銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

サービス

2017年の銀行や信用金庫の合併などの金融業界の動向について

更新日:

あけましておめでとうございます。

昨年は当ブログをご愛顧いただきありがとうございます。本年も引き続きよろしくお願いいたします。

さて、新年最初の記事は、例年と趣向を変えて、2017年の金融業界の主な動きをお伝えします。

江差信用金庫と函館信用金庫が合併し、道南うみ街信用金庫が誕生(2017年1月23日)

江差信用金庫と函館信用金庫が合併して、道南うみ街信用金庫が新しく誕生します。

道南エリアの2信用金庫が合併で、渡島信用金庫は取り残されることになりますが、起死回生の手があるのか注目です。

2017年1月23日より「道南うみ街信用金庫」になります。(PDF)

愛知県中央信用組合と三河信用組合が合併し、新生「愛知県中央信用組合」が誕生(2017年1月23日)

愛知県中央信用組合が三河信用組合と合併します。両信用組合をみると愛知県中央信用組合と三河信用組合の規模はおおよそ5:1程度。名前も愛知県中央信用組合が残ることから、救済合併の側面が強いのですね。

横浜中央信用組合と九州幸銀信用組合が合併し、横浜幸銀信用組合が誕生(2017年3月13日)

年末に管理人がひとり驚いたネタです。

同じ在日韓国人系の金融機関ですが、地域が全くことなることから、合併は無いかなと思って思っていましたが、12月のプレスリリースし、3ヶ月後に合併という急な展開に何かあったのではないかとかんぐってしまいたくなります。

管轄地域は神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県、山梨県、静岡県、富山県、石川県、福井県、福岡県、熊本県、大分県及び佐賀県と大変広いのですが、預金残高は2つの信用組合を合わせても、近畿産業信用組合の足元にも及ばないという悲しさはあます。

横浜中央信用組合と九州幸銀信用組合の合併契約締結のお知らせ(PDF)

ふくおかFGと十八銀行の経営統合(2017年中?)

当初2017年4月に経営統合する予定でしたが、公正取引委員会の二次審査がうまくいっていないことから、経営統合が暗礁に乗り上げてしまいました。

なぜ審査がうまくいかないかというと、十八銀行とふくおかFG傘下の親和銀行が同一グループに入ることから、長崎県内の預金・貸出金シェアはそれぞれ7割に達するため、一部エリアで地域の寡占が発生し、競争が制限されることを問題視しているようです。

この一部エリアの支店などを他の金融機関に売却すればよいと思うかもしれませんが、そもそも長崎県内の信用金庫や信用組合自体規模が小さすぎて、手を出せる状況ではないうえに、他の九州の地方銀行もわざわざ手を出すほど余裕はありません。

これが原因かどうか不明ですが、十八銀行森専務の自殺するという痛ましい事件も発生しました。ご冥福をお祈り申し上げます。

三重銀行と第三銀行の経営統合(2017年度中?)

同じ三重県を地盤とする三重銀行と第三銀行の経営統合の報道がありました。ただし、この2行が合併しても、三重県最大の地方銀行である百五銀行には及びません。

三重県に拠点を置く地方銀行の三重銀行(四日市市)と第二地銀の第三銀行(松阪市)が経営統合を検討していることが5日、分かった。人口減少や低金利で経営環境が悪化する中、統合による合理化などで生き残りを図る。2016年度中にも交渉を合意させ、17年度中の統合を目指す。地銀・第二地銀では再編機運が高まっており、こうした動きがさらに広がりそうだ。(時事通信社)

あおぞら銀行&GMOのインターネット銀行開業(2017年4月から2018年3月の間に)

あおぞら銀行&GMOのインターネット銀行が2017年中に開業予定です。

GMOクリック証券との連携サービスなどが期待できますが、あおぞら銀行やGMOクリック証券ともに、サービス面でいまいちな印象がありますので、過度は期待は止めておきましょう。

2018年以降の金融機関の動き

札幌信用金庫、北海信用金庫、小樽信用金庫が合併し、北海道信用金庫の誕生(2018年1月)

来年1月に3つの信用金庫が合併し、預金量1兆円を超える北海道と東北地方の信用金庫の中でも最も預金量が多い信用金庫の誕生となります。

北海道で規模の大きな信用金庫である旭川信用金庫の出方が注目されます。

三金庫合併後の金庫名称について(PDF)

ローソン銀行の誕生(2018年以降)

噂のローソンも銀行の設立をもくろんでいます。形態としてはセブン銀行と同じATM管理会社となると思います。

金融機関の合併の増加は避けられない

公表しているものを中心に取り上げましたが、水面下では動きが活発になっていると思います。

これは、金融庁森長官の意向も当然ありますが、少子高齢化による人口減少により、地方の金融機関は単独では生き残れない可能性が高いからです。

また、預金の運用先が国債中心である金融機関が多いことから、最近の長期金利上昇により評価損が膨れ上がっている可能性があり、金利情勢がこのまま続けば、決算発表と同時に合併という流れもあるかもしれません。

信用金庫同士の合併や信組同士の合併のほか、地銀が信用金庫や信用組合を飲み込むというカタチも出てくる可能性もありますので、注目しています。

 

当ブログキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。
いち早く情報を手に入れたい方は、以下のバナーによるRSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。
1億円を貯めてみよう!フェイスブックページではブログに公開していないキャンペーン速報などもお伝えしています。

Subscribe with livedoor Readerfollow us in feedlyRSSRSSRSS

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

関連コンテンツ1


こちらの記事もオススメです

スポンサーリンク

銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめ

現金やポイントなどがもらえるお得なネットバンクや証券会社などの口座開設キャンペーンまとめ

過去に紹介した銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめました。このページは随時更新していきます。 このエントリーの目次ネットバンクの口座開設キャンペーン新生銀行Tポイントプログラム2016静岡 ...

続きを見る

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(冬から夏のボーナス時期の比較)【2017年1月・2月・3月・4月・5月・6月・7月】

現在実施している当ブログで公開した高金利の定期預金ネタをまとめたページです。(随時更新版) 最低でもメガバンクの定期預金の金利の10倍以上の金利を出す高金利の定期預金を取り扱う金融機関は、まだまだたく ...

続きを見る

超短期の定期預金の金利ランキング

1週間定期預金と2週間定期預金の金利ランキング【円貨版】

日本国内の金融機関が取り扱う超短期の定期預金を金利をランキング形式で紹介します。取り扱い数が少ないので、1週間と2週間の定期預金をまとめて紹介します。金利が変更になった場合は随時更新します。 このエン ...

続きを見る

普通預金の金利ランキング

ネットバンクや地方銀行や信用金庫のインターネット支店の普通預金の金利ランキング【随時更新版】

全国どこに住んでいても口座開設可能かつインターネットを利用して取引可能なネットバンクや地方銀行や信用金庫などのインターネット支店の普通預金の金利ランキングを公表します。 メガバンクや地方銀行などの金融 ...

続きを見る

スポンサーリンク

高還元率のクレジットカードまとめ

おすすめの原則年会費無料で高還元率のクレジットカードまとめ

原則として、年会費無料で高還元率を誇るクレジットカードの紹介したページをまとめました。 どのカードも良い点もあれば悪い点もありますので、買い物する場所や電子マネーの利用するか、さらにもらえるポイントが ...

続きを見る

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

当ブログでカーライフに最適なクレジットカードを紹介した記事をまとめました。 自動車を乗るならば高速道路のETC割引やガソリンスタンドの割引を考えるとクレジットカードが持っていないと正直言って話しになり ...

続きを見る

2,000円分のポイントが貰えます

Uポイントが2,000点もらえるUCSカードインターネットでの入会限定キャンペーン実施中です

UCSカードの新規入会キャンペーンをピックアップします。 このキャンペーンは、Uポイントが最大2,000点もらえるインターネットでの限定キャンペーンです。詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目 ...

続きを見る

資金移動の禁断の裏ワザ

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

ネットバンク、地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合などは高利の定期預金を募集していますが、ネックが満期資金を移動させるときに、振込み手数料が発生することです。そこで、無料で資金移動させる裏 ...

続きを見る

adsense(レスポンシブ)

スポンサーリンク

-サービス
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 AllRights Reserved.