世界分散投資

大和証券 iDeCo

投資

【寄稿記事】今週の相場見通しについて(2020年6月29日~7月3日)

知人の金融関係者に寄稿してもらい毎週1回、今週の相場見通しをお届けします。

皆さん投資検討する時の参考にしてください。

延長を希望される方がいたので当面の間延長します。感想などコメントや感想・問い合わせから教えてもらえると嬉しいです。

なお、当ブログに寄稿を希望されるブロガーさんがいらっしゃいましたら、こちらからご連絡くださいませ。

感想・問い合わせ - 1億円を貯めてみよう!chapter2

今週の相場見通しについて(2020年6月29日~7月3日)

金融関係の仕事にしているtakashiです。

今週の相場見通しをお届けします。

今週も引き続きもみ合いに

2020年6月29日~2020年7月4日の週の日経平均株価は、底堅いものの上値を追う展開になりにくく、引き続きもみ合いになると考えられる。

2020年6月22日~2020年6月27日の週の日経平均株価は結果的にもみ合いとなった。

6月26日の日経平均株価の終値は22,512円08銭と、前週末比33円29銭高で取引を終えた。

もみ合いとはいえ、23日(火)には一時22,269円55銭まで値を下げる場面もあった。

その原因は、ナバロ米大統領補佐官による「中国との通商交渉は終わった」との発言だ。

この発言を受けてNYダウ先物が250ドル超下落した結果、日経平均株価は急落したのだ。

ただ、その後ナバロ米大統領補佐官がこの発言を否定し、クドロー米国家経済会議委員長も、「中国との通商交渉は終わっていない」と発言したことから日経平均株価が持ち直すなど、この日は、米国の要人による発言に振り回されている。

また、25日(木)の日経平均株価は終日軟調に推移し、22,228円28銭まで下落する場面もあった。

その原因は、米カリフォルニア州、テキサス州などで新型肺炎の感染拡大が続いたことにある。

米国における感染第二波とそれに伴う移動制限の再開への不安から、前日の米株式市場でNYダウが一時700ドル超下落したため、この日の東京株式市場では、海外投資家を中心に利益確定売りが優勢となったのだ。

その結果、リスク回避のドルの現金化が優勢となり、この日のドル円は、東京時間からニューヨーク時間に至るまで、円安地合いが続いた。

しかし、翌日には、米国での金融規制の一部緩和を好感した欧米の銀行株の上昇を受けて、東京株式市場でも金融株を中心に買いが入ったため、日経平均株価は小幅ながら前週末比プラスで取引を終えたのだ。

一見すると、日経平均株価は前週末と比較して小動きとなっているが、内容を確認すると、米国の動向を受けて値動きは意外にも荒くなっている。

なお、NYダウは週の半ばにいったん大きく値下がりした後、25日(木)には反発した。

しかし、週末の26日(金)日には、前日比730.05ドル安で取引を終えている。

週半ばの値下がりは、既述の新型肺炎の感染再拡大の他、四半期末が近いことから、米国では年金資金のリバランス売りが意識されたことも原因になったと考えられる。

26日については、新型肺炎への懸念の他、FRBが大手銀行に対し7月~9月期の自社株買いを禁じ、株主配当に上限を設けるとしたことが嫌気されたようだ。

米国の感染者数の増加と大統領選挙

週末のNYダウの下落は、感染者数の再拡大が懸念されたことが一因となっているが、日本に関していえば、感染者数は米国に比べて今のところコントロールされている。

今後も、米国での感染者数の動向を受けて、移動制限や都市封鎖が再開されるのではとの不安が高まる場面もあるだろう。

ただ、米国で感染者数がこの先増加しても、経済活動を停滞させる上記のような対策が採られるかというと、微妙なところである。

なぜなら、大統領選を控えているからだ。

そのため、トランプ米政権は景気を考慮して、今後、移動制限等は行わないとの見方が一部でされている。

米国での感染者数の動向に日経平均株価が振り回される展開はこの後も続くと考えられるが、それでも、日経平均株価の下値は堅く、2020年6月29日~2020年7月4日の週の日経平均株価も22,000円を基本的には下回らないと考えられる。

一方で、積極的に買い上がるだけの材料も乏しく、基本的にはNYダウに追随する形になると考えられるため、もみ合いになりやすいだろう。

米中の動向も懸念

ただし、不安材料として考えられるのが、米中の動向である。

貿易面における米中対立はすでに長期化しているが、中国が、香港の言論の自由を抑制する可能性が懸念される国家安全法を制定したことを受け、トランプ米政権は昨年11月に成立した香港人権民主主義法に基づき制裁措置を取る意向を示している。

そのため、この問題でも米中の対立が激化するのは必至だ。

ナバロ米大統領補佐官による米中通商交渉に関する発言が6月23日の日経平均株価の急落を招き、その後、これを否定したことから株価は急回復したが、発言どおり、米中対立が深刻化する事態が起きた場合は、日経平均株価は22,000円を割り込み、再び下落基調となるだろう。

新型肺炎の感染再拡大や世界経済の緩慢な回復については、ある程度織り込み済みであると考えられる。

もちろん、感染再拡大は日経平均株価の押下げ要因になると考えられるが、2020年6月22日~2020年6月27日の週の事例からも分かるとおり、下がると押し目買いが入るため、底堅い。

一方、米中対立に関する報道はまだ織り込み済みとまではいかず、急激な株価の押下げ、あるいは押し上げを引き起こすと考えられる。

そのため、2020年6月29日~2020年7月4日の週も、米中対立に関する報道には引き続き注意したい。

木曜日発表の米国雇用統計などに注意

また、2020年6月29日~2020年7月4日の週で注意したいのが、米国で発表される7月1日(水)の6月のADP雇用統計と同ISM製造業景況感指数、そして、7月2日(木)の同雇用統計である(今回、3日が米独立記念日で祝日に当たるため、雇用統計は前日の木曜日に発表される)。

この3つは元々注目度の高い経済指標だ。

ただし今回は、米国の経済活動再開後、はじめての1か月間の統計ということになる。

そのため、経済活動を再開する前と比較して、どの程度回復しているのかに注目が集まっているのだ。

もしも回復が鈍い場合は、このことが株価の押下げ要因になると考えられ、日経平均株価も軟調に推移するだろう。

なお、7月1日と7月2日については、発表を前に日経平均株価は様子見ムードになりやすいと考えられる。

管理人からのお願い

永続的にコンテンツ提供するためにカンパを募集しております。

もし参考なるようであれば、OFUSEというサービスからカンパをぜひお願いします。

 

ぜひシェアお願いします

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

金利1%の定期預金の作成するには?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


クラウドバンク cheeese
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-投資
-

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2020 All Rights Reserved.