銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

iphone-926663_640

スポンサーリンク

サービス

大和ネクスト銀行振込手数料無料サービスを平成28年7月6日に一部改定(楽天銀行と新生銀行が振込手数料無制限から除外)

投稿日:2016年7月17日 更新日:

大和ネクスト銀行は、他の金融機関の本人名義口座への振込手数料などは原則として無制限で無料ですが、2016年7月6日から一部変更となりました。詳細を確認してみましょう。

大和ネクスト銀行振込手数料無料サービスの一部改定について

  • 改定日:平成28年7月6日

改定内容

変更前

振込先名義 他の金融機関の本人名義口座への振込
(楽天銀行を除く)
他の金融機関の他人名義口座
および楽天銀行への振込
振込手数料 0円 月3回まで無料 4回目以降216円/回

変更後

振込先名義 他の金融機関の本人名義口座への振込
(楽天銀行・新生銀行を除く)
他の金融機関の他人名義口座
および楽天銀行・新生銀行への振込
振込手数料 0円 月3回まで無料 4回目以降216円/回

楽天銀行に次いで新生銀行の本人名義口座への振込も無制限で無料から月3回無料に変更

今までは、本人口座名義であれば新生銀行の口座への振込は無制限で手数料無料でしたが、7月6日から他人名義口座への振込と同じ扱いとなりました。

これは、楽天銀行でもすでに同じ扱いを受けていますので、2行目になります。

なぜ新生銀行を無制限で振込手数料無料から除外したのか?

新生銀行は、Tポイントプログラム2016を実施しています。
その中で、他の金融機関からの振込入金でTポイントが最大400ポイント(口座開設3ヶ月以内で、4回/月振込入金実績があった場合)もらえるという美味しいキャンペーンを実施しています。

他行宛の振込は、全銀システム(全国銀行データ通信システム)という銀行間のネットワークシステムを利用していますが、この全銀システムを運営する一般社団法人 全国銀行資金決済ネットワークに振込1件幾らと支払う契約を各金融機関しています。

よって、他行宛振込手数料が無料となる場合は、実施している金融機関がその費用を顧客に転嫁しないで負担していますので、件数が多くなると、その金利機関の収益が悪化します。

つまり、大和ネクスト銀行の口座所有者が新生銀行への振込を行うケースが増えてきたための措置と思われます。

じゃあ、大和ネクスト銀行はなぜ楽天銀行もサービスから除外しているの?

楽天銀行は、過去はゴールドラッシュという他の金融機関からの振込でポイントをプレゼントするネ申プログラムを実施していましたが、現在は、サービスご利用に応じて毎月もれなくポイントプレゼントというキャンペーンを毎月実施しています。

このなかで、他の金融機関からの振込1件につき10ポイント(上限月5回まで)が貰えるサービスがあります。

また、楽天銀行 はじめてのご利用プログラムでも、他行からの振込入金で100円もらえるプログラムもあります。

楽天銀行はゴールドラッシュを実施していたときから、大和ネクスト銀行は振込手数料無制限での無料措置の対象外としていました。ゴールドラッシュを廃止となったあとも警戒されてたのか、この措置は解除されないで現在に至っています。

他にも他行宛振込手数料が無料となる金融機関はありますよ

このほかにも、他行宛振込手数料が無料になる金融機関は、たくさんありますよ。

詳細は以下のページをご覧ください。

 

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関キャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、以下のバナーによるRSS登録やのtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

フェイスブックページもやっていますよ。

Subscribe with livedoor Readerfollow us in feedlyRSSRSSRSS

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

関連コンテンツ1


銀行の普通預金金利を120倍にするクレジットカード

イオンカードセレクト

イオンカード系の最強のクレジットカードです。

WAON利用で1%還元のほかイオングループでの買い物はいつでもときめきポイントが2倍になります。

さらにイオン銀行の普通預金金利がメガバンクの120倍の0.12%になるなどイオン銀行との連携優遇サービスが豊富です。

もちろん年会費は不要ですし、イオン系クレジットカードは1枚だけじゃなく2枚~3枚と複数所有可能ですので、シーンや特典に応じて使い分けることをおすすめします。

こちらの記事もオススメです

スポンサーリンク

銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめ

現金やポイントなどがもらえるお得なネットバンクや証券会社などの口座開設キャンペーンまとめ

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(夏から冬のボーナス時期の比較)【2016年7月・8月・9月・10月・11月・12月】

超短期の定期預金の金利ランキング

1週間定期預金と2週間定期預金の金利ランキング【円貨版】

普通預金の金利ランキング

ネットバンクや地方銀行や信用金庫のインターネット支店の普通預金の金利ランキング【随時更新版】
スポンサーリンク

高還元率のクレジットカードまとめ

おすすめの原則年会費無料で高還元率のクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

2,000円分のポイントが貰えます

Uポイントが2,000点もらえるUCSカードインターネットでの入会限定キャンペーン実施中です

資金移動の禁断の裏ワザ

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

adsense(レスポンシブ)

スポンサーリンク

-サービス
-,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2016 AllRights Reserved.