投資

GMOコインの口座開設方法や用意すべき本人確認書類など注意点を解説します

暗号資産(仮想通貨)の取引所GMOコイン。

そのGMOコインの口座開設方法や用意すべき本人確認書類など注意点を解説します。

GMOコインとは?

GMOコインは、東証一部上場のGMOインターネットグループの暗号資産FX・売買サービスです。

販売所のほかにも、現物取引とレバレッジ取引が可能な取引所、暗号資産FXの3つの取引ができます。

口座開設費用や口座維持費用さらに入金と出金手数料も無料です。

公式情報GMOコイン

GMOコインの取扱銘柄は?

GMOコインの取扱銘柄は以下のとおり。ビットコインはもちろん人気のアルトコインも含むラインナップです。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • リップル
  • ネム
  • ステラルーメン
  • ベーシックアテンショントークン
  • オーエムジー
  • テゾス
  • クアンタム

GMOコインの不正対策は?

以下のとおりです。また、預託された資産は、GMOコインの資産と分別して管理し、毎営業日毎に算定し照合も行っています。

  • 2段階認証
  • ログイン通知
  • 24時間監視
  • 定期的な脆弱性診断
  • 脆弱性情報収集

GMOコイン

GMOコインの口座開設できる人とできない人は?

口座開設できる人

GMOコインの口座を開設できる方は、以下のとおりです。

  • 日本国内に居住する20歳以上の個人の方
  • 自身の責任と判断により、取引を行える方
  • 各種約款、交付書面等の内容について承諾し、かつ電磁的交付を受けることに同意できる方
  • 外国の重要な公人(外国PEPs)でない方
  • 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していない方
  • 登録するメールアドレスまたは電話番号が他の口座開設者と重複していない方
  • GMOコインに提供する登録情報に虚偽や誤記、記載漏れがない方
  • 自身のメールアドレスおよび電話番号を持ち、GMOコインからの連絡にいつでも応じられる方

口座開設できない人は?

GMOコインの口座開設ができない方は、未成年の方(20歳未満の方)と海外在住の方です。

ちなみに、日本国内に住む外国籍の方は、口座開設が可能です。

GMOコイン

GMOコインの口座開設方法

GMOコインの口座開設は、すべてWeb申込となります。

書類での申込は取り扱っていません。

口座開設フォームからメールアドレスを登録

GMOコインのWebページから「いますぐ口座開設」を選択し、メールアドレスを入力後、「私はロボットではありません」のチェックボックスを選択します。

「reCAPTCHA」のセキュリティ認証が始まるため、画面の指示に従って操作を進め、チェックが入った後、「無料口座開設」を選択します。

その後、登録したメールアドレス宛てに「パスワード設定」のメールが送信されます。

パスワードと2段階認証の登録

送信されたメールに記載されたリンクを選択し、パスワード設定画面のフォームに任意のパスワードを入力します。

その後、確認のために真下の入力フォームにもう一度パスワードを入力し、「設定する」を選択したら、設定は完了です。

パスワードの設定をすると、2段階認証の設定画面が表示されるため、2段階認証に使用する電話番号を入力し、「コードを送信」を選択します。

表示される電話番号を確認の上、誤りがなければもう一度「コードを送信する」を押下します。

その後、送信された2段階コードを入力し、「認証する」を選択すれば、2段階認証は完了です。

「開設申込へ進む」から、顧客情報の登録へと進みます。

顧客情報の登録

ログイン後、顧客情報を登録します。

必須の基本情報を入力後、利用規約を確認の上同意欄にチェックを入れ、「確認画面へ」を選択します。

内容に間違いがなければ、「登録」を選択して基本情報の登録を完了させます。

その後は、取引に関する情報の登録に進みます。

入力後、「確認画面へ」を選択し、同じように間違いがなければ、「登録」を選択で顧客情報の登録はすべて完了します。

本人確認の手続き

本人確認の手続き方法を以下の3つの中から選択します。

  • かんたん本人確認
  • 画像アップロード
  • 配達員へ提示

「かんたん本人確認」の場合、自身の顔と本人確認書類1点を画面の指示に従って撮影します。

口座を開設するための郵送物の受け取りが不要となるため、最短で口座開設をしたい方には、この方法がおすすめです。

かんたん本人確認の場合

「かんたん本人確認」を選択した方は、審査終了後にメールにて「口座開設コード」が届きます。

口座開設コードをログイン後の「会員ホーム」の画面で入力し、「口座開設」を選択します。

最後に2段階認証を入力すれば、口座開設は完了です。

画像アップロードの場合

「画像アップロード」を選択した方は、「画像アップロード」の選択後、2点の書類を順番に提出すれば、会員ページ上での申込は完了です。

配達員へ提示の場合

「配達員へ提示」を選択した方は、会員ページ状では本人確認書類の提出はありません。

「口座開設のお知らせ」の配送時に、配達員に本人確認書類を提示し、本人確認を行います。

よって、「配達員へ提示を申し込む」を選択すれば、会員ページ上での申込は完了です。

口座開設コードの入力(画像アップロード、配達員へ提示の場合)

「画像アップロード」または「配達員へ提示」を選択した方は、審査終了後、郵送で「口座開設コード」が届きます。

口座開設コードをログイン後の「会員ホーム」の画面で入力し、「口座開設」を選択します。

最後に2段階認証を入力すれば、認証後に口座開設手続きが完了します。

必要な本人確認書類

GMOコインの口座開設に必要な本人確認書類は以下の通りです。

かんたん本人確認の場合

かんたん本人確認の場合は、下記のうちいずれか1点を提出します。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 在留カード(外国籍の方)
  • 特別永住者証明書(外国籍の方)

画像アップロードの場合

画像アップロードの場合は、下記のうちいずれか2点を提供します。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 住民票の写し
  • 住民票記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 在留カード(外国籍の方)
  • 特別永住者証明書(外国籍の方)

配達員へ提示の場合

配達員へ提示の場合は、下記のうちいずれか1点を掲示します。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)

いずれも登録の基本情報が確認できる、有効期限内のものを提出してください。

口座開設申込から取引開始までの日数

口座開設申込から取引開始までの日数は、通常審査に通過する0~2日営業日です。

審査の手続き状況により、これより時間がかかることもあります。

ぜひシェアお願いします

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

役立つサイト

金融庁

日経新聞 金融機関ニュース

日本銀行 Bank of Japan

相互リンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、週刊現代女性セブンさらに日経ヴェリタスなどでコメントする定期預金ウォッチャー。投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-投資

© 2021 1億円を貯めてみよう!chapter2