スマホ

投資

スマホ証券One Tap BUYはわずか1,000円から投資できるうえに高校生はもちろん子供でも口座開設できます

2017年1月9日

わずか1,000円からスマホで株式投資できるOne Tap BUYの口座開設や特徴などを徹底解説します

スマホ証券One Tap BUYとは?

One Tap BUYとは、スマホアプリのみトレードできるネット証券で、ソフトバンク、NTT、Yahooやみずほグループさらに、ベンチャーキャピタルの出資をうけています。

特徴はスマホだけで取引できるうえに、かつ24時間365日売買できるというところですね。

入金した資金はみずほ信託銀行が保管・管理し、有価証券は株券保管預託機構で分別管理されます。また、必要に応じて投資者保護基金の保全も受けることができます。

スマホ証券One Tap BUYの口座開設や維持にお金かかるの?

スマホ証券One Tap BUYの口座開設や維持にお金はかかりません。

19才以下の子供でも口座開設可能

0歳から19歳の方でもOne Tap BUYの口座を開設することができます。(U19口座)

15歳から19歳の方の口座開設について

15歳から19歳の未婚の未成年者であってもOne Tap BUYの口座開設は可能ですが、口座開設時に未成年者との続柄を証明する書類と、親権者から「同意書」の提出が必要です。

よって、One Tap BUYは、高校生でも取引ができますが、1回の取引上限が10万円に制約される以外は通常の口座となんら変わりありません。

なお、未成年者の方が婚姻された場合は、成人口座に変更になりますので、その場合はカスタマーサービスに連絡して手続きする必要があります。

0歳から14歳の方の口座開設について

親権者が取引をする必要があるため、まず、親権者のOne Tap BUY口座が必要になります。さらに、親権者の本人確認と未成年者との続柄を証明する書類と、親権者から「同意書」の提出が口座開設するためには必要です。こちらも、1回の取引上限が10万円に制約されます。

スマホ証券One Tap BUYの特徴について

  • 最低1,000円から投資可能
  • 手数料は無料。ただし株価や為替にスプレッドがかかる
  • 米国株式と日本株に投資できる
  • 積立も可能
  • 利益分のみ売却可能

最低1,000円で投資可能

投資金額は最低1,000円からで1,000円単位でできます。

実際に購入できる株数は以下のとおりです。

  • 購入金額÷為替レート÷株価(ドルベース)=購入できる株数

手数料は無料だけど為替レートと株価にスプレッドがついている

売買手数料や売却時の現地取引費用などは一切かかりません。

ただし、株価及び外国株の場合は為替レートにスプレッドが加味されていますので、そこで収益を得る証券会社ということになります。

外国株の為替レートのスプレッド

TSS±35銭

株価のスプレッド

基準価格±(基準価格×0.5%)

売却は利益分だけでもできる

売却は利益分だけ売却することもできます。

銘柄は米国株式と日本株の170銘柄

銘柄はスマホ証券One Tap BUYが厳選した170銘柄です。

スマホ証券One Tap BUY 米国株の取扱銘柄(全40銘柄)

銘柄名(英語) 銘柄名(日本語) ティカー 業種
Adobe アドビシステムズ ADBE アプリケーション・ソフトウェア
amazon.com アマゾンドットコム AMZN Eコマース
Boeing ボーイング BA 航空機・部品
Booking Holdings ブッキング・ホールディングス BKNG インターネットベース・サービス
CAT キャタピラー CAT 建設・鉱業用機械
COSTOCO コストコ COST 大規模小売店
Salesforce セールスフォース・ドットコム CRM アプリケーション・ソフトウェア
CISCO シスコシステムズ CSCO 通信機器
Disney ウォルト・ディズニー DIS 娯楽コンテンツ
Facebook フェイスブック FB インターネットメディア
GE ゼネラル・エレクトリック GE 電力設備
GM ゼネラル・モーターズ GM 自動車
Google アルファベット GOOGL インターネットメディア
GAP ギャップ GPS 専門衣料小売り店
Goldman Sachs ゴールドマン・サックス GS 機関投資家向け証券仲介
hp エイチピー・インク HPQ コンピューターハードウェア・ストレージ
IBM IBM IBM ITサービス
Intel インテル INTC 半導体素子
Coca Cola コカ・コーラ KO 飲料
McDonald's マクドナルド MCD レストラン
Mondelez モンデリーズ MDLZ 加工食品
Netflix ネットフリックス NFLX インターネットメディア
Microsoft マイクロソフト MSFT インフラ・ソフトウェア
Nike ナイキ NKE 衣料、履物・装身具デザイン
NVIDIA エヌビディア NVDA 半導体素子
Pfizer ファイザー PFE 大手製薬会社
P&G P&G PG 家庭用品製造
PayPal ペイパル・ホールディングス PYPL 消費者金融
STARBUCKS スターバックス SBUX レストラン
Square スクエア SQ 消費者金融
tapestry タペストリー TPR 専門衣料小売り店
TESLA テスラ TSLA 自動車
Twitter ツイッター TWTR インターネットメディア
VISA ビザ V 消費者金融
Exxon Mobil エクソンモービル XOM 石油
Xerox ゼロックス XRX 事務用電子機器
SPY SPDR(スパイダー)S&P500 ETF SPY 米国ETF
SPXL Direxion Daily S&P500 Bull 3X ETF SPXL 米国ETF
SPXS Direxion Daily S&P 500 Bear 3X ETF SPXS 米国ETF

スマホ証券One Tap BUY 日本株取扱銘柄(全130銘柄)

銘柄名 銘柄コード 業種
旭化成 3407 化学
アサヒグループホールディングス 2502 食料品
味の素 2802 食料品
アステラス製薬 4503 医薬品
アドバンテスト 6857 電気機器
アンリツ 6754 電気機器
イオン 8267 小売業
出光興産 5019 石油・石炭製品
伊藤忠商事 8001 卸売業
UUUM 3990 情報・通信業
AGC 5201 ガラス・土石製品
エービーシー・マート 2670 小売業
SMC 6273 機械
エムスリー 2413 サービス業
NTTドコモ 9437 情報・通信業
オムロン 6645 電気機器
オリエンタルランド 4661 サービス業
オリックス 8591 その他金融業
オリンパス 7733 精密機器
花王 4452 化学
カシオ計算機 6952 電気機器
カプコン 9697 情報・通信業
カルビー 2229 食料品
かんぽ生命保険 7181 保険業
キーエンス 6861 電気機器
キッコーマン 2801 食料品
キヤノン 7751 電気機器
京セラ 6971 電気機器
キリンホールディングス 2503 食料品
KDDI 9433 情報・通信業
コーセー 4922 化学
コナミホールディングス 9766 情報・通信業
小林製薬 4967 化学
小松製作所 6301 機械
サイバーエージェント 4751 サービス業
SUMCO 3436 金属製品
JXTGホールディングス 5020 石油・石炭製品
塩野義製薬 4507 医薬品
シスメックス 6869 電気機器
資生堂 4911 化学
シマノ 7309 輸送用機器
しまむら 8227 小売業
昭和電工 4004 化学
信越化学工業 4063 特殊化学品
スクウェア・エニックス・ホールディングス 9684 情報・通信業
SCREENホールディングス 7735 電気機器
スズキ 7269 輸送用機器
SUBARU 7270 輸送用機器
住友商事 8053 卸売業
積水ハウス 1928 建設業
セコム 9735 サービス業
Zホールディングス(旧社名「ヤフー」) 4689 情報・通信業
セブン&アイホールディングス 3382 小売業
そーせいグループ 4565 医薬品
ソニー 6758 電気機器
ソフトバンク株式会社 9434 情報・通信業
ソフトバンクグループ 9984 情報・通信業
第一三共 4568 医薬品
第一生命ホールディングス 8750 保険業
ダイキン工業 6367 機械
ダイフク 6383 機械
太陽誘電 6976 電気機器
武田薬品工業 4502 医薬品
中外製薬 4519 医薬品
ディー・エヌ・エー 2432 サービス業
TDK 6762 電気機器
ディスコ 6146 機械
テルモ 4543 医薬品
デンソー 6902 輸送用機器
東海旅客鉄道 9022 陸運業
東京エレクトロン 8035 半導体製造
東京海上ホールディングス 8766 保険業
東芝 6502 電気機器
東宝 9602 情報・通信業
東レ 3402 繊維製品
東ソー 4042 化学
TOTO 5332 ガラス・土石製品
トヨタ自動車 7203 輸送用機器
ニチレイ 2871 食料品
日産化学 4021 化学
日産自動車 7201 輸送用機器
日清食品ホールディングス 2897 食料品
ニトリホールディングス 9843 家庭用品小売り業
日本オラクル 4716 情報・通信業
日本たばこ産業 2914 食料品
日本電気 6701 電気機器
日本電産 6594 電子部品
日本電信電話 9432 情報・通信業
任天堂 7974 その他製品
ネクソン 3659 情報・通信業
パナソニック 6752 電気機器
バンダイナムコホールディングス 7832 その他製品
東日本旅客鉄道 9020 陸運業
日立製作所 6501 電気機器
ファーストリテイリング 9983 小売業
ファナック 6954 電気機器
富士通 6702 電気機器
富士フイルムホールディングス 4901 化学
ブリヂストン 5108 ゴム製品
HOYA 7741 精密機器
本田技研工業 7267 輸送用機器
マツダ 7261 輸送用機器
みずほフィナンシャルグループ 8411 銀行業
三井住友フィナンシャルグループ 8316 銀行業
三井物産 8031 卸売業
三井不動産 8801 不動産業
三菱ケミカルホールディングス 4188 化学
三菱重工業 7011 機械
三菱商事 8058 卸売業
三菱地所 8802 不動産業
三菱電機 6503 電気機器
三菱UFJフィナンシャル・グループ 8306 銀行業
村田製作所 6981 電気機器
明治ホールディングス 2269 食料品
メルカリ 4385 情報・通信業
安川電機 6506 電気機器
ヤマダ電機 9831 小売業
ヤマトホールディングス 9064 陸運業
ヤマハ発動機 7272 輸送用機器
ユニ・チャーム 8113 化学
楽天 4755 サービス業
リクルートホールディングス 6098 サービス業
良品計画 7453 小売業
ルネサスエレクトロニクス 6723 電気機器
ローム 6963 電気機器
ワークマン 7564 小売業
日経ダブルインバETF 1357 その他
日経レバレッジETF 1570 その他
日経インバースETF 1571 その他
日経225上場投信 1321 その他

メガバンクやゆうちょ銀行・南都銀行ならば送金の手間なく買付可能

みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行・南都銀行さらに、ソフトバンクカードやドコモの口座に残高があれば、送金をしなくてもスマホだけで株が購入できます。(サービス名は、銀行においたまま買付)

だたし、銀行においたまま買付の取引単位は1万円以上1万円単位となりますし、手数料が発生しますので御注意ください。(キャンペーンにつき2019年12月まで手数料は無料)

おいたまま買付の送金手数料について

種類 条件 送金手数料
銀行 2万円以上 無料
2万円未満 110円
ソフトバンクカード 1回あたり 152円
ドコモ口座 1回あたり 152円

スマホ証券One Tap BUYは個別株の投資を初めてする方にオススメのサービスです

スマホ証券One Tap BUYは銘柄数が少ないので本格的にトレードする方には全く不向きの証券会社ですが、逆にお手軽に投資をしたいという方には場所を選ばずにトレードできるのでオススメです。

手数料はネット証券に比べて高いのが難点ですので、投資をやったことがない方が入口用としてお使いいただき、なれて本格的なトレードをしたくなったら、大手ネット証券を利用することをオススメします。

プレゼント
ネット証券の口座開設キャンペーンまとめ

ネット証券の口座開設キャンペーンをまとめて紹介します。 期間限定キャンペーンが多いのですぐに口座開設しないと結局は損してしまうことになりますのでご注意ください。 ...

スマホ証券One Tap BUYの公式情報はこちら

公式情報One Tap BUY(ワンタップバイ)「日本株」

公式情報One Tap BUY(ワンタップバイ)「米国株」

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

金利1%の定期預金の作成するには?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017-2018

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


スマートプラス『STREAM』開設プロモーション
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-投資
-

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2019 All Rights Reserved.