銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

プレゼント

スポンサーリンク

サービス

サークルプラスポイントはSBIポイントに交換可能ですが注意が必要です

投稿日:2013年10月31日 更新日:

2013年2月28日から、SBIカード株式会社が発行するクレジットカード(MasterCard)で貯まる「サークルプラスポイント」がSBIポイントへ交換できるようになりました。

当時は等価交換だったのですが、現在は等価ではありませんので解説します。

このエントリーの目次

サークルプラスポイントからSBIポイントへの移行について

  • 最小交換ポイント数:サークルプラスポイント1,000ポイント以上
  • 交換単位:サークルプラスポイント1,000ポイント、3,000ポイント、5,000ポイント単位

交換レートについて

サークルプラスポイント レギュラー ゴールド プラチナ
1,000pt SBIポイント250pt SBIポイント350pt SBIポイント500pt
3,000pt SBIポイント850pt SBIポイント1,250pt SBIポイント1,700pt
5,000pt SBIポイント1,700pt SBIポイント2,500pt SBIポイント3,400pt

SBIポイントをサークルプラスポイントへ移行はできません

ちなみに、SBIポイントをサークルプラスポイントへ移行はできませんのでご注意ください。

サークルプラスポイントとは?

SBIカード株式会社が発行するクレジットカードであるSBIレギュラーカード、SBIゴールドカード、SBIプラチナカードを利用すると貯まるポイントです。

ショッピングはもちろん、公共料金などの支払いなどSBIレギュラーカード、SBIゴールドカード及びSBIプラチナカードを利用すればサークルプラスポイントが貰えます。

ただし、同じSBIカード株式会社が発行するスターフライヤーカードは、サークルプラスポイントがもらえません。こちらのクレジットカードは200円の利用につきSTAR LINKが1マイルが貯まるクレジットカードです。

ポイント付与は1,000円につき10ポイント

SBIレギュラーカード、SBIゴールドカード、SBIプラチナカードのいずれも利用金額1,000円につき10ポイントが貯まりますが、ポイントの現金交換レートはカード種類によって異なります。

利用額が半期で25万円以上ならばボーナスポイントも貰えます

SBIレギュラーカード、SBIゴールドカード、SBIプラチナカードの利用金額が対象期間(通常は半期)中に、25万円以上あると、利用金額に応じてボーナスポイントが貰えます。

利用金額とボーナスポイントについて

利用額合計 ポイント付与
25万円以上 500pt
50万円以上 1,000pt
100万円以上 2,500pt
150万円以上 7,500pt
200万円以上 10,000pt

サークルプラスポイントの現金交換レートについて

SBIレギュラーカードの現金交換レート

ポイント キャッシュバック金額 還元率
3,000pt 1,200円 0.40%
5,000pt 2,000円 0.40%
10,000pt 5,000円 0.50%

SBIゴールドカードの現金交換レート

ポイント キャッシュバック金額 還元率
3,000pt 1,800円 0.60%
5,000pt 3,000円 0.60%
10,000pt 8,000円 0.80%

SBIプラチナカードの現金交換レート

ポイント キャッシュバック金額 還元率
3,000pt 2,000円 0.67%
5,000pt 4,000円 0.80%
10,000pt 10,000円 1.00%

サークルプラスポイント交換方法について

会員専用ページにログインして、「ポイント→キャッシュバック」をクリックし、カードと金額を選択して「交換する」をクリックします。

さらに、「お申し込み」をクリックすると、設定している優先口座にキャッシュバック金額が振り込みがされます。

なお、交換に伴う手数料は一切かかりません。

SBIポイントとは?

SBIポイントは、SBIグループの共通ポイントです。貯まったポイントは、現金や電子マネーや共通ポイントさらに、商品へ交換することができます。

SBIポイントが貯めやすいのはSBI証券とSBIポイントモールの2つがメインです。

とくにSBI証券では、取引や投資信託保有だけでポイントが貰えます。

SBI証券
SBI証券で獲得できるSBIポイントの内容拡充したのでの貯め方や使い方などを解説

SBI証券で投資信託の保有などでSBIポイントというSBIグループの共通のポイントが貯まり、現金やTポイント、マイルなどに交換できるプログラムがあります。 2016年4月1日からSBI証券での国内株式 ...

続きを見る

SBIポイントは現金への交換も可能

SBIポイントは現金に交換が可能です。

交換レートは、通常よりもグループネットバンクである住信SBIネット銀行を指定したほうが高くなります。

さらに、SBIカード株式会社が発行するクレジットカードであるSBIレギュラーカード、SBIゴールドカード、SBIプラチナカードを所有していると交換レートはもっと高くなるうえに、10,000ポイントを交換する場合はもっともレートが良くなります。

SBIポイントを現金に交換する場合の通常のレート

現金交換先 指定の全国の金融機関
(ゆうちょ銀行を除く)
住信SBIネット銀行
交換レート 1ポイント=0.8円 1ポイント=0.85円
交換手数料 165円 0円
最低交換ポイント 1,000ポイント以上 500ポイント以上
交換単位 100ポイント単位 50ポイント単位
1回あたり最大交換P数 30,000ポイント 50,000ポイント
月間最大P数 なし なし
交換予定日 申込みから3営業日以内 申込みから3営業日以内
振込返却手数料 165ポイント 51ポイント
組戻手数料 864ポイント 864ポイント

SBIポイントを現金に交換する場合のSBIカード(MasterCard)会員のレート

交換ポイント 5,000ポイント交換の場合 10,000ポイント交換の場合
現金交換先 住信SBIネット銀行 住信SBIネット銀行
交換レート 1ポイント=1円 1ポイント=1.2円
交換手数料 0円 0円
最低交換ポイント 5,000ポイント 10,000ポイント
交換単位 5,000ポイント単位 10,000ポイント単位
1回あたり最大交換P数 5,000ポイント 50,000ポイント
月間最大P数 なし なし
交換予定日 申込みから3営業日以内 申込みから3営業日以内
振込返却手数料 51ポイント 51ポイント
組戻手数料 864ポイント 864ポイント

SBIポイントは電子マネーや共通ポイントへの交換も可能

SBIポイントは電子マネーや共通ポイントへの交換も可能で、電子マネーならば等価交換です。

電子マネーや共通ポイントへの交換レート

交換先 必要SBIポイント 交換後のポイント
Tポイント 500ポイント 500Tポイント
nanacoポイント 500ポイント 500ポイント
Suicaポイント 500ポイント 500ポイント
JALマイル 900ポイント 300マイル
JTBトラベルポイント 500ポイント 400ポイント
PeXポイント 500ポイント 4000ポイント
ポイントオンのポン 500ポイント 1000ポイント
ネットプライスポイント 500ポイント 500ポイント

サークルプラスポイントとSBIポイントの現金レートの比較

SBIポイントのレートは住信SBIネット銀行の口座を現金交換先に指定した場合は、通常は、1ポイント0.85円、SBIカード(MasterCard)会員ならば、1ポイント1円か1.2円です。

サークルポイントからSBIポイントへの還元率は、最高でも68%ですので、交換してもあまり美味しくはありません。

たとえば、プラチナならば、サークルポイント5,000ポイントをSBIポイントに交換しても3400ポイントにしかなりませんので、サークルポイントを現金に交換(5,000ポイントは4,000円)にしたほうが得です。

(SIBポイント3400ポイントを現金に交換した場合のレートは0.85円/ポイントなので、2,890円にしかならない。)

交換して、SBIポイントが1万ポイント達成するならば交換する価値も出ますが、それ以外はサークルポイント自体で利用したほうが良いでしょう。

サークルプラスポイントをSBIポイントへ移行した場合の有効期限は?

ちなみに、サークルプラスポイントをSBIポイントへ移行した場合の有効期限は、移行した月の月末より2年後の月末です。その前までにポイントを使い切るようにしましょう。

住信SBIネット銀行のスマートプログラムポイント独自ポイントで交換できません

蛇足ですが住信SBIネット銀行で貯まるスマートプログラムのポイントはSBIポイントやサークルプラスポイントとの交換はできません。ご注意ください。

うれしい
住信SBIネット銀行スマートプログラム導入したのでランクによってサービスは変わります

住信SBIネット銀行が2016年1月よりスマートプログラムという顧客の利用実績に応じてサービスが変わるなどの新たなプログラム制度を導入します。 詳細を確認してみましょう。 ※平成29年4月から大幅に変 ...

続きを見る

SBI証券の新規口座開設キャンペーンも実施中です

最強のネット証券として評判も高いSBI証券の新規口座開設キャンペーンも実施しています。詳細は以下のページで解説しています。

最大10万円が貰えるSBI証券新規口座開設キャンペーンを徹底解説

個人投資家が最も利用しているSBI証券が最大10万円がもらえる口座開設キャンペーンを実施中ですので、徹底解説します。 まずはキャンペーン内容を確認してみましょう。 ※SBI証券の公式ページによる詳しい ...

続きを見る

 

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大15,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう(最新記事をお届けします)

Twitterで管理人アカウントを

X-lift(クロスリフト)


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


  • この記事を書いた人

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

http://ichiokuen-wo.jp/

-サービス
-, , , ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 All Rights Reserved.