黒いクレジットカード

サービス

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)は年会費無料なのに還元率1%で入会6ヶ月間はなんと2%還元のクレジットカードです

投稿日:2018年5月21日 更新日:

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)は、年間費無料なのに高還元率を誇るクレジットカードです。

今回はその、Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)のメリット・デメリットなどを解説します。

このエントリーの目次

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)の特徴

Orico Card THE POINTの特徴

  • 本会員、家族カード、ETCカードの年会費が永年無料
  • 家族カード、ETCカードの年会費も無料
  • 国際ブランドを2種類から選択できる
  • オリコモール経由のネットショッピングでポイント還元率が2倍以上
  • 入会後6ヶ月間はポイント還元率2.0%
  • 電子マネーへのチャージでポイントが貯まる
  • QUICPayとiDに対応している
  • 豊富なトラベルサポートサービス
  • 年会費無料にも関わらず数々のサービスが付帯しているクレジットカード

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)の入会条件は?

Orico Card THE POINTは、18歳以上の方であれば学生や専業主婦でも申し込めます。ただし、高校生はたとえ18歳であっても申込できませんのでご注意を。入会条件は細かく設けられていませんが、申し込みの際には審査があります。

基本的に、安定した収入があり、勤続年数が長い方は審査に通りやすいですが、逆にクレジットヒストリーに支払いの遅延などがあれば審査に通りにくいです。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)の年会費は無料!!

Orico Card THE POINTの年会費は無料です。また家族カード、ETCカードも無料で発行できます。

家族会員のみ年会費がかかるというクレジットカードも多いので、本会員と家族会員の両方が年会費無料なのはメリットです。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)の利用限度額は上限300万円とめちゃくちゃ高い

Orico Card THE POINTの利用限度額は、10万円~300万円とかなり広く設定されています。上限300万円というのは、ゴールドカード並みの高さです。

限度額の設定は、カード会員の財政状況、社会的地位などを加味して設定されます。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)のポイント還元率は1%と高い

Orico Card THE POINTのポイント還元率は、一般加盟店での支払いの場合100円につき1オリコポイントが貯まります。還元率は1%です。

還元率が0.5%のクレジットカードも多い中、一般加盟店でも1%の還元率というのはお得です。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)の入会手続きの流れ

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)の入会手続きですが、Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)の公式ページから申し込みをされる場合は、以下のとおりです。

  1. オンライン申し込みフォームの入力
    オリコの公式ページの申し込みフォームに必要な情報を入力します。申し込み項目は全て申し込みをする本人が入力します。
  2. 入会審査・在籍確認
    入会審査が行われ、申込者の勤務先・アルバイト先に在籍確認の電話がかかります。
    在籍確認は必ずしも行われるわけではないですが、個人信用情報機関に登録されている情報と勤務先情報が異なる場合、在籍確認される可能性が高いです。
  3. 審査結果のメールが届く
    審査結果がメールで届きます。審査に通過していれば、本人限定受取郵便で自宅住所宛てにカードが届きます。カードの発送は、審査結果メールの受信から最短8営業日かかります。
    カード受け取りの際に、ドライバーに本人確認書類(運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード(写真付き)、健康保険証、国民年金手帳、年金手帳など)を提出すれば受け取り完了です。
  4. カードの利用開始

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)のメリット

本会員、家族カード、ETCカードの年会費が永年無料

Orico Card THE POINTは、初年度だけでなく2年目以降もずっと年会費が無料です。

またETCカード、家族カードもずっと年会費無料なのは大きなメリットです。

国際ブランドを2種類から選択できる

年会費無料のクレジットカードの中には、利用できる国際ブランドが限られているカードも多いのですが、Orico Card THE POINTはMaster Card、JCBの2種類から選択できます。

券面はベーシックのブラックでどんなシーンで利用しても恥ずかしくない

券面はベーシックのブラックです。どんなシーンで利用しても恥ずかしくない飽きのこないデザインです。

オリコモール経由のネットショッピングでポイント還元率が2倍以上

Orico Card THE POINTのポイント還元率は、一般加盟店での支払いの場合1%ですが、オリコモールを経由してネットショッピングをすると還元率が2倍以上にアップします。

またオリコモール経由でのポイントアップだけでなく、Orico Card THE POINTでオリコモールを経由することでさらに特別ポイントが加算されることもあります。

オリコモール経由でポイント還元率がアップする主な通販サイトは以下のとおりです。

店舗名 カード還元率 オリコモールポイント 特別ポイント 合計還元率
Amazon 1.0% 0.5% 0.5% 2.0%
楽天市場 1.0% 15%(最大) 0.5% 16.5%(最大)
Yahoo!ショッピング 1.0% 0.5% 0.5% 2.0%
LOHACO 1.0% 1.0% 0.5% 2.5%
ポンパレモール 1.0% 0.5% 0.5% 2.0%
ヤフオク! 1.0% 0.5% 0.5% 2.0%
ベルメゾンネット 1.0% 0.5% 0.5% 2.0%
dショッピング 1.0% 2.0% 0.5% 3.5%
楽天ブックス 1.0% 0.5% 0.5% 2.0%
楽天トラベル 1.0% 0.5% 0.5% 2.0%
じゃらんnet 1.0% 0.5% 0.5% 2.0%
セブンネットショッピング 1.0% 1.5% 0.5% 3.0%
ニッセンオンライン 1.0% 1.0% 0.5% 2.5%
ビックカメラ.com 1.0% 1.0% 0.5% 2.5%

ちなみにオリコポイントは、500ポイントから他のポイントや商品、マイルに交換することで利用できます。

そのまま支払いの際に使用することはできません。

主な交換先ポイント、商品は以下のとおりです。

交換先ポイント、商品 必要オリコポイント 獲得できるポイント数、商品の金額
Amazonギフト券 500ポイント 500円分
2,000ポイント 2,000円分
5,000ポイント 5,000円分
iTunesギフトコード 500ポイント 500円分
1,500ポイント 1,500円分
LINEギフトコード 500ポイント 500円分
nanacoギフト 1,000ポイント 1,000円分
EdyギフトID 1,000ポイント 1,000円分
ファミリーマートお買物券 500ポイント 500円分
すかいらーくグループ優待券 5,000ポイント 5,000円分
オリコモールクーポン 1,000ポイント 2,000円分
オリコプリペイドカードチャージ 500ポイント 500円分
Tポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
Pontaポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
楽天スーパーポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
dポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
WAONポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
au WALLETポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
ニッセンお買物券 1,000ポイント 1,000ポイント
ベルメゾンポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
クレポ 1,000ポイント 1,000ポイント
ANAマイル 1,000ポイント 600マイル
JALマイル 1,000ポイント 500マイル
UCギフトカード 5,500ポイント 5,000円分
20,000ポイント 20,000円分

入会後6ヶ月間はポイント還元率2.0%

Orico Card THE POINTは、入会後6ヶ月間ポイント還元率が2.0%にアップします。

ただ還元率2.0%が適用されるのは5,000オリコポイント(50万円分)までなので、入会後6ヶ月以内であっても、50万円以上利用するとそこからの還元率は1.0%に下がりますのでご注意を。

ただ入会後6ヶ月までといっても、年会費無料でポイント還元率2.0%のクレジットカードはなかなかないので、これは大きなメリットです。

電子マネーへのチャージでポイントが貯まる

Orico Card THE POINT支払いで、モバイルSuica、SMART ICOCAにチャージをするとポイントが貯まります。還元率は1.0%です。

例えばビックカメラでお得にポイントが貯められる「ビックカメラSuicaカード」にOrico Card THE POINTを使ってチャージすれば、オリコポイントとビックポイントの二重取りができます。

ちなみに楽天Edyにもチャージできますが、ポイントは還元されません。WAON、PASMOへのチャージはできません。

au WALLETへのチャージでもポイントが貯まる

また電子マネーに近いもので言うと、プリペイドカードのau WALLETへのチャージでもポイントが貯まります。

Orico Card THE POINTからau WALLEtへのチャージで還元率1.0%のオリコポイントが溜まり、au WALLETでの支払い時に還元率0.5%のWALLETポイントが貯まるので、Orico Card THE POINTでチャージしたau WALLETでの支払いは実質ポイント還元率1.5%になります。

QUICPayとiDに対応している

Orico Card THE POINTは電子マネーとしての使い勝手も良いです。QUICPay、iDと2種類の電子マネーが利用できます。

カード一体型の電子マネーなので使いやすく、またどちらも後払い式の電子マネーなのでチャージする手間がありません。

クレジットカード支払いに対応していない店舗でも、iDかQUICPayに対応している店舗であればオリコポイントが貯められます。

豊富なトラベルサポートサービス

Orico Card THE POINTは年会費無料のカードでありながら、豊富なトラベルサービスが付帯しています。

海外デスクサービス、海外緊急ホットライン

Orico Card THE POINTは、海外旅行の情報やサービスを日本語で受けられる海外デスクサービスが利用できます。

さらに、旅行中の事故やトラブルに24時間体制で対応してくれる海外緊急ホットラインも利用可能。

具体的にサポートしてくれる内容は以下のとおりです。

カテゴリ サポート内容
インフォメーション 観光・ショッピング情報、ホテル案内、現地通貨のレート案内、レストラン案内、空港案内、スポーツ観戦情報、航空機のスケジュール情報、イベント・ショーの情報、交通機関案内
予約 ホテル・レストランの予約、レンタカーの予約、航空チケットの予約、スポーツ観戦チケットの予約、送迎車の予約、イベント・ショーの予約、観光ガイド手配、エステ・マッサージの予約
トラブル対応 事故・トラブルのアドバイス、現地の病院案内、パスポートの紛失・盗難時の手続き案内

オリコパッケージツアーの割引サービス

Orico Card THE POINT会員であれば、オリコ旅行センターでパッケージツアーに申し込むと、最大8%OFFになります。旅行の同伴者にも割引が適用されます。

オンライン予約でレンタカーの料金がお得に

特定のレンタカー会社を利用する際、Orico Card THE POINTで決済するとOrico Card THE POINT会員の優待料金でレンタル出来ます。

ハーツレンタカーは5%OFF、ダラーレンタカーはなんと15%OFF。

日本国内のレンタカー会社でも、ニッポンレンタカー、日産レンタカー、オリックスレンタカー、タイムズカーレンタル、三菱レンタカーで5~20%の割引を受けられます。

旅行用品レンタルサービス

Orico Card THE POINT会員は、スーツケース、ドライヤー、変圧器などの旅行用品をオリコから15%OFFでレンタルできます。

全国に旅行用品を届けてもらえるので、海外旅行のときに重宝するサービスですね。

手荷物宅配サービス

空港まで旅行用の荷物を運んでくれるサービスです。自宅や会社、ホテルなど指定したから空港まで、また海外から空港に到着した際も指定の場所に荷物を運んでくれます。

QLライナー、JALエービーシーでは優待価格で利用でき、QLライナーは200円OFF、JALエービーシーは220円OFFになります(関西国際空港のみ)。

また似たようなサービスで、海外で購入したお土産を先に自宅に届けてくれるサービスもあります。Orico Card THE POINT会員であれば10%OFFで利用できます。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)のデメリット

クラブステージは対象外

他のオリコカードは「クラブステージ」というサービスがあります。これは、年間の利用金額に応じてポイントがアップするシステムですが、Orico Card THE POINTは、他のオリコカードにある「クラブステージ」の対象外です。

このデメリット自体、元々還元率1.0%と高還元のカードのため問題は無いでしょう。

ポイントを直接使用できない

Orico Card THE POINTで貯まるオリコポイントの利用方法は、他のポイントへの交換か、商品への交換です。

すぐに使えるTポイントが貯まるYahoo!JAPANカードのように、その場で支払いに使えないのはデメリットでしょう。

ポイントに有効期限がある

オリコポイントの有効期限は1年間です。ポイントの有効期限が2年間というクレジットカードも多い中、オリコポイントの有効期限は短いのは、はやりデメリットの1つです。

旅行傷害保険が付帯していない

Orico Card THE POINTは豊富なトラベルサポートも魅力の1つですが、旅行傷害保険は海外、国内共に付帯していません。

年会費無料のクレジットカードなので仕方ないですが、旅行によく行かれる方で、Orico Card THE POINTを利用したい方は、年会費無料でかつ海外保険が自動付帯のエポスカードの組み合わせをオススメします。

エポスカードのエポスカードの特徴やお得なポイントさらに、メリットやデメリットなどを徹底解説

マルイでの買物に必須アイテムのエポスカード(EPOSカード)の特徴やメリットさらにデメリットなどを解説します。 ※エポスカード(EPOSカード)の公式情報はこち ...

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)はこんな人にオススメ

Orico Card THE POINTに入会すべき人は、ネットショッピングをよくされる方や電子マネー決済(QUICPay、iD)をよく利用される方です。

オリコポイントは有効期限が1年と短いのが玉に瑕ですが500ポイントから交換ができるので、オリコモール経由でネットショッピングをよくする方などはすぐにポイントが貯まり、有効期限が切れてしまう心配は少ないでしょう。

またトラベルサポートも豊富なので旅行によく行かれる方にもおすすめなのですが、Orico Card THE POINTには旅行傷害保険が付帯していません。

したがって旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードをメインカードとして持っておき、年会費無料のOrico Card THE POINTをサブカードとして利用するのをおすすめします。

高額ポイントが貰える入会キャンペーンも実施中

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)の入会キャンペーンも実施中です。高額ポイントが貰えますよ。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)の公式情報はこちら

公式情報高還元率のオリコカード ザ ポイント

【参考】高還元率のクレジットカード情報はこちらもチェック

1%以上の高還元率のクレジットカード情報は以下のページでまとめましたのでぜひチェックしてみてください。

おすすめの年会費実質無料で高還元率のクレジットカードまとめ

普段皆さんどんなクレジットカード使っていますか? 普通のクレジットカードの還元率は0.5%で、10,000円買い物したら、50円分程度のポイントしかつきません。 ...

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大10,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

-サービス
-,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2018 All Rights Reserved.