銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

節約・税金

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

投稿日:2015年7月17日 更新日:

ネットバンク、地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合などは高利の定期預金を募集していますが、ネックが満期資金を移動させるときに、振込み手数料が発生することです。

そこで、無料で資金移動させる裏技を本日は紹介します。

出金する地方銀行、信用金庫、信用組合のインターネットバンキング契約をする【ステップ1】

インターネットバンキングサービスを実施している地銀、信用金庫、信用組合のインターネットバンキング契約をします。

ただし、インターネットバンキングの利用手数料が毎月発生する金融機関もわずかですがありますので、注意してください。

地銀や信用金庫のインターネット支店ならば原則として、インターネットバンキングは契約済みです。(ただしテレフォンバンキング契約のみの場合があるので自分の契約内容を確認してください。)

なお、インターネットバンキングサービスを実施していない金融機関は今回の裏技は使えません。

FX証券会社のクイック入金を利用する【ステップ2】

FX(外国為替証拠金取引)の証券会社の口座を開設したうえで、お金を引き出したい金融機関からクイック入金を利用して、一旦FX証券会社の口座にお金を移動させます。

クイック入金の手数料が証券会社が負担しますので、無料で資金を集めることができます。

クイック入金については以下のページで解説しました。

お金
ネット証券会社やFX証券会社などのクイック入金に対応している金融機関の総まとめ

主要証券会社やFX証券会社のクイック入金サービスに対応している金融機関を調べてまとめました。 証券会社へ資金を入金するときに、どの金融機関の口座を開設すればよいのか? 逆に、自分のもっている金融機関と ...

FX証券会社から振り込み手数料無料となる金融機関へ出金する【ステップ3】

FX証券会社から振込み手数料無料となる金融機関へ出金します。ただし、出金手続きが完了するまで営業日ベースで1日から2日程度かかりますのでご注意ください。

振込み手数料無料となる金融機関から他の金融機関へ振り込む【ステップ4】

振込み手数料無料ですので、気にせず他の金融機関へ資金を移動することが可能です。

ちなみに、他行宛振込手数料となる金融機関はたくさんあります。詳しくは以下のページをご覧ください。

資産形成や貯金
5分で分かる他行宛振込手数料が無料になる銀行や信託銀行などの全26サービスまとめ

他行宛振込手数料が無料となる銀行や信託銀行、さらに労働金庫などのサービスをまとめました。全部で26サービスです。 一般的に他行宛振込手数料は、インターネットバンキングでも1件あたり216円から540円 ...

資金を一度FX証券会社に集めるのがポイント

FX証券会社の中でも全国の地銀、信用金庫、信用組合、労働金庫まで幅広くカバーしているのがFX証券会社です。このFX証券会社をハブにして資金移動させれば、振込み手数料を負担することなく、資金を自分の口座に集めることが可能です。

さらにFX証券会社から出金先を振込み手数料が発生しない金融機関(住信SBIネット銀行新生銀行など)に指定すればOKです。

資産形成や貯金
5分で分かる他行宛振込手数料が無料になる銀行や信託銀行などの全26サービスまとめ

他行宛振込手数料が無料となる銀行や信託銀行、さらに労働金庫などのサービスをまとめました。全部で26サービスです。 一般的に他行宛振込手数料は、インターネットバンキングでも1件あたり216円から540円 ...

もちろん、出金先の金融機関を自分が普段利用している金融機関に指定しても問題ありませんし、高利の定期預金キャンペーンを実施している金融機関を指定し直接振り込むのも良いでしょう。

デメリットは?

資金移動に若干日数がかかる

FX証券会社から出金する場合、一般的に、翌営業日に出金先金融機関に資金が振り込まれます。ただし、証券会社によって異なりますので必ずご確認ください。

振込み限度額以上の資金移動ができない

地銀などのインターネットバンキングは、セキュリティの面から1日の振込み限度額を設定している場合があります。よって、1日の振込み限度額以上の出金は、翌日以降に再度行う必要があり、時間がかかることを理解してください。

ATMなど利用せずとも安全にお金を移動させることができます

この方法を利用すれば、わざわざ出金手数料がかからない時間帯やATMなどを選んで出金しなくても無料で資金を移動させることができます。また、1000円未満の端数も問題なく出金できます。

他のサイトでは同様の方法で、SBI証券などを推奨していますが、提携している金融機関がメガバンクやネットバンクだけなので、提携金融機関の多さからみると、FX証券会社をオススメします。

ネット証券会社の即時入金サービスに対応しているメガバンク・ネットバンク・地方銀行・ゆうちょ銀行などのまとめ

主要ネット証券会社であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券、松井証券、GMOクリック証券、ライブスター証券、岡三オンライン証券、フィデリティ証券の即時入金サービスに対応しているメ ...

主要証券会社のインターネット入金サービスに対応しているメガバンク・ネットバンク・ゆうちょ銀行まとめ

主要証券会社である野村證券、大和証券、SMBC日興証券、丸三証券、立花証券、内藤証券、安藤証券、むさし証券、岩井コスモ証券、東洋証券、SMBCフレンド証券のインターネット入金サービスに対応しているメガ ...

どこのFX証券会社がいいの?

クイック入金提携金融機関が多い金融機関が良いでしょう。

現時点ではSBI FXトレード、DMMFX、外為ジャパン、JFX、ヒロセ通商が約380もの金融機関からクイック入金が可能です。この4社のなかで何処が良いかといわれたらSBIグループのSBI FXトレードをオススメします。

SBI FXトレード

SBI FXトレードは業界最狭水準のスプレッドや業界最良水準のスワップポイント、さらに安定したシステムと3拍子そろっています。 積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)で低コストで少額から外貨積み立てが可能です。(スプレッドが最大50%縮小とスワップポイントが最大2倍キャンペーンも実施中)さらにテレビ東京ビジネスオンデマンドの視聴料も割引になります。

1ドルからの取引可能で、口座開設費用や口座維持費用も無料。SBI FXトレード口座開設は申し込みから最短2営業日で完了します。

 

ちなみに、対応している具体的な金融機関名は以下のページでまとめて紹介しています。

お金
SBI FXトレード、DMMFX、外為ジャパン、JFX、ヒロセ通商のクイック入金に対応している銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫のまとめ

約380もの金融機関とクイック入金を提携しているSBI FXトレード、DMMFX、外為ジャパン、JFX、ヒロセ通商。 対応している金融機関数としては、他のFX会社や証券会社を圧倒する数を誇ります。 各 ...

ちなみに、証券会社によっては今回紹介したクイック入金、即座に出金する裏技は証券会社にとってはメリットがありませんので、頻繁に行うと注意される場合があります。よって、年間取引高が多いほうが目に付きにくいと思われます。(※絶対に注意されない保障はありません)

ちなみに、管理人は満期になった資金などはこの方法で無料で資金を移動していますが、注意されたことはありません。

当サイトDMMFXの口座開設して1回以上の取引すればAmazonギフト券4,000円もゲットできます

当サイト限定のキャンペーンとして、DMMFX新規口座開設と1回以上の取引するだけで4,000円分のAmazonギフト券がゲットできます。

新規1回以上の取引でAmazonギフト券が4,000円分貰えるDMM FX限定キャンペーン実施中 - 1億円を貯めてみよう!chapter2

申込方法などは以下のページでくわしく説明していますので、この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか?

アマゾン
新規1回以上の取引でAmazonギフト券が4,000円分貰えるDMM FX限定キャンペーン実施中

本日は、DMM FXの限定キャンペーンを紹介いたします。 FX口座開設、初回5万円の入金、新規1Lot以上の取引完了でAmazonギフト券が4,000円分貰える限定キャンペーンです。詳細を確認してみま ...

証券会社やFX会社の新規口座開設キャンペーンを利用しよう

この記事を読んで証券会社やFX会社の口座を開設しようと思ったら、まずは新規口座開設キャンペーンを利用しましょう。

現金や商品券が絶対に貰えますので、利用しないと損ですよ。

お得な、新規口座開設キャンペーンは以下のページでまとめています。

現金やポイントなどがもらえるお得なネットバンクや証券会社などの口座開設キャンペーンまとめ

過去に紹介した銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめました。このページは随時更新していきます。 このエントリーの目次ネットバンクの口座開設キャンペーン口座開設で高利の定期預金作成できるネット ...

【参考】他の金融機関から定期預金の資金を振り込む時の手数料を無料にできる銀行はこちら

定期預金の資金を他の金融機関から移動させるときに、振込手数料を支払っていませんか?

他行宛振込手数料が無料になる金融機関は、たくさんありますので、利用しないともったいないですよ。

詳細は以下のページをご覧ください。

資産形成や貯金
5分で分かる他行宛振込手数料が無料になる銀行や信託銀行などの全26サービスまとめ

他行宛振込手数料が無料となる銀行や信託銀行、さらに労働金庫などのサービスをまとめました。全部で26サービスです。 一般的に他行宛振込手数料は、インターネットバンキングでも1件あたり216円から540円 ...

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大10,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう(最新記事をお届けします)

Twitterで管理人アカウントを
  • この記事を書いた人

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-節約・税金
-, , , , , , , ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2018 All Rights Reserved.