投資

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の評判や取引所の手数料さらにアプリやキャンペーンさらに渋谷のビットコインの相談窓口など徹底解説しました

暗号資産取引所の中でサクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)というサービスがあります。

今ある暗号資産取引所は、手数料の安さや暗号資産の取扱種類を競っていますが、何度でも対面でもオンラインでも相談無料というサービスを前面に押し出している評判の取引所です。

そんなサクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の手数料を解説します。

このエントリーの目次

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の概要



  • 会社名:株式会社サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)
  • 暗号資産交換業者登録番号:近畿財務局長 第00003号
  • 設立:2017年5月
  • 資本金:410,000,000円
  • 本社住所:大阪府大阪市中央区南船場3-11-18 郵政福祉心斎橋ビル204号
  • 東京オフィス住所:東京都港区六本木5-2-1 ほうらいやビル302号

サクラエクスチェンジビットコイのCEOは山本仁実

サクラエクスチェンジビットコイのCEOは山本仁実氏は「公平な社会を目指して世界のギャップを縮めたい!」という幼い頃からの問題意識に対する解決の可能性を、暗号資産が起こすであろう社会変革、具体的には「銀行口座がなくても通貨価値の移動が実現できる世界」に可能性を見出して起業しました。

その後、顧客などからサービスの質問はもちろんのこと、暗号資産やブロックチェーンを活用したNFTやSTOなどの新領域や暗号資産業界に関することなどの質問などを多数受けたことから、サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)は、取引業ではなく取次業をモデルとしています。

相談は暗号資産に関することであればあらゆることを受け付けており、「お客様の立場になって考えること」を重要視し、希望に沿った最適なプランの提案するように従業員教育しているとのことです。

公式情報サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)のメリット

定額積立投資ができる



サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)では、主要な暗号資産9種類を毎週もしくは毎月、定額積立方式で購入できるサービス「積立ましーた」を取り扱っています。

複数種類の暗号資産を分散して定額積立方式で購入できるサービスとしては、日本初の試みです。

金額は月3,000円からとリーズナブルで、元本保証はないものの、ドルコスト平均法による購入のため、価格変動による値下がりの影響も少ないです。

ドルコスト平均法は、相場が上がっても下がっても、一定額での買付を続ける方法であり、価格が上がったときには高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときには安く多くの量を買うことができます。

また、サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の定額積立投資は、基本的に9種類の暗号資産から好きなものを選んだ上で開始しますが、どの暗号資産を選べば良いかわからない方に向けて、3つのパッケージプランも用意されています。

具体的には、ビットコインの運用からスタートしたい方向けの「まずはビットコイン」、ビットコイン、イーサリアム、リップルという人気の3コインの中から、好きな2コインで運用をスタートしたい方向けの「えらべる2コイン」、人気の高い3コインをまとめて運用したい方向けの「よくばり3コイン」の3つです。

引き落とし月の前月15日までに、会員画面内より変更手続きを行えば、途中で積立金額、暗号資産を変更することもできます。

ちなみに、サポート体制も優れていて、専任のスタッフが電話とメールでサポートし、利用者の相談に対応してくれます。

ハイリスクハイリターンを目指すものではなく、中長期の投資で「ビットコインや暗号資産に将来性は感じるが、ハイリスクな投資や投機的な手法は避けたい」という方におすすめです。

1つのアカウントで複数の取引所をカバーできる(暗号資産取次サービス)

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)は、初めて暗号資産投資をする方の不安に寄り添い、中長期的な資産形成をサポートする「暗号資産取次サービス」を提供しています。

経験豊富な専任スタッフが対面もしくは電話により、全面的にサポートしてもらえるだけでなく、1つのアカウントで複数の取引所をカバーできます。

具体的には、1つのIDとパスワードを使用し、複数の取引所の中から、取引実績をもとにその月のベストな取引所で、利用者に代わって注文を行ってくれます。

また、サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)のサービスにおける入出金は日本円のみであり、利用者の資産はすべてネットワークとは隔離されたオフライン(コールドウォレット)で管理されるため、セキュリティ体制も万全です。

利用者自身で、暗号資産の管理をする必要はありません。

注文に関しては3回に分割して執行され、突発的な暗号資産の急上昇や急落によるリスクを分散することができます。

取次注文を行うタイミングは、1回目が午前11時の前後10分の間、2回目が正午の前後10分の間、3回目が午後1時の前後10分の間となっていて、例えば30万円の買い注文を入れた場合は、1回目、2回目、3回目のタイミングでそれぞれ10万円ずつ購入されます。

ちなみに、取次先の暗号資産取引所については、サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の選考基準を満たした国内取引所の中から、レートやその他総合的な判断により選択して取引を行うため、利用者が指定することはできません。

無料で何度でも相談可能な「ビットコインの相談窓口」




サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)には、「ビットコインの相談窓口」があります。

実際に暗号資産を購入するタイミングで、一定の手数料をすでに支払っているため、無料で何度でも相談することができます。

具体的には、初めて暗号資産を購入する方に向けて、暗号資産の基礎を説明したり、相談者に合った暗号資産、購入方法を提案したりしてくれます。

その他、何かとわかりづらい口座開設から購入までをサポートし、口座開設後の購入、売却、送金など、各種手続きのアフターサポートについても、無料で実施しています。

ただし、取り扱い通貨以外に関する相談や他の取引所についての質問などについては、サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)のノウハウに関わる部分もあるため、一部回答できないことがあります。

また、ビットコインの相談窓口では、専門家が暗号資産に関する提案を行いますが、口座開設は相談者の判断に任せられています。

無理に口座開設を勧誘されることはありませんので、安心してください。

相談方法については、店舗相談とオンライン相談の2種類があり、店舗相談の場合はサクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の公式ページから事前に予約し、店舗に来店します。

予約を確定するにはメールアドレスが必要です。

予約がなくても店舗相談を利用することはできますが、予約した方が優先的に案内されます。

オンライン相談の場合は、同様に事前予約をし、日程の確定後、メールでやりとりした際に決定した方法(主にZoom)にて、相談に乗ってくれます。

ちなみに、ビットコインの相談窓口は、暗号資産を購入しなくても利用可能です。

どうすれば購入できるのかわからない方、各暗号資産の違いがわからない方、興味はあるものの相談する人がいない方などにおすすめのサービスです。

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)渋谷道玄坂店について

予約無でも相談可能ですが、予約優先とりなりますので、場合によっては待つ可能性はあります。

  • 住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目28-2GMビル1F
  • アクセス:JR線山手線渋谷駅ハチ公口より徒歩5分、東急東横線・銀座線より徒歩5分、地下鉄半蔵門線渋谷駅より徒歩5分
  • 営業時間:平日 11:00~20:00
  • 定休日:土日祝

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)で取引できる暗号資産は?

現時点では以下のとおりです。もちろん、定額積立購入方式でも取引できます。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • MONA(モナコイン)
  • XEM(ネム)
  • XYM(シンボル)
  • ADA(エイダコイン)

公式情報サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)のアプリは?

現時点でサクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)のアプリはリリースされていません。

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)のキャンペーンは

現時点でサクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)のキャンペーンは実施していません。

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)では先物取引や信用取引はできません

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)では先物取引や信用取引はできませんのでご注意ください。

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の手数料や最低取引数量は?

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の入出金手数料

まず、サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)のの入出金手数料を解説します。

銀行振り込みによる入金手数料は無料ですが、振込手数料は貴方の負担になります。

出金時の手数料は1回につき770円(税込)かかります。

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の取次サービス手数料

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)における、暗号資産の購入や売薬にかかる手数料は、取次ぎ注文のうち購入または売却代金の5.50%(税込)かかります。

なお、手数料は日本円で徴収されます。

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の最低取引額(数量)は?

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の購入時の最低取引額は暗号資産種類にかかわらず1万円です。

売却や交換は、1万円に相当する数量になり、実際には、毎月25日のレートを翌月の適用レートとしてホームページに公表されます。

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の積立サービスの手数料は

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の積立サービス「積立ましーた」は、まず年会費として1,100円(税込)かかります。

積立サービス「積立ましーた」の取引手数料は以下のとおりです。

1ヵ月毎の積立額 手数料(税込)
1万円以下~ 一律 550円
2万円未満 積立代金の5.50%
2万円以上 積立代金の3.30%
5万円以上 積立代金の2.75%
10万円以上 積立代金の2.53%
20万円以上 積立代金の2.31%

1か月あたりの最低積立指定金額および積立単位

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の1か月あたりの最低積立指定金額および積立単位は、パッケージプラン及びアレンジプランともに、3,000円以上1,000円単位です。

公式情報サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の評判は?




サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)はやはり、仮想通貨の相談が何度でも無料でできるところが評判です。

道玄坂支店など実際の店舗でも相談できますし、オンラインでも相談できるので、自宅などにいながら専門家に暗号資産の疑問などを聞くことができます。

また、積立もマイナーコインも可能なところも評価が高いですね。

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の悪い評判としては、まずは手数料が高いことです。積立サービスでも年会費がかかることを知らなかった人もいますので注意してください。

さらにサクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)は、アプリもリリースしていませんので、スマホで思い立ったら取引ということはできません。

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)は、暗号資産(仮想通貨)初心者向けの取引所です

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)は、暗号資産(仮想通貨)の取引が初めての方ならば、いろいろ相談でき納得できた時点で取引をするという流れができています。

つまり、初心者向けの取引所といえます。

しかしながら、暗号資産(仮想通貨)の取引に慣れている方ならば、サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)のメリットの1つである無料相談は不要でしょう。

さらに、サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の手数料がネックとなります。

業界の中では高い部類に入りますので、玄人の方はあえて口座開設する必要はないでしょう。

サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の公式情報はこちら

公式情報サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)

ぜひシェアお願いします

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

役立つサイト

金融庁

日経新聞 金融機関ニュース

日本銀行 Bank of Japan

相互リンク

Amazonギフト券が貰える

無料口座開設で現金貰える!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、週刊現代女性セブンさらに日経ヴェリタスなどでコメントする定期預金ウォッチャー。投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-投資
-,