銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

節約・税金

厚生年金保険率は上がり続けるよどこまでも。【10年間で28.67%上がり、あと4年は上がり続ける。】

更新日:

いつもクリックありがとうございます!!

皆様の温かいクリック数に応じてブログランキングの順位が高まります。

順位が高くなると管理人の日々の更新の励みにつながりますので、今日もバナークリックのほどよろしくお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

10年前に比べて28.67%も上がり、更に今後4年間も上がり続けるという過酷な負担は?

 

さて、今日はまずはクイズから、10年前に比べて28.67%も上がり、更に今後4年間も上がり続けるという過酷な負担はなんでしょうか?

サラリーマンならば誰でも負担しているものですよ。

 

 

厚生年金保険率は上がり続けるよ

答えは、厚生年金保険率です。

今をさかのぼること10年前、小泉内閣が、平成16年6月5日に「国民年金法等の一部を改正する法律」を制定しました。

国民年金法等の一部を改正する法律|厚生労働省

この法律により、平成16年10月より、厚生年金保険率が、毎年0.354%引き上げとなりました。

平成16年9月までの厚生年金保険率は、13.580%でしたが、平成26年4月時点で17.120%。

今年の10月から、ご紹介した「国民年金法等の一部を改正する法律」(平成16年6月5日)に基づいて、17.474%に上がります。

法律ができる前に比べると、17.474%÷13.580%=1.28674521355の上昇となります。

ちなみに、この「国民年金法等の一部を改正する法律」(平成16年6月5日)において、平成29年まで厚生年金保険率の上昇が決まっています。

 

 

厚生年金保険料率の過去の変遷と今後の変更予定

 

分かりやすいように表にしてみました。最終的に平成29年には18.300%となります。

開始年度 保険料率
平成16年9月まで 13.580%
平成16年10月から 13.934%
平成17年 14.288%
平成18年 14.642%
平成19年 14.996%
平成20年 15.350%
平成21年 15.704%
平成22年 16.058%
平成23年 16.412%
平成24年 16.766%
平成25年 17.120%
平成26年 17.474%
平成27年 17.828%
平成28年 18.182%
平成29年 18.300%

 

厚生年金保険料率は全額を個人が負担していない

 

保険料率の変遷を解説しましたが、厚生年金保険は、事業主と労働者が折半して負担します。

つまり、会社と自分がこの率の半分を負担するという仕組みになっています。

といっても毎年0.354%の上昇率は同じですので、負担は年々重くなっています。

 

 

厚生年金保険料率の負担はかなり重くなっている

 

普段から給与天引きされているので、あまり金額を気にする方は少ないかもしれません。

さらに、自分自身の給与も毎年下がったり上がったりするから、どの程度の割合で負担しているのかを、知らない方も多いでしょう。

10年前にくらべて3割近く負担増になっているのを知っているのは給与担当者など専門知識をお持ちの方ぐらいでしょうね。

今回紹介したように、厚生年金保険率は徐々に、かつ確実に増加しています。

消費税率が変更になった今年は、天引き後の可処分所得に重くのしかかりますが、そもそも可処分所得も更に減るということを理解したうえ、今後の家計管理を心がけるべきでしょう。

 

 

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関キャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、以下のバナーによるRSS登録やのtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

フェイスブックページもやっていますよ。

Subscribe with livedoor Readerfollow us in feedlyRSSRSSRSS

 

※さらに有益な情報をお探しの方は以下のバナーをクリックしてみてください

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

ブログランキング

ブログランキング ブログランキングならblogram


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

関連コンテンツ1

こちらの記事もオススメです

銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめ

現金やポイントなどがもらえるお得なネットバンクや証券会社などの口座開設キャンペーンまとめ

過去に紹介した銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめました。このページは随時更新していきます。 このエントリーの目次ネットバンクの口座開設キャンペーン新生銀行Tポイントプログラムジャパンネッ ...

続きを見る

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ

うれしい
定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(冬から夏のボーナス時期の比較)【2017年1月・2月・3月・4月・5月・6月・7月】

現在実施している当ブログで公開した高金利の定期預金ネタをまとめたページです。(随時更新版) 最低でもメガバンクの定期預金の金利の20倍以上の金利を出す高金利の定期預金を取り扱う金融機関は、まだまだたく ...

続きを見る

超短期の定期預金の金利ランキング

1週間定期預金と2週間定期預金の金利ランキング【円貨版】

日本国内の金融機関が取り扱う超短期の定期預金を金利をランキング形式で紹介します。取り扱い数が少ないので、1週間と2週間の定期預金をまとめて紹介します。金利が変更になった場合は随時更新します。 このエン ...

続きを見る

普通預金の金利ランキング

ネットバンクや地方銀行や信用金庫のインターネット支店の普通預金の金利ランキング【随時更新版】

全国どこに住んでいても口座開設可能かつインターネットを利用して取引可能なネットバンクや地方銀行や信用金庫などのインターネット支店の普通預金の金利ランキングを公表します。 メガバンクや地方銀行などの金融 ...

続きを見る

高還元率のクレジットカードまとめ

おすすめの原則年会費無料で高還元率のクレジットカードまとめ

普段皆さんどんなクレジットカード使っていますか? 普通のクレジットカードの還元率は0.5%で、10,000円買い物したら、50円分程度のポイントしかつきません。 ここで紹介するクレジットカードは、どれ ...

続きを見る

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

当ブログでカーライフに最適なクレジットカードを紹介した記事をまとめました。 自動車を乗るならば高速道路のETC割引やガソリンスタンドの割引を考えるとクレジットカードが持っていないと正直言って話しになり ...

続きを見る

2,000円分のポイントが貰えます

Uポイントが2,000点もらえるUCSカードインターネットでの入会限定キャンペーン実施中です

UCSカードの新規入会キャンペーンをピックアップします。 このキャンペーンは、Uポイントが最大2,000点もらえるインターネットでの限定キャンペーンです。詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目 ...

続きを見る

資金移動の禁断の裏ワザ

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

ネットバンク、地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合などは高利の定期預金を募集していますが、ネックが満期資金を移動させるときに、振込み手数料が発生することです。 そこで、無料で資金移動させる ...

続きを見る

-節約・税金
-

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 AllRights Reserved.