銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

投資

イーサリアムの特徴や購入方法を徹底解説しました

投稿日:2017年2月8日 更新日:

イーサリアムは仮想通貨の一つで、ビットコインに次ぐ取引量を誇る通貨です。

特徴や購入方法を解説します。

スポンサーリンク

イーサリアムの特徴

イーサリアムは分散型アプリケーション (DApps) やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの名称、及び関連するオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称です。

ビットコインなどの仮想通貨は、通貨取引履歴を分散管理(P2Pのネットワーク上でブロックチェーンに記録していくシステム)していますが、イーサリアム自体は、スマートコントラクトという通貨の取引条件すら記録するところがビットコインとは決定的に異なります。

イーサリアムクラッシクとは違います

2016年に360万イーサ(時価52億円)が何者かにハッキング被害にあいました。その対策として、イーサリアムをハッキングできないようにハードフォークという対応をして被害にあった通貨を使えないようにしたのですが、これに反対した技術者集団がイーサリアムクラッシックという仮想通貨を立ち上げました。

イーサリアムクラッシックはイーサリアムとは別の通貨であり、現時点では流通量も少ないので、注意してください。

今後、イーサリアムクラッシックが化ける可能性は無いとはいいませんが、ただでさえ仮想通貨は価格変動が激しい(ボラティリティが高い)ので、流通量が少ない仮想通貨に交換することはリスクが大変たかまります。

噂のイーサリアムETF(上場投資信託)は?

現時点ではビットコインを含めて仮想通貨のETFは承認はおりていません。

ビットコインETFについては、2017年3月10日に米国取引等証券監視委員会(SEC)により申請却下されましたが、再審査が再考されると報道があり、ビットコイン自体は急騰しています。

また、イーサリアムは米国取引等証券監視委員会(SEC)においてイーサリアムETCの審査が進んでいるとの報道があり、ビットコインよりも先に承認される可能性があります。

仮想通貨のETFが組成されるとどうなるのか?

ETFが組成されると、証券取引市場で売買されます。仮想通貨を購入したいけど、専用仮想通貨取引所を開くのは手間と考える投資家や機関投資家などが売買に動く可能性が高く、元となる商品の流通量が増える可能性があります。

ETFの承認が降りた場合は、これを目当てに一旦高騰する可能性は否定しません。

イーサリアムの購入方法

お手軽なのは大手金融機関が出資しているbitFlyerを利用するのが手っ取り早いのですが、bitFlyerの取引所しか売買できないため手数料が発生するうえにビットコインがないとイーサリアムが売買できません。

ただし、bitFlyerは国内の取引量も最も多く、チャート豊富なうえに使いやすいので初心者向けの仮想通貨取引所といえます。

公式情報bitFlyer

日本円でイーサリアム購入できるのはCoinCheckという取引所で、手数料も発生しませんが、運営元のコインチェック株式会社(英語表記:Coincheck,inc.)自体の資本力も少なく一抹の不安ありますし、先日も傷害発生により入出金や売買が停止になりました。

公式情報ビットコイン(Bitcoin)を最短10分で購入 | Coincheck(コインチェック)

ほかにもあるのですが、ちょっと紹介するのも気が引けるレベルのところもあります。

安全性を求める方ならばbitFlyer、安全性などは置いておいて、少しでもコストを低廉にという方はCoinCheckでしょうか。管理人はbitFlyerを利用していますけどね。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

LiveDwangoReaderLive Dwango Readerに登録する

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

関連コンテンツ1

こちらの記事もオススメです

銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめ

現金やポイントなどがもらえるお得なネットバンクや証券会社などの口座開設キャンペーンまとめ

過去に紹介した銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめました。このページは随時更新していきます。 このエントリーの目次ネットバンクの口座開設キャンペーン新生銀行Tポイントプログラム管理人オスス ...

続きを見る

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ

うれしい
定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(冬から夏のボーナス時期の比較)【2017年4月・5月・6月・7月・8月・9月・10月・11月・12月】

現在実施している当ブログで公開した高金利の定期預金ネタをまとめたページです。(随時更新版) 最低でもメガバンクの定期預金の金利の20倍以上の金利を出す高金利の定期預金を取り扱う金融機関は、まだまだたく ...

続きを見る

超短期の定期預金の金利ランキング

1週間定期預金と2週間定期預金の金利ランキング【円貨版】

日本国内の金融機関が取り扱う超短期の定期預金を金利をランキング形式で紹介します。取り扱い数が少ないので、1週間と2週間の定期預金をまとめて紹介します。金利が変更になった場合は随時更新します。 このエン ...

続きを見る

普通預金の金利ランキング

ネットバンクや地方銀行や信用金庫のインターネット支店の普通預金の金利ランキング【随時更新版】

全国どこに住んでいても口座開設可能かつインターネットを利用して取引可能なネットバンクや地方銀行や信用金庫などのインターネット支店の普通預金の金利ランキングを公表します。 メガバンクや地方銀行などの金融 ...

続きを見る

高還元率のクレジットカードまとめ

おすすめの原則年会費無料で高還元率のクレジットカードまとめ

普段皆さんどんなクレジットカード使っていますか? 普通のクレジットカードの還元率は0.5%で、10,000円買い物したら、50円分程度のポイントしかつきません。 ここで紹介するクレジットカードは、どれ ...

続きを見る

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

当ブログでカーライフに最適なクレジットカードを紹介した記事をまとめました。 自動車を乗るならば高速道路のETC割引やガソリンスタンドの割引を考えるとクレジットカードが持っていないと正直言って話しになり ...

続きを見る

2,000円分のポイントが貰えます

Uポイントが2,000点もらえるUCSカードインターネットでの入会限定キャンペーン実施中です

UCSカードの新規入会キャンペーンをピックアップします。 このキャンペーンは、Uポイントが最大2,000点もらえるインターネットでの限定キャンペーンです。詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目 ...

続きを見る

資金移動の禁断の裏ワザ

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

ネットバンク、地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合などは高利の定期預金を募集していますが、ネックが満期資金を移動させるときに、振込み手数料が発生することです。 そこで、無料で資金移動させる ...

続きを見る

-投資
-,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 AllRights Reserved.