サービス

セブンカード・プラスは年会費がかかるなどデメリットあるも、nanacoチャージでポイントが貯まるなどメリットがあるクレジットカードです

投稿日:

セブンカード・プラスというクレジットカードがあります。nanacoと一体型のクレジットカードでnanacoチャージでポイントが貯まります。

そのセブンカード・プラスを解説します。

セブンカード・プラスの特徴

セブンカード・プラスの特徴、メリットデメリットを紹介します。

  • 2種類のカードタイプ
  • ETCカードを年会費手数料無料で発行できる
  • セブン&アイグループの対象店で利用するとポイントが2~3倍になる
  • nanacoポイントをそのままnanacoにチャージして使用できる
  • 毎月8の付く日はイトーヨーカドーでの買い物代金が5%OFF
  • QUICPayに対応している
  • 累計ボーナスポイント
  • セブン旅デスクを経由すると旅行代金が5%OFF
  • ショッピング保険が付帯している
  • JCBプラザコールセンター、海外アシスタントサービスを利用できる
  • ANAマイレージとポイントを交換できる

セブンカード・プラスとは?

セブンカード・プラスとは、セブンカードサービスが発行しているクレジットカードです。

用意されている国際ブランドはJCBとVISAの2種類があります。

全国のJCB、VISA加盟店でも利用することができます。

セブンアンドアイグループのお店をよく利用される方、特にイトーヨーカドーで普段から買い物をしている方、そして電子マネーnanacoを有効活用したいという方におすすめのカードです。

セブンカード・プラスはどこが発行している?

セブンカード・プラスを発行している「株式会社セブンカードサービス」は、2001年10月31日に設立され。さらに2002年にJCBに業務委託をして、アイワイカードの発行を開始し、2004年にじゃVisaブランドのカードの発行を開始しました。

続いて、2007年に電子マネーnanacoのサービスを開始して、電子マネーの利用の場を拡大していき、2010年10月1日に商号を株式会社セブンカードサービスに変更。2011年7月1日に、セブンカードの発行を開始しまししました。(現在はセブンカードの新規発行受付はおこなっていません。)

今回紹介するセブンカード・プラスが発行されたのは、2013年4月1日です。

セブンカード・プラスの入会条件は?

セブンカード・プラスの入会条件は、18歳以上(高校生は不可)です。

カード発行までには審査があり、未成年が作成する場合は、親権者の同意が必要になります。

セブンカード・プラスの年会費は?

セブンカード・プラスの年会費は、初年度は無料です。

2年目以降は本会員が500円(税込)、家族会員は200円(税込)かかります。

2年目以降でも、前年度のセブンカード・プラス利用金額が5万円以上の場合、年会費は無料になります。

セブンカード・プラスの利用限度額は?

セブンカード・プラスの利用限度額は、カードの審査結果によって決定されますので、人によって異なります。

インターネットか、書類の郵送申し込みで、利用限度額を変更することは可能ですが、以下の条件が必須になります。

  • 勤務先の登録(記載)がされている
  • 過去20ヶ月間、遅延や滞納がなく返済している

この条件をクリアしていれば、再び限度額を上げるかどうかの審査が行われますが、セブンカード・プラスの利用期間が半年以上でないと、審査を受け付けてもらえません。

セセブンカード・プラスのポイント還元率は?

セブンカード・プラスで貯まるポイントは、nanacoポイントです。店舗ごとに貯まるポイントが異なります。

セブン-イレブン、デニーズ、イトーヨーカドー、ヨークマート、オッシュマンズで利用すれば、200円ごとに3ポイントが貯まります。

特にセブン-イレブンでの買い物はお得で、対象商品を購入するとボーナスポイントが貯まります。

ポイント還元率は、以下の通りです。

1.5% イトーヨーカドー、デニーズ、セブン-イレブン、ヨークマート、オッシュマンズ
1% 西武百貨店、そごう、一部のポイント優待店
0.5% その他のJCB/VISA加盟店、ETC、公共料金の支払い

イトーヨーカドーのネットスーパーでセブンカード・プラスを利用した場合、100円ごとに1ポイントが貯まります。

セブンカード・プラスの入会手続きの流れ

インターネット申し込みの場合の手続きの流れは以下のとおりです。

希望のカードタイプ、国際ブランドを選択し、規約に同意する

必須項目を入力し、本人確認書類を送付する

この時、「オンライン口座」を指定すれば、本人確認書類の提出が不要になります。

指定できない場合は、指定口座以外に希望する口座の確認ができる書類(キャッシュカード、預金通帳)、運転免許証、パスポート、住民票の写しなどの本人確認書類、収入を証明できる書類が必要です。

申し込み完了

ここからカードが届くまでに、入会審査が行われます。

未成年の方は、親権者に電話連絡があります。働いている方は、会社への在籍確認の電話があります。

審査が通れば2~3週間カードが手元に届く

オンライン口座指定が出来れば、最短1週間でカードが手元に届きます。

セブンカード・プラスのメリット

2種類のカードタイプ

セブンカード・プラスは、2種類のカードタイプから選択することができます。

nanaco一体型クレジットカード

セブンカード・プラスは電子マネーnanacoが一体になっているクレジットカードです。

クレジットカードとnanacoを1枚にできるので、財布の中身を少なくすることができます。

また、セブンカード・プラスとnanacoが別々になっているnanaco紐付型もありますので、nanacoをおサイフケータイで使いたい人などはこちらを選択しましょう。

nanacoポイントをそのままnanacoにチャージして使用できる

セブンカード・プラスは、貯まったnanacoポイントをそのままnanacoにチャージすることができます。

普段のショッピングでセブンカード・プラスを使ってポイントを貯めて、公共料金や携帯電話の支払いなどに、貯まったnanacoポイントを使うなど、効率の良い支払いができるようになります。

毎月8の付く日はイトーヨーカドーでの買い物代金が5%OFF

毎月8の付く日(8日18日28日)は、イトーヨーカドーの店舗ネットスーパーでの買い物代金が、セブンカード・プラスの利用で5%OFFになる「ハッピーデー」です。

1.5%のポイント還元もあるので、実際の還元率は6.5%とかなりお得です。

QUICPayに対応している

セブンカード・プラスでは、後払い方式の電子マネー「QUICPay」を利用することができます。

nanacoカードには、QUICPayの機能が搭載されているからです。

利用金額は、登録したセブンカード・プラスから引き落とされます。

QUICPayが利用できる店舗一覧(一部)

コンビニエンスストア セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、ポプラ
スーパーマーケット イトーヨーカドー、イオングループ、オーケー、阪急オアシス、アークス、平和堂
ガソリンスタンド ENEOS、昭和シェル石油、エッソモービル、ゼネラル石油
ドラッグストア ツルハドラッグ、ココカラファイン、セイムスドラッグ
飲食店 すき家、CoCo壱番屋、ロイヤルホスト、鳥どり、JINJIN
本屋CD/DVD HMV、古本市場
家電量販店 エディオン、ヨドバシカメラ

累計ボーナスポイントで還元率がアップ

1年間で、イトーヨーカドー、ヨークマートでのカード利用金額が100万円を超えると、3,000ポイントのボーナスポイントがもらえます。

また150万円以上利用すれば、10,000ポイントもらうことができます。

それ以上の利用は、100万円ごとに10,000ポイントがもらえるので、利用金額が大きいほど、ボーナスポイントの還元率は上がっていきます。

セブン旅デスクを経由すると旅行代金が5%OFF

パッケージツアーを申し込むとき、セブンカード・プラスの利用者専用サービス「セブン旅デスク」を経由すれば、旅行代金が5%OFFになります。

対象の旅行代理店一覧

  • ANAセールス
  • JALパック
  • 日本旅行
  • JTB
  • 近畿日本ツーリスト
  • クラブツーリズム

ショッピング保険が付帯している

ショッピング保険が付帯していて、セブンカード・プラスの利用で購入した商品の破損、紛失などの費用を、90日間、年間最大100万円まで補償してくれます。

1事故当たり10,000円の自己負担金が必要になります。

ショッピング保険は海外でのカード利用のみ適応され、利用者が故意に行ったものや、過失が認められるもの、配送中に起きた事故については対象外になります。

JCBプラザコールセンター、海外アシスタントサービスを利用できる

海外旅行中にトラブルが起きたときに、「JCBプラザコールセンター」に電話することができ、海外での事故や病気、クレジットカードの紛失や盗難などのトラブルに、24時間年中無休、日本語か英語で答えてくれます。

さらに、VISA会員の方は、海外アシスタントサービス「ハローデスク」を利用することができます。これは、海外旅行に出かける前の相談や質問などに、日本語で答えてくれるサービスで、英会話などができなくても安心ですね。

ANAマイレージとポイントを交換できる

セブンカード・プラスで貯めたnanacoポイントを、ANAのマイレージと交換することができます。

最少の交換単位は500ポイントからで、交換してもらえるマイレージは250マイルです。

セブンカード・プラスのデメリット

海外旅行傷害保険が付帯していない

セブンカード・プラスには、海外旅行傷害保険が付帯していません。

他社には海外旅行に強いクレジットカードが多く、そのほとんどが自動付帯か利用付帯の海外旅行傷害保険を付帯させているので、これはデメリットの1つです。

海外で病気やケガなどのトラブルが発生したとき、相談するサービスはありますが、資金は全額負担になります。

旅行によく行かれる方は、海外旅行、国内旅行の保険が付帯しているサブカードを持つ必要があります。

年会費がかかる

年会費無料のクレジットカードもある中、セブンカード・プラスは本会員500円(税込)、家族会員200円(税込)かかります。

ただし、年間のクレジットカード利用額が5万円以上であれば、翌年の年会費を無料にすることは可能ですので、イトーヨーカ堂をメインに利用している方ならば問題なくクリアできますので大きなデメリットではありません。

セブンカード・プラスの公式情報はこちら

公式情報セブンカード・プラスはnanacoをもっとお得に便利にするクレジットカード

【参考】高還元率のクレジットカード情報はこちらもチェック

1%以上の高還元率のクレジットカード情報は以下のページでまとめましたのでぜひチェックしてみてください。

おすすめの年会費実質無料で高還元率のクレジットカードまとめ

普段皆さんどんなクレジットカード使っていますか? 普通のクレジットカードの還元率は0.5%で、10,000円買い物したら、50円分程度のポイントしかつきません。 ...

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大10,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう(最新記事をお届けします)

Twitterで管理人アカウントを

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-サービス
-,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2018 All Rights Reserved.