投資

eダイレクト金銭信託(予定配当率型)株式会社プレサンスコーポレーション第1号(予定配当率0.65%)が9月18日から募集開始で今回は100万円ごとに現金500円が貰える

投稿日:2018年8月25日 更新日:

オリックス銀行の人気商品であるeダイレクト金銭信託(予定配当率型)。

過去、オリックスグループとソフトバンクグループに貸付するという商品が販売されましたが、新しく東証一部上場企業のプレサンスコーポレーションへの貸付を目的としたeダイレクト金銭信託が発売開始となります。

詳細を確認してみましょう。

【追記】紹介したeダイレクト金銭信託(予定配当率型)株式会社プレサンスコーポレーション第1号は募集金額に達したため販売終了となりました。ちなみに、即日完売です。

最新のオリックス銀行のeダイレクト金銭信託の情報は以下のページをご覧ください。

信託
オリックス銀行のeダイレクト金銭信託のスキーム・リスク・注意点・発行履歴などを徹底解説

オリックス銀行の人気商品であるeダイレクト金銭信託という金融商品があります。スキームは金銭信託ですが、イメージ的には、社債に近いです。 マイナス金利導入により各 ...

スポンサーリンク

eダイレクト金銭信託(予定配当率型)株式会社プレサンスコーポレーション第1号の概要

  • 主な運用対象:株式会社プレサンスコーポレーションを貸付先とする無担保貸付金
  • 申込可能者:オリックスeダイレクト預金口座所有の、国内に住所を有する20歳以上の個人
  • 募集期間:2018年9月18日0:00から2018年10月19日12:00まで
  • 信託期間:2018年10月30日(信託契約日)から2019年10月30日(信託終了日)までの1年間
  • 申込単位:100万円以上100万円単位
  • 予定配当率:年0.65%(税引前)
  • 申込窓口:募集期間中、オリックス銀行のウェブサイトにて24時間申込可能
  • 予定配当額計算式:「信託元本」×「予定配当率」×「計算期間の実日数」÷365
  • 収益金・元本の支払日:2019年11月7日(年1回)
  • 税金:原則として収益金に対し、20.315%が源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)
  • 中途解約:原則として中途解約不可
  • その他:マル優制度は利用不可
  • 受託者:オリックス銀行株式会社
  • スポンサーリンク

eダイレクト金銭信託株式会社プレサンスコーポレーション第1号は購入金額100万円ごとに現金500円貰えるぞ!

今回紹介したeダイレクト金銭信託株式会社プレサンスコーポレーション第1号は、購入金額100万円ごとに現金500円が貰えます。

なんと、上限なしという太っ腹企画ですが、貰える現金は、雑所得にあたりますので、確定申告をお忘れなく。

eダイレクト金銭信託株式会社プレサンスコーポレーション第1号の注意点

eダイレクト金銭信託株式会社プレサンスコーポレーション第1号の注意点は以下のとおりです。

なお、オリックス銀行のeダイレクト金銭信託のスキーム・リスク・注意点・発行履歴などは過去記事をご覧ください。

参考記事オリックス銀行のeダイレクト金銭信託のスキーム・リスク・注意点・発行履歴などを徹底解説

1回の申込上限は1億円

eダイレクト金銭信託(予定配当率型)株式会社プレサンスコーポレーション第1号の1回の申し込み上限は1億円です。

それ以上申し込む場合は、複数回に分けて申込みすることができます。

1口100万円以上

100万円以下の申込はできません。

100万円単位での申込

100万円単位での申込ですので、よって、110万円、240万円などの申込はできません。

eダイレクト金銭信託とは?

eダイレクト金銭信託とは、信託者であり受益者である顧客が自分の金を、信託者(オリックス銀行)へ信託し、オリックス銀行はプレサンスコーポレーションへ貸し出しすることにより運用し、プレサンスコーポレーションからの利息を収益とします。その収益から必要経費を差し引いた収益金は、信託金に応じて分配され、信託終了時に信託金とともに受益者へ償還します。

詳細は以下のページをご覧ください。

信託
オリックス銀行のeダイレクト金銭信託のスキーム・リスク・注意点・発行履歴などを徹底解説

オリックス銀行の人気商品であるeダイレクト金銭信託という金融商品があります。スキームは金銭信託ですが、イメージ的には、社債に近いです。 マイナス金利導入により各 ...

eダイレクト金銭信託の発行履歴について

eダイレクト金銭信託の発行履歴については、過去記事をご覧ください。

参考記事オリックス銀行のeダイレクト金銭信託のスキーム・リスク・注意点・発行履歴などを徹底解説

eダイレクト金銭信託に預託した場合に得られる収益金について

予定配当金率である0.65%のとおり収益金が生じた場合、収益金は以下のとおりになります。

預入金額 税引き前収益金 税引き後収益金
1,000,000円 6,500円 5,180円
2,000,000円 13,000円 10,360円
3,000,000円 19,500円 15,539円
4,000,000円 26,000円 20,719円
5,000,000円 32,500円 25,898円
6,000,000円 39,000円 31,078円
7,000,000円 45,500円 36,257円
8,000,000円 52,000円 41,437円
9,000,000円 58,500円 46,616円
10,000,000円 65,000円 51,796円
50,000,000円 325,000円 258,977円
100,000,000円 650,000円 517,953円

プレサンスコーポレーションとは?

大阪に本社を置く不動産会社で東証1部上場企業です。

関東圏などにお住まいの方は馴染みがあまりないかもしれませんが、近畿圏や東海中京圏の分譲マンションの供給は、複数年にわたって1位と圧倒的なシェア。

さらに、全国的にも住友不動産に次ぐ2位の供給戸数を誇ります。

eダイレクト金銭信託株式会社プレサンスコーポレーション第1号の評価

金銭信託は信託期間が終了後に配当金と元本が戻ってくるという社債と同じような商品です。

社債市場は、マイナス金利の影響により利率が悪化しています。今回紹介した、eダイレクト金銭信託株式会社プレサンスコーポレーション第1号よりも高い利率の個人向け社債は皆無です。

さらに、マイナス金利政策導入により定期預金の金利が引き下げが実施されたから、このeダイレクト金銭信託の利回りはメガバンクの定期預金の1年もの店頭金利の65倍、地方銀行のインターネット支店の1年もの定期預金の金利にくらべても2倍以上あります。

定期預金の金利比較(ネットバンク&メガバンク・銀行・信用金庫などのインターネット支店)【2018年最新版】

全国どこにすんでいても口座開設可能かつ取引可能なネットバンクやメガバンク、銀行、信用金庫などのインターネット支店の定期預金金利の比較表です。 これから新たに口座 ...

また、今回は、現金プレゼントキャンペーンも実施します。

この現金プレゼントは、実際は信託期間(1年)と支払日までの日数を含める373日ですが、面倒なので1年で計算すると、税引前約0.63%の金利相当額と同じ効果がありますので、予定配当率と合計すると年利0.713%以上と高利な金融商品になります。

ただし、この商品は定期預金とは異なり、元本が保証されていません。

リスクプレミアムはそこそこ付いてますが、日本のマンション供給はすでに苦しくなっているという現実もあります。

プレサンスコーポレーションが1年以内に破たんする可能性は低いかもしれませんが、絶対に安全な商品ではないことを理解したうえで、皆さんのお手持ちの資金の状況に応じてお申し込みください。

スポンサーリンク

eダイレクト金銭信託(予定配当率型)株式会社プレサンスコーポレーション第1号の公式情報

eダイレクト金銭信託(予定配当率型)株式会社プレサンスコーポレーション第1号 | オリックス銀行

【参考】他の金融機関からeダイレクト金銭信託の資金を振り込む時の手数料を無料にできる銀行はこちら

eダイレクト金銭信託の資金を他の金融機関から移動させるときに、振込手数料を支払っていませんか?

他行宛振込手数料が無料になる金融機関は、たくさんありますので、利用しないともったいないですよ。

詳細は以下のページをご覧ください。


当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大10,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

口座開設で50倍の金利の定期預金を作る方法

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-投資
-, ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2018 All Rights Reserved.