世界分散投資

大和証券 iDeCo

投資

【寄稿記事】相場見通しについて(2019年12月16日~2019年12月20日)

本日お届けするのは、先週から始まった知人の金融関係者のtakashiさんの寄稿記事です。

皆さんの投資検討する時の参考にしてください。

なお、当ブログに寄稿を希望されるブロガーさんがいらっしゃいましたら、こちらからご連絡くださいませ。

感想・問い合わせ - 1億円を貯めてみよう!chapter2

相場見通し(2019年12月16日~2019年12月20日)

おはようございます、金融関係の仕事にしているtakashiです。

今週の相場見通しをお届けします。

さて、2019年12月16日~12月20日の週の日本の株式相場は、米中貿易協議の第一段階の合意に達したとのニュースが好感され、概ねリスクオンムードとなるだろう。

米中貿易協議の第一段階の合意と15日発動予定の米国による対中制裁関税の発動ついては、12月9日~12月13日の週の市場における最重要事項となっていたため、本件に関する報道が相場を左右する展開が続いた。

また、同週にはFOMC、ECB理事会などの重要イベントがあったため、このことが相場の重しとなり、株も為替も方向感の出にくい状態になったようだ。

13日の日経平均株価は、前場に米中貿易協議が大筋合意したとの報道を好感し、買い優勢に。

半導体など景気敏感株を中心に買われる展開となった。

その流れは後場も継続し、日経平均株価は24,000円台を回復。

前日比598円29銭高の24,023円10銭で取引を終えている。

その後、同日の夜に、米中両国が貿易協議の第一段階の合意が成立したことを発表。

知的財産権の保護や、技術移転の強要、食品・農産品、金融サービス、為替レート、貿易の拡大等の9章で構成された合意文書であることを中国政府が発表し、トランプ米大統領もTwitterに「中国と非常に大きな第一段階の合意に達した。15日に発動予定の制裁関税は見送る」と投稿した。

これにより、15日に発動予定だった中国製ノートパソコンやスマートフォンなどへの15%の追加関税の残り1,600億ドル相当に関しては見送られることとなった。

また、米通商代表部によれば、2,500億ドル相当の中国製品への追加関税の税率は25%で継続し、15%となっている1,200億ドル相当については、当面の間は7.5%に引き下げるとのことだ。

この報道を受け、相場は一転してリスクオンムードに。

NYダウは一時100ドル近く上昇し、最高値を更新。

また、ドル円も1ドル109円63銭まで円安が進んだ。

しかし、その後は利益確定売りが先行したため、NYダウは再び元の水準まで下落。

ドル円も1ドル109円21銭まで下落した。

今回の米中貿易協議の第一段階の合意と15日に発動予定だった対中制裁関税の見送りについては、市場は想定内と受け止めている。

事前予想どおりとはいえ、合意に至るまでは流動的で、関連ヘッドラインに振り回される状態が週を通して続いたことから、投資家は今回の結果を好感したものと考えられる。

なお、今回の合意については、中国側が米国に要求する関税の完全撤廃は通らなかった。

また、米中両国での溝が深い産業補助金等の問題は、第二段階以降の合意に持ち越されることになっている。

トランプ米大統領によれば、米中貿易協議の第二段階の合意については、米大統領選の後になる予定とのことで、本問題の長期化は避けられない。

とはいえ、第一段階の合意について解決が見られたことを市場は好感するだろう。

そのため、12月16日~12月20日の週については、投資家のリスクオフムードが後退したことにより、日経平均株価は上値を試す展開になる可能性がある。

ただし、最高値を突破したところでの利益確定売りには注意が必要だ。

一方、為替は米中貿易協議の第一段階の合意と15日に発動予定だった対中制裁関税が見送られたことで、過度な円買いは後退するものとみられる。

ただ、12月10日と11日に行われたFOMCで米国の政策金利の当面の据え置きが決まり、来年の金融政策の見通しでは、17人のFOMC参加者のうち、13人が据え置きとの想定を示していることから、ドル円は方向感の出にくい展開になるだろう。

そのため、円安トレンドになりにくく、円安が日経平均株価を押し上げたとしても、一時的なものに留まるものと考えられる。

管理人からのお願い

永続的にコンテンツ提供するためにカンパを募集しております。

もし参考なるようであれば、OFUSEというサービスからカンパをぜひお願いします。

 

ぜひシェアお願いします

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

金利1%の定期預金の作成するには?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


クラウドバンク cheeese
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-投資
-

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2020 All Rights Reserved.