世界分散投資

大和証券 iDeCo

投資

【寄稿記事】今週の相場見通しについて(2020年12月7日~12月11日)

知人の金融関係者に寄稿してもらい毎週1回、今週の相場見通しをお届けします。

皆さん投資検討する時の参考にしてください。

延長を希望される方がいたので当面の間延長します。感想などコメントや感想・問い合わせから教えてもらえると嬉しいです。

なお、当ブログに寄稿を希望されるブロガーさんがいらっしゃいましたら、こちらからご連絡くださいませ。投稿一覧

感想・問い合わせ - 1億円を貯めてみよう!chapter2

今週の相場見通しについて(2020年12月7日~12月11日)

金融関係の仕事にしているtakashiです。

今週の相場見通しをお届けします。

今週の日経平均株価は堅調に推移か

2020年12月7日~2020年12月12日の週の日経平均株価は、前週に引き続き、概ね堅調に推移すると考えらえる。

2020年11月30日~2020年12月5日の週は利益確定売りなどに押される場面もあったが、堅調に推移した。

30日(月)は、材料難やMSCI指数のリバランスがあったことに加え、前週の日経平均株価が上昇一辺倒だったため、利益確定売りが優勢となった。

しかし、1日(火)には、米製薬会社のモデルナが開発中の新型肺炎ワクチンの緊急使用を米当局に申請したことが報じられたため、再び買い優勢に。

ただ、2日(水)、3日(木)と利益確定売りが入ったことから上昇したものの上値が重く、4日(金)は週末のポジション解消の利益確定売り優勢となったため、下落した。

また、前日の米国市場で、米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルスワクチンの年内供給量が当初目標の半分にとどまると報道されたことも、4日(金)の株価下落の原因になった。

それでも下落幅は前日比58円13銭安と小幅にとどまり、日経平均株価は底堅く推移したと言える。

日経平均株価の上昇は強く、2日(水)は26,889円台まで強含む場面もあった。

とはいえ、過熱気味との見方も根強く、利益確定売りも入りやすくなっているようだ。

ただ、本格的な調整には至っておらず、このまま27,000円台を目指す可能性もある。

感染者数の増加するも過剰流動性相場が続く

一方で、日本国内での新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念され、特に感染者数の増加が顕著な都道府県では、飲食店を中心に時短営業や休業要請が行われる事態となっている。

今年の春と同じような状況になりつつあるものの、それでも株式市場は、カネ余りを背景に過剰流動性相場が続きやすいと考えられ、底堅く推移するだろう。

また、今回下押し材料となった、ファイザーの新型コロナウイルスワクチンの供給量についての件は、一時的な下押し材料であると考えられる。

新型コロナウイルスワクチンについては、米モデルナのワクチンも、1日(火)に米当局にワクチンの緊急使用許可を申請した。

今月17日にも審査が行われ、クリスマスまでの間に承認される可能性が高いと報じられている。

そのため、ファイザーのワクチンの供給量が当初の想定の半分となっても、モデルナのワクチンもあることから、市場はそれほど悲観しないと考えられるのだ。

市場の関心は米国の追加経済対策に

また、市場の関心は米国の追加経済対策にも集まっている。

4日(金)に発表された11月の米雇用統計は、事前予想の前月比+46.9万人を大幅に下回る+24.5万人、11月の失業率は、事前予想の6.8%を若干下回る6.7%となった。

冴えない結果となったものの、NYダウは堅調に推移し、4日(金)の終値は30,218.26ドルと、再び3万ドル台に乗せた。

また、ドル円の下落も限定的なものにとどまっている。

この背景には、軟調な11月の米雇用統計の結果を受けて、米追加経済対策を巡る協議が加速するのではないかとの期待がある。

今回の結果から米国の雇用の伸びは大幅に鈍化していることが伺えるが、その一方で、新型コロナウイルスワクチンの年内供給の見通しは明るく、ワクチンの供給により、景気回復が本格化すると考えられているのだ。

これらが市場の注目材料となっているため、今回の軟調な雇用統計の結果はさほど問題視されなかった。

このことを受けて、日経平均株価も底堅い動きが続くだろう。

そのため、2020年12月7日~2020年12月12日の週の日経平均株価は、概ね堅調にすると考えられる。

新型コロナウイルスのワクチンの供給が目前に迫っていることに加え、米国の追加経済対策が安心材料になるだろう。

メジャーSQと米国の政治動向

ただ、そんな中で荒れ相場を引き起こす可能性があるのが、11日(金)のメジャーSQだ。

変動幅が大きくなることがあるため、注意が必要だ。

また、注意したい点として、米国の政治動向が挙げられる。

現在も米国では今回の大統領選を巡り政治的混乱が続いていて、集計に問題があったとされる州については、現在も訴訟が行われている。

8日(火)が州の選挙結果認定の期日となっているが、すんなり決まるかどうか、雲行きが怪しい。

新型コロナウイルスワクチンの供給が近いため、市場には安心感が広がっているが、本問題の動向次第では米国市場に大きな下押し圧力がかかる可能性もあるので、注意が必要だ。

今週は米国による新型コロナウイルスワクチンに関する諮問委員会に注目

また、2020年12月7日~2020年12月12日の週は、10日(木)に11月の米消費者物価指数が発表されるほか、ECBの定例理事会と、ラガルドECB総裁の定例記者会見、米国による新型コロナウイルスワクチンに関する諮問委員会が開かれる。

11日(金)については、早ければ米国で医療従事者や高齢者に対し、優先的に新型コロナワクチンが接種される見通しのため、その動向に注意したい。

ぜひシェアお願いします

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

役立つサイト

金融庁

日経新聞 金融機関ニュース

日本銀行 Bank of Japan

相互リンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


クラウドバンク cheeese
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、週刊現代女性セブンさらに日経ヴェリタスなどでコメントする定期預金ウォッチャー。投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-投資
-

© 2021 1億円を貯めてみよう!chapter2