1億円を貯めてみよう!chapter2

銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

インデックス投資ナイト2015速報その2(続いて第二部のインデックス講座「あなたの知らないインデックスの世界」) #idxnght #iiv

time 2015/07/04

インデックス投資ナイト2015速報その2(続いて第二部のインデックス講座「あなたの知らないインデックスの世界」) #idxnght #iiv

2015年7月4日にお台場カルカル(東京カルチャーカルチャー)にて開催したインデックス投資ナイト2105の速報の第二弾です。第一弾は以下のページをご覧ください。

インデックス投資ナイト2015速報その1(まずは第一部のブロガー座談会 「私たちインデックス投資をやってます」)#idxnght #iiv 

誤字脱字が多いかと思いますが、あとで修正しますのでご容赦ください。

スポンサーリンク

インデックス投資ナイト第二部:インデックス講座「あなたの知らないインデックスの世界」

世の中には日経225TOPIXMSCIコクサイなどよく知られている有名なインデックスから、あまり知られていないインデックス、そしてスマートベータのような新しいインデックスなどたくさんのインデックスが存在します。こうしたインデックスはそれぞれどのようなものなのか、最新動向などをイボットソンアソシエイツの小松原さんにうかがいます。

ということで、イボットソンアソシエイツの小松原さんが登壇されスタートです。

スポンサーリンク

とめどめない議事録

小松原氏の講義のはじまりです。パワーポイントを利用した講義です。写真取っている暇が無いので、分かりにくいかと思いますがご容赦を。

インデックスって何ってことで、主要資産クラスの累積リターンを過去13年の動きでみていただくと、ほとんど同じ動きをしていますよね。かなり長い期間でみると、相関関係が近いのではないかなと思いますがリスクリターンに置き換えてみると、ハイリスクハイリーターンなもの、ローリスクローリターンものということで、全く違うことがわかりますよね。

日本債券はもっともリスクが低いがリターンが低い、新興国株式はリスク高いがリターンも高い。先進国株式は全体からみるとミドルリスクミドルリターンに見えるが、リスクレベルではそこそこ高い。
こうやってみると、リスクが低くてリターンが高いものは世の中には無いということ。注意しなければならにのはリスクがそこそこ高いわりにリターンが少ない商品。コモディディなどがそうですね。

最近はスマートベータ、日本においては、JPX400など、またバリューインデックスなどがありますね。

日本株だけをみるとリターン格差を紹介したい。日本株の代表的な日経225やTOPIX以外にJPX400などが発生してきたり、ミニボルと呼ばれたリスクを非常抑えたインデックスがある。

TOPIXは時価総額と異なるインデックスに投資すれば、リスクを低減を計れたり、リターンの向上が図れる場合がある。

成長性の高いグロース株、割安であるバリュー株さらに、サイズ割合のラージ、スモールなどがある。そういったインデックスがグロースよりも高いというのが過去の実証で出ている。

TOPIXが注目されがちですが、そのようなインデックスを投資対象として考えても良いのではないかということ。外国株においても同じようなことがいえる。リスクを抑えた商品でリターンが高い商品、リスクが中位でリターンも高い商品、いろいろとあるのが表を見てお分かりになると思う。

このように世の中には、様々なインデックスがたくさんあるので、そいうったものに投資するのも一つの手段である。海外は、時価総額以外の様々なETFやファンドが出ているので、組み合わせていろいろとできるのではないかと思もう。ただし気を付けほしいのが、銘柄構成。各ファンドの構成比率が違うということ。

バリュー、グロースの割合は時価総額だと同じくらいだが、JPX400や日経225はバリュー株が多かったり、低かったりしているので、相場環境の変化によって、マーケットの変動した場合に、価格の変動が異なること。たとえば、景気の上昇局面だといいが、景気の後退局面では悪い指数があるので、インデックスの中身を把握するなど事前に分析してほしい。

投資をするときのおススメの分析方法ですが、マーケットが上がるのか、マーケットが下がるのかをみるとTOPIXは中央に位置してマーケットが下がるときも下がるけど、上がるときも上がる。下がるときに思いっきり下がるものがある。上昇局面のベータと下降局面のベータをインターネットなどで取得して分析してほしい。

大型バリューと大型グロースのリターンは、平均リターンと全くことなる(大型バリューのほうが高い)ことに注目してほしい。

今日は、皆さんに市場インデックスからの呪縛から解放してほしい。TOPIXばかりみないで、細分化されたバリューやグロース、大型や小型など様々な商品があるので、いらないものに投資する必要はないのではないかと思う。ぜひ皆さん取捨選択をしてほしいと思う。私は、結びとして以下の3点をお伝えしたい。

  • インデックス選びはアクティブに!
  • 市場インデックス呪縛からの解放
  • リスク・プレミアム(収益厳選)の活用による投資

以上です。ご清聴ありがとうございました。(場内拍手)

インデックス投資ナイト第三部へ続く

以上、第二部インデックス講座「あなたの知らないインデックスの世界」でした。

間違い等あればあとで修正します。

第三部は1時間の長丁場ですが大丈夫ですか?>わたし

インデックス投資ナイト2015速報その3(最後は第三部の座談会 「アセットアロケーションの考え方ってどうすればいい?」)#idxnght #iiv 

【参考】インデックス投資ナイト2015参加したブロガーの記事まとめ

実行委員、登壇された方、さらに実際に参加されたブロガーの記事をまとめましたので、ぜひご覧ください。

インデックス投資ナイト2015のブロガー記事総まとめと個人的雑感。それとおまけ #idxnght | 1億円を貯めてみよう!chapter2

 

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関キャンペーンを紹介していきます。
いち早く情報を手に入れたい方は、以下のバナーによるRSS登録やのtwitterアカウントのフォローをおすすめします。
フェイスブックページもやっていますよ。

Subscribe with livedoor Readerfollow us in feedlyRSSRSSRSS

※さらに有益な情報をお探しの方は以下のバナーをクリックしてみてください

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

ブログランキングブログランキングならblogram

スポンサーリンク


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

こちらの記事もオススメです

スポンサーリンク


おすすめのネットバンク


スポンサーリンク

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

マネックス証券

当ブログ限定キャンペーン

書いた人

すぱいく

すぱいく

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。投資ブロガーを装った単なるキャンペーン屋。インデックス投資家を装った単なる積立マニア。 毎朝8時にブログを更新している暇人。画伯のマネージャー。飲み会秘密結社幹事。 [詳細]

逆アクセスランキング

アーカイブ

ご意見・ご感想について

ご意見・ご感想・ご質問はこちらからお願いします
PVアクセスランキング にほんブログ村 フィードメーター