銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

悲しい

スポンサーリンク

サービス

SMBC信託銀行PRESTIA(プレスティア)のデメリットを解説しました

投稿日:

SMBC信託銀行プレスティアの概要を先日解説しましたが、今回はデメリットを解説します。

スポンサーリンク

SMBC信託銀行プレスティアのデメリット

ほかにもあると思いますが、主だったデメリットは以下のとおりです。

  • 円貨の預金の金利が低い
  • 外貨預金の金利が低い
  • 口座維持手数料がかかる
  • 外貨為替手数料が割高
  • 投資信託のラインナップは高コストの商品が中心

それぞれ具体的に解説します。

スポンサーリンク

円貨預金の金利が低い

SMBC信託銀行プレスティアの円貨の普通預金や定期預金の金利はメガバンクの金利となんら変わりありません。

夏や冬のボーナス時期に定期預金キャンペーンを実施することもありませんので、円貨で安全に資金を運用するのに適している銀行とは言えません。

SMBC信託銀行プレスティアの普通預金の金利

預金種類 金利
円普通預金(バンキングカード用) 0.001%
プレスティア マルチマネー口座円普通預金 0.001%

SMBC信託銀行プレスティアの定期預金の金利

預入期間 スーパー定期 大口定期
1週間 0.01% 0.01%
2週間 0.01% 0.01%
1ヶ月 0.01% 0.01%
3ヶ月 0.01% 0.01%
6ヶ月 0.01% 0.01%
1年 0.01% 0.01%
2年 0.01% 0.01%
3年 0.01% --

外貨預金の金利が低い

SMBC信託銀行プレスティアにおいて、外貨預金は、以下の通貨を取り扱っています。

  • アメリカドル
  • オーストラリアドル
  • ニュージーランドドル
  • イギリスポンド
  • カナダドル
  • スイスフラン
  • ユーロ
  • 香港ドル
  • タイバーツ
  • ノルウェークローネ
  • 南アフリカランド

外貨に強いSMBC信託銀行プレスティアだから外貨預金の金利は高いとお考えになる方もいらっしゃることでしょうが、外貨預金の金利も残念ながら低いです。

SMBC信託銀行プレスティアの主要通貨の外貨定期預金金利

預入期間 アメリカドル オーストラリアドル イギリスポンド ユーロ
1週間 0.01% 0.05% 0.01% 0.01%
2週間 0.01% 0.07% 0.01% 0.01%
1ヵ月 0.01% 0.10% 0.05% 0.01%
3ヵ月 0.01% 0.20% 0.10% 0.01%
6ヵ月 0.01% 0.15% 0.10% 0.01%
7ヵ月 0.02% -- -- 0.01%
9ヵ月 0.02% -- -- 0.01%
1年 0.03% 0.10% 0.10% 0.01%
2年 0.10% 0.10% -- 0.01%
3年 0.20% -- -- 0.01%
5年 0.25% -- -- 0.01%

口座維持手数料がかかる

SMBC信託銀行は口座維持手数料が月2000円(税抜)かかります。

無料になる条件が設けられていて、月間平均総取引残高が50万円相当あれば、口座維持費用は無料となりますので、これが一番クリアするのが容易ですね。

SMBC信託銀行PRESTIA(プレスティア)の取扱商品などを徹底解説

SMBC信託銀行PRESTIA(プレスティア)について、読者の方から質問があったので徹底解説します。 まずは概要からいってみましょう。 このエントリーの目次SMBC信託銀行PRESTIA(プレスティア ...

続きを見る

しかしながら、今どき口座維持手数料がかかる金融機関は珍しいので、口座開設するにあたって精神的な負担がかかります。

外貨両替手数料が割高

SMBC信託銀行プレスティアで、円貨を外貨に、または外貨を円貨に両替するときの為替レートは以下のとおりです。(5万米ドル相当額未満場合、ただし、プレスティア オンラインまたはプレスティア モバイル取引時は2万米ドル相当額未満の場合)

通貨 片道 往復
アメリカドル (USD) 1.00 2.00
オーストラリアドル (AUD) 1.00 2.00
ニュージーランドドル (NZD) 1.00 2.00
イギリスポンド (GBP) 1.00 2.00
カナダドル (CAD) 1.00 2.00
スイスフラン (CHF) 1.00 2.00
ユーロ (EUR) 1.00 2.00
香港ドル (HKD) 0.40 0.80
タイバーツ (THB) 0.08 0.16
ノルウェークローネ (NOK) 0.30 0.60
南アフリカランド (ZAR) 0.40 0.80

ネットバンクの為替手数料は、0.25~0.5円に抑えているところもあるので、この手数料はいただけません。

ジャパンネット銀行の外貨の為替手数料は国内の金融機関の中でも格安です

あまり知られていませんが、ジャパンネット銀行の外貨の為替手数料は国内の金融機関の中でも最も低い水準です。 他の金融機関との比較もかねて紹介します。 公式情報ジャパンネット銀行 このエントリーの目次ジャ ...

続きを見る

ただし、他の金融機関のサービスを使って両替を済ませたり、100万円以上の両替ならFXを利用して外貨に替えたりしてから、SMBC信託銀行のマルチマネー口座に入金することで、為替手数料の節約することが可能です。これはいずれ解説します。

投資信託のラインナップは高コストの商品が中心

SMBC信託銀行プレスティアは、投資信託を取り扱っています。

現時点で140本程度取り扱っていて、運用会社は以下のとおり世界的にも名だたる運用会社が揃っています。

  • JPモルガン・アセット・マネジメント
  • インベスコ
  • ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント
  • シティグループ・ファースト・インベストメント・マネジメント
  • シュローダー
  • オルタナティブ・インベストメンツ
  • ジャナス
  • スパークス・アセット・マネジメント
  • ドイチェ・アセット・マネジメント
  • SMBC日興インベストメント
  • THEAM
  • アライアンス・バーンスタイン
  • フィデリティ投信
  • フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ
  • ブラックロック(ブラックロック・ジャパン含む)
  • 三井住友アセットマネジメント
  • 三菱UFJ 国際投信
  • 日興アセットマネジメント

運用会社見ただけでお分かりになる方もいらっしゃると思いますが、いずれも販売手数料3%程度、信託報酬も1%から3%程度取る高コストの投資信託がそろっています。

高いコストを取るからには市場平均よりも数段上のアウトパフォーマンスならば問題無いのですけど、そうでないものが多いのが残念です。

スポンサーリンク

信託銀行ということで、資産運用面では弱い

デメリットをいくつかあげましたが、これらのデメリットはこれは、SMBC信託銀行プレスティアに限りません。

信託銀行は富裕層向けビジネスに力を入れていることから、コスト面などでネットバンクなどに比べて劣りますので、資産運用面ではあまり期待しないほうが良いでしょう。

しかしながら、遺言信託や教育資金贈与信託など普通の銀行では取り扱っていない商品を利用する場合は、信託銀行は外せないと考えますが。

教育資金贈与【正式名称:教育資金の一括贈与に係る贈与税非課税措置】を徹底解説

平成31年12月31日(当初平成27年12月31日まででしたが、期間延長になりました。)までの間に、30歳未満の子供や孫へ親やその祖父母が教育資金を贈与する場合に非課税となる制度が教育資金贈与といわれ ...

続きを見る

【参考】他の金融機関から定期預金の資金を振り込む時の手数料を無料にできる銀行はこちら

定期預金の資金を他の金融機関から移動させるときに、振込手数料を支払っていませんか?

他行宛振込手数料が無料になる金融機関は、たくさんありますので、利用しないともったいないですよ。

詳細は以下のページをご覧ください。

5分で分かる他行宛振込手数料が無料になる銀行や信託銀行などの全24サービスまとめ

他行宛振込手数料が無料となる銀行や信託銀行、さらに労働金庫などのサービスをまとめました。全部で24サービスです。 一般的に他行宛振込手数料は、インターネットバンキングでも1件あたり216円から540円 ...

続きを見る

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

LiveDwangoReaderLive Dwango Readerに登録する

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供していただいた方に謝礼をお送りします
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

関連コンテンツ1

こちらの記事もオススメです

銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめ

現金やポイントなどがもらえるお得なネットバンクや証券会社などの口座開設キャンペーンまとめ

過去に紹介した銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめました。このページは随時更新していきます。 このエントリーの目次ネットバンクの口座開設キャンペーン新生銀行Tポイントプログラム【管理人オス ...

続きを見る

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ

うれしい
定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(冬から夏のボーナス時期の比較)【2017年4月・5月・6月・7月・8月・9月・10月・11月・12月】

現在実施している当ブログで公開した高金利の定期預金ネタをまとめたページです。(随時更新版) 最低でもメガバンクの定期預金の金利の20倍以上の金利を出す高金利の定期預金を取り扱う金融機関は、まだまだたく ...

続きを見る

超短期の定期預金の金利ランキング

1週間定期預金と2週間定期預金の金利ランキング【円貨版】

日本国内の金融機関が取り扱う超短期の定期預金を金利をランキング形式で紹介します。取り扱い数が少ないので、1週間と2週間の定期預金をまとめて紹介します。金利が変更になった場合は随時更新します。 このエン ...

続きを見る

普通預金の金利ランキング

ネットバンクや地方銀行や信用金庫のインターネット支店の普通預金の金利ランキング【随時更新版】

全国どこに住んでいても口座開設可能かつインターネットを利用して取引可能なネットバンクや地方銀行や信用金庫などのインターネット支店の普通預金の金利ランキングを公表します。 メガバンクや地方銀行などの金融 ...

続きを見る

高還元率のクレジットカードまとめ

おすすめの原則年会費無料で高還元率のクレジットカードまとめ

普段皆さんどんなクレジットカード使っていますか? 普通のクレジットカードの還元率は0.5%で、10,000円買い物したら、50円分程度のポイントしかつきません。 ここで紹介するクレジットカードは、どれ ...

続きを見る

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

当ブログでカーライフに最適なクレジットカードを紹介した記事をまとめました。 自動車を乗るならば高速道路のETC割引やガソリンスタンドの割引を考えるとクレジットカードが持っていないと正直言って話しになり ...

続きを見る

2,000円分のポイントが貰えます

Uポイントが2,000点もらえるUCSカードインターネットでの入会限定キャンペーン実施中です

UCSカードの新規入会キャンペーンをピックアップします。 このキャンペーンは、Uポイントが最大2,000点もらえるインターネットでの限定キャンペーンです。詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目 ...

続きを見る

資金移動の禁断の裏ワザ

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

ネットバンク、地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合などは高利の定期預金を募集していますが、ネックが満期資金を移動させるときに、振込み手数料が発生することです。 そこで、無料で資金移動させる ...

続きを見る

-サービス
-, , ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 AllRights Reserved.