世界分散投資

大和証券 iDeCo

投資

【寄稿記事】今週の相場見通しについて(2019年12月09日~2019年12月13日)

知人の金融関係者に寄稿してもらい毎週1回、今週の相場見通しをお届けします。

皆さんの投資検討する時の参考にしてください。

とりあえず試しに1か月程度配信してもらうことを考えていますが、反響次第でさらに延長も検討します。感想などをお教えいただければ、ありがたいです。

なお、当ブログに寄稿を希望されるブロガーさんがいらっしゃいましたら、こちらからご連絡くださいませ。

感想・問い合わせ - 1億円を貯めてみよう!chapter2

相場見通し(2019年12月09日~2019年12月13日)

皆さん初めて、金融関係の仕事にしているtakashiです。

今週の相場見通しを毎週お届けしますのでよろしくお願いします。

さて、2019年12月9日~12月13日の週は、15日に米国による対中関税第4弾を前に、関連ヘッドラインが相場を左右するだろう。

米中貿易協議の第一段階の合意について、米中両国は緊密に協議を進めていることを明らかにしている。

5日には、トランプ米大統領が「非常に重要な協議をしているところだ。様子を見守る必要がある」と述べ、15日の関税発動について慎重な姿勢を示したことが、市場では好感された。

その一方で、5日の「米中は米農産品の購入額を巡って、以前として対立している」との米ウォールストリート・ジャーナルの報道や、6日にクドロー米国家経済会議委員長が、米CNBCのインタビューに対し、「米中貿易協議の第一段階の合意は近い」としながらも、「トランプ米大統領は中国との貿易合意に署名する用意ができていない」と発言したことが相場の重しとなった。

本原稿の執筆時点(12月7日午前3時時点)では、15日の対中関税発動が回避される可能性が高いとの見方が強いものの、既述のように不確定要素が多い。

米中貿易協議の第一段階の合意は、中国は対中関税の撤廃を求め、米国が400~500億ドル相当の米農産品の購入を求めている。

なお、中国の米農産品の購入は、米中貿易摩擦以前の2017年には195億ドルだったことから、米国の要求額は、これまでの2倍以上となる。

また、中国が求める対中関税の撤廃について、米国は第一段階の合意時点では一部撤回にとどめる考えで、全撤廃は、米国が求める知的財産権の保護などの問題が全て解決してからとしている。

仮に第一段階の合意がなされれば15日の関税発動が見送られ、投資家心理が改善し、日経平均株価は上昇するものと考えられる。

また、第一段階の合意がなされなかったとしても、この後も交渉の継続が見込まれ、15日の関税発動が回避されれば、いったん投資家心理は改善されるだろう。

この場合も日経平均株価は一時的に上昇すると考えられる。

一方、15日の制裁関税が発動されれば、相場はリスクオフムードが強まり、日米の株式市場は全面安、為替は安全資産である円が買われ、円高になると考えられる。

さらに、懸念材料はまだある。

トランプ米大統領は先月、「香港人権・民主主義法」に署名し、これに対し、中国は報復措置を示唆するなど対立が懸念された。

12月2日~12月6日の週に関しては、米中貿易協議の第一段階の合意に関する交渉にこの問題は持ち込まれず、香港の問題と米中の貿易問題とは切り離されているようだ。

しかし、米下院は3日にウイグル人権法案を可決しており、その内容は、「香港人権・民主主義法」よりも厳しいものになっている。

中でも、顔・音声認識技術など、個人の監視に使用されている技術や製品の事実上の輸出禁止条項に対し中国は警戒感を示し、法案の阻止を要求した。

そして、状況によってはさらなる対応を取る方針を示すなど牽制している。

米上院ではこの法案をスピード可決させる動きが出てきており、もし法案が成立し、トランプ米大統領が署名すれば、中国側の反発は必至だ。

その場合、これまで中国における人権問題と米中の貿易協議とを切り離して考えてきた中国の対応が変化し、報復として米中貿易協議の第一段階の合意がさらに遠のく可能性がある。

そのため、ウイグル人権法案についても今後の動向に注意したい。

なお、12月6日に発表された11月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数変化が事前予想の前月比+18.0万人に対し同+26.6万人と大幅に上振れた。

さらに、10月についても、従前の同+12.8万人から同+15.6万人に上方修正されている。

米国の堅調な経済が確認できる内容となったことで、12月10日と11日に開催予定のFOMCでの利下げ停止確度が高まったとみられている。

利下げ停止は円安要因ではあるが、来週は11月の米消費者物価指数や11月の米小売売上高の結果を見極めたいとの思惑から、ドル円はすんなり円安方向に動かない可能性がある。

もしこの2つの結果が事前予想を下回った場合は、再び利下げの可能性が意識され、ドル売り・円買い要因となる。

その場合は円安トレンドになりにくく、為替が日経平均株価を押し上げるにはエネルギー不足となるだろう。

さらに、前述のとおり、米中貿易協議に関するヘッドラインが為替相場に大きな影響を与えることから、ドル円相場も関連ヘッドラインに左右される展開になるとみられる。

ポジティブなニュースが出た場合は円安が日経平均株価を押し上げるとみられるが、米国の主要な経済指標の結果によっては一時的なものに留まる可能性が高い。

そのため、為替動向にも注意が必要だ。

管理人からのお願い

永続的にコンテンツ提供するためにカンパを募集しております。

もし参考なるようであれば、OFUSEというサービスからカンパをぜひお願いします。

 

ぜひシェアお願いします

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

金利1%の定期預金の作成するには?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


クラウドバンク cheeese
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-投資
-

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2020 All Rights Reserved.