世界分散投資

大和証券 iDeCo

投資

【寄稿記事】今週の相場見通しについて(2020年8月31日~9月4日)

知人の金融関係者に寄稿してもらい毎週1回、今週の相場見通しをお届けします。

皆さん投資検討する時の参考にしてください。

延長を希望される方がいたので当面の間延長します。感想などコメントや感想・問い合わせから教えてもらえると嬉しいです。

なお、当ブログに寄稿を希望されるブロガーさんがいらっしゃいましたら、こちらからご連絡くださいませ。投稿一覧

感想・問い合わせ - 1億円を貯めてみよう!chapter2

今週の相場見通しについて(2020年8月31日~9月4日)

金融関係の仕事にしているtakashiです。

今週の相場見通しをお届けします。

日経平均株価は、政局に左右される展開に

2020年8月31日~2020年9月5日の週の日経平均株価は、政局に左右されるだろう。

次期総裁に関する報道で、相場は一喜一憂する展開になるとみられる。

2020年8月24日~2020年8月29日の週の日経平均株価は、底堅い展開が続いた。

24日(月)、25日(火)に前日比(24日は前週末比)プラス圏で取引を終えた後、26日(水)、27日(木)と前日比マイナスで取引を終えたが、下値は堅く、下落しても23,000円台を割り込むことはなかった。

28日(金)は、前日の米株式市場がパウエルFRB議長の講演を受けて上昇した流れを引き継ぎ、日経平均株価も堅調に推移した。

強含みでもみ合い、そのまま取引を終えると思われたところに、安倍首相が辞任するとの報道があったため、日経平均株価は一転して急落。

600円超値下がりする場面もあったが、最終的には前日比326円21銭安の22,882円65銭で取引を終えている。

金融政策や対外政策の大幅変更の可能性は低いが

安倍首相の辞任は、ここ最近の報道からある程度予想できたことではあった。

新型肺炎を巡る対応の遅れや、Go Toキャンペーンなどコロナショック後に行われた経済対策への批判など、このところ安倍首相の求心力は落ちていた。

6月18日以降、メディアの前になかなか姿を見せず、持病の悪化など体調不安説がささやかれるようになっていたが、17日に都内の慶應義塾病院を訪れて日帰り検診を受診したことから、いよいよ辞任するのではないだろうかとの憶測が出ていた。

ただ、菅官房長官が27日(木)付ブルームバーグのインタビューで、安倍首相が2021年9月までの首相任期を全うするかということに対し肯定していたことから、市場では早期辞任観測がいったん後退していたのだ。

今回、急転直下の辞任発表となったことで、市場は冷や水を浴びせられた形となる。

安倍首相の辞任の理由は大方の予想どおり持病の悪化である。

すぐに辞任するわけではなく、次期総裁が決まってから、という形になるが、市場の注目は次期総裁が誰になるか、ということであろう。

安倍政権発足以来続いてきたアベノミクスがこのまま継続されるのか、ということを不安視する声もあるが、政権交代するわけではなく、また、現在次期総裁候補として名前が挙がっている人物を見ても、金融政策や対外政策の大幅変更の可能性は現状低いと考えられる。

そのため、2020年8月31日~2020年9月5日の週は、市場はいったん落ち着きを取り戻すと考えられるが、次期総裁をめぐる報道に一喜一憂する展開が続くだろう。

また、米株式市場の動向の影響を大きく受ける状態は変わらず続くとみられる。

先ほども触れたとり、27日(木)にジャクソンホールで開かれたシンポジウムで、パウエルFRB議長はインフレ目標を平均2%とし、長期的な金融緩和が続くことを示唆した。

日銀もインフレ率の実績が安定的に2%を超えるまでは金融緩和を続けるとしているが、今回FRBが定めた「インフレ目標平均2%」は、日銀のスタンスと大きく変わらないと言っていいだろう。

為替も政局の影響で不安定な状態が続くか

なお、米国の長期的な金融緩和の継続が決まったことにより、ドル円はパウエルFRB議長の講演中に1ドル105円59銭まで下落したが、それ以上のサプライズとなる材料はなかったことから米長期金利は上昇し、ドル円も1ドル106円70銭台まで浮上した。

そもそも、FRBはイールドカーブコントロールに消極的であることに加え、今回のパウエルFRB議長の講演内容でも、長期金利のコントロールには触れていない。

そのため、長期債利回りが上昇し、結果として円安ドル高に振れることとなった。

金融緩和は長期化する見込みだが、FRBが長期金利の上昇抑制に取り組む様子がない以上、今後も米長期債利回りが上昇すれば、日米金利差の関係から、円安ドル高に振れる場面が出てくるだろう。

ただし、日本の次期総裁が決定し、今後の金融政策や対外政策を見極めるまでは、政局によって株式相場も為替相場も乱高下する可能性が高い。

現に、28日(金)のニューヨーク市場では、安倍首相の辞任を受けて円高ドル安となった。

日本の政局が安定し、これまでの政策に大幅な変更がないと確認できるまでは、為替相場も不安定な状態が続き、円高が日経平均株価の上値抑制要因になる可能性がある。

米国雇用統計の結果など米国経済指標も注意

なお、2020年8月31日~2020年9月5日の週は、4日(金)に8月米雇用統計が発表される。

例によって、この結果によっては急激な株安・株高、円高・円安が進むと考えられるため、注意が必要だ。

また、31日(月)に発表される中国製造業PMI、1日(火)の8月米ISM製造業景況感指数、2日(水)の8月ADP雇用統計の結果にも注意したい。

管理人からのお願い

永続的にコンテンツ提供するためにカンパを募集しております。

もし参考なるようであれば、OFUSEというサービスからカンパをぜひお願いします。

 

ぜひシェアお願いします

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

金利1%の定期預金の作成するには?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


クラウドバンク cheeese
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-投資
-

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2020 All Rights Reserved.