

-投資
-, ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 All Rights Reserved.