銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

投資

ハイイールド債は高利の債券である。ジャンク債は危ない債券である。ハイイールド債とジャンク債は実は同じである。

更新日:

ハイイールド債やハイイールドボンドなどの名前の投資信託がよく見受けられますが、カタカタだと「ハイ」という文字がなんか眩しく光り、儲かりそうな感じを醸し出して、人気の高い商品となっています。

そんなハイイールド債を詳しく解説します。

スポンサーリンク

ハイイールド債の英訳は?

英語名はHigh yield bond。直訳すると高利債券です。

ハイイールド債の別名がある

ハイイールド債は、「投資不適格債」「ジャンク債」とも呼ばれています。

え?投資不適格債って驚かれた方は、よもやハイイールド債を購入していないでしょうね。

スポンサーリンク

ハイイールド債が「投資不適格債」「ジャンク債」となぜ呼ばれるのか?

そもそも債券の金利がどうやってきまるのかというと、発行時の金利情勢にも左右されますが、債券の発行母体の格付けによって決まります。

債券の発行母体の格付けというのは、かみ砕いて説明すると、発行母体が債券の償還日までに、お金を返してくれるかどうかという信用力があるかないかという物差しです。

信用力がある会社などが社債を発行した場合は、みんな安心して資金を預けるので人気もあり、金利は下がりますが、信用力が無いな貴社が社債が発行した場合は、疑心暗鬼になることから、それなりの金利を出さないと資金は集まりません。

よって、高利の債券ということは、発行母体の格付けが低いということになります。

発行母体の格付けが低いということは、元本償還や利払い不能のリスクが高いということで、投資家から資金を集めるには否応なく金利を高く設定する必要があるため高利の債券になります。

格付会社などによる格付けが投資不適格以下とされるレベルがあり、そのような債券を「投資不適格債」や「ジャンク債」と呼びます。

ハイイールド債は、一般的に投資不適格の債券ですので、「投資不適格債」であり、「ジャンク債」です。

ハイイールド債に投資してもデフォルト(破たん)しなければ良いじゃないの?

ハイイールド債に投資してもデフォルトしなければ、高い金利を得ることができます。

現時点では景気回復期待もあり、デフォルトリスクは低減していますが、景気悪化となった場合は、格付けが投資不適格とされる商品から一斉に資金が流出されますので、デフォルトする確率は相当高まります。

さらに、金融危機などの経済危機が生じた場合は、実際にデフォルトしていきます。

要するにハイイールド債に投資するということは、ハイリスク・ハイリターンの投資となります。

個人的には、ハイイールド債への投資は、債券投資と考えないほうが良いと思います。

スポンサーリンク

「ジャンク債」や「投資不適格債」などの名前だったら商品は売れない

このようにハイイールド債の特性を十分に理解して購入しているならば、自己責任ですのでなんら問題ありませんが、名前だけや金融機関の窓口ですすめられたからと投資信託を買っている方も少なからず見受けられます。

この「ハイイールド債」が「ジャンク債」や「投資不適格債」などの名前だったら、たぶん購入する方は少ないと想定されますので、セルサイドのネーミングセンスはさすがと言えます。

両親や親せきなど身近な方に、毎月分配型の投資信託としてハイイールド債に投資しているなら、ちゃんと理解しているかどうか確認するのも大切ですが、自分に興味がなければあまり聞いてくれないと思います。

いっそのこと、「ハイイールド債ってジャンク債や投資不適格債って呼ばれてるの知ってる?ハイイールド債を投資対象にしている毎月分配型の投資信託ってよくあるんだよね。」などと話せば、投資していれば顔色が変わって、「それよく教えてくれよ。」というかもしれませんし、その方が効果が高そうです。

 

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関キャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、以下のバナーによるRSS登録やのtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

フェイスブックページもやっていますよ。

Subscribe with livedoor Readerfollow us in feedlyRSSRSSRSS

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

関連コンテンツ1

こちらの記事もオススメです

銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめ

現金やポイントなどがもらえるお得なネットバンクや証券会社などの口座開設キャンペーンまとめ

過去に紹介した銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめました。このページは随時更新していきます。 このエントリーの目次ネットバンクの口座開設キャンペーン新生銀行Tポイントプログラムジャパンネッ ...

続きを見る

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ

うれしい
定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(冬から夏のボーナス時期の比較)【2017年1月・2月・3月・4月・5月・6月・7月】

現在実施している当ブログで公開した高金利の定期預金ネタをまとめたページです。(随時更新版) 最低でもメガバンクの定期預金の金利の20倍以上の金利を出す高金利の定期預金を取り扱う金融機関は、まだまだたく ...

続きを見る

超短期の定期預金の金利ランキング

1週間定期預金と2週間定期預金の金利ランキング【円貨版】

日本国内の金融機関が取り扱う超短期の定期預金を金利をランキング形式で紹介します。取り扱い数が少ないので、1週間と2週間の定期預金をまとめて紹介します。金利が変更になった場合は随時更新します。 このエン ...

続きを見る

普通預金の金利ランキング

ネットバンクや地方銀行や信用金庫のインターネット支店の普通預金の金利ランキング【随時更新版】

全国どこに住んでいても口座開設可能かつインターネットを利用して取引可能なネットバンクや地方銀行や信用金庫などのインターネット支店の普通預金の金利ランキングを公表します。 メガバンクや地方銀行などの金融 ...

続きを見る

高還元率のクレジットカードまとめ

おすすめの原則年会費無料で高還元率のクレジットカードまとめ

普段皆さんどんなクレジットカード使っていますか? 普通のクレジットカードの還元率は0.5%で、10,000円買い物したら、50円分程度のポイントしかつきません。 ここで紹介するクレジットカードは、どれ ...

続きを見る

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

当ブログでカーライフに最適なクレジットカードを紹介した記事をまとめました。 自動車を乗るならば高速道路のETC割引やガソリンスタンドの割引を考えるとクレジットカードが持っていないと正直言って話しになり ...

続きを見る

2,000円分のポイントが貰えます

Uポイントが2,000点もらえるUCSカードインターネットでの入会限定キャンペーン実施中です

UCSカードの新規入会キャンペーンをピックアップします。 このキャンペーンは、Uポイントが最大2,000点もらえるインターネットでの限定キャンペーンです。詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目 ...

続きを見る

資金移動の禁断の裏ワザ

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

ネットバンク、地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合などは高利の定期預金を募集していますが、ネックが満期資金を移動させるときに、振込み手数料が発生することです。 そこで、無料で資金移動させる ...

続きを見る

-投資
-,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 AllRights Reserved.