クラウドファンディング 投資

Rimple(リンプル)のRimple's Selection #6が8月28日から募集開始【予定分配率4.1%、運用期間6か月】

2020年8月20日

プロパティエージェント株式会社が運営する不動産投資型クラウドファンディングサービスRimple(リンプル)。

そのRimple(リンプル)が、Rimple's Selection #6の出資者を8月28日から募集開始します。

詳細を確認してみましょう。

Rimple's Selection #6の詳細

  • 募集期間:2020年8月28日18時から
  • 募集方式:抽選
  • 当選発表:2020年9月2日18時以降
  • 入金期限:2020年9月9日
  • 募集種別:匿名型
  • 物件概要:クレイシア五反田駅前1戸及びクレイシア神田淡路町1戸
  • 契約期間:6か月
  • 募集総額:62,050,000円
  • 予定分配率:4.1%
  • 出資単位:1口1万円(最低1口以上)
  • 分配金振込:2021年4月末日
  • 税金について:分配金の源泉税額(20.42%、2020年6月1日現在)が徴収された上で、登録口座に振込み

公式情報Rimple(リンプル)

不動産投資型クラウドファンディングとは?

通常のクラウドファンディングは、目的を持った企業が個人に対して、インターネットを通じて不特定多数の出資者からの資金提供を募るものですが、不動産投資型クラウドファンディングは、一般の投資家から資金を募り、集まった資金を利用して不動産の取得・運営を行うサービスです。

ここで得られた利益は、各投資家に配分されます。

メリット・デメリットはそれぞれ以下のとおりですが、詳しくは以下のページをご覧ください。

株式投資型クラウドファンディングのメリットとデメリット

クラウドファンディングサービスは、大まかに分けると寄付型、購入型、ファンド型、融資型、株式投資型の5種類あります。 今回は、株式投資型クラウドファンディングのメ ...

不動産投資型クラウドファンディングのメリット

不動産投資型クラウドファンディングのメリットは以下のとおりです。

  • 少額から不動産投資ができる
  • 優先劣後スキームにより損失から保全される
  • 現物不動産投資よりも手続きが少ない
  • J-REITに比べて価格変動のリスクが小さい
  • 投資物件の情報が把握できる

不動産投資型クラウドファンディングのデメリット

不動産投資型クラウドファンディングのデメリットは以下のとおりです。

  • レバレッジの効果が薄い
  • 人気が高いため実際に投資できない可能性がある
  • 元本割れのリスクがある
  • J-REITに比べて換金しにくい

Rimple(リンプル)とは?

東証1部上場のプロパティエージェント株式会社が運営するRimple(リンプル)は、不動産型クラウドファンディングを提供しています。

プロパティエージェントは、クレイシア及びリクレイシアの分譲・賃貸マンション事業を展開しており、単体決算は、売上226億円、経常利益15億円です。

ポイントを利用して投資できる

Rimple(リンプル)の特徴は永久不滅ポイントやモッピーポイントを投資の一部または全部に充当できる点です。

他社が提供するポイントを投資に利用できる不動産投資型クラウドファンディングは、Rimple(リンプル)のみです。

プロパティエージェントが劣後出資

さらに、Rimple(リンプル)は、運営会社であるプロパティエージェントが劣後出資を行うことです。

多くの投資案件が30%まで劣後出資を行い、投資家は残りの70%を優先出資として出資します。

プロジェクト終了時に不動産価格の下落などが生じた場合でも、出資した投資家は優先出資していますので、30%分の下落であれば出資金は守られる構造になっています。

案件は6か月という不動産投資において大変短いスパンの投資ですので、そのスパンで30%下落する可能性は大恐慌などが生じた場合以外は、可能性はほとんど低いと思われます。

抽選で決定

ネックは投資できる方は抽選で決定しますので、申込できても、当らなければ投資できないということです。

このネックは、先着順ではないので、募集期限ギリギリに申込しても当選する可能性があることから、メリットにもなります。

1万円から投資できるうえに期間が短い案件なので初心者におススメ

Rimple's Selection #6は、東京都品川区のマンションなどから得られる収益を原資として、投資家に分配します。

1万円から投資できるうえに、ポイントも充当できます。さらに運用期間が半年と短いことから、不動産投資を気軽に始めたい方におススメです。

手持ち資産の分散投資の一環として利用するのは良いとは思いますが、念のため、投資する場合は、余裕資金の一部にすべきでしょう。

ちなみに、Rimple(リンプル)の会員登録費用などは一切無料で、アカウントも無料で持ちづづけることができます。

WEBサイトの「会員登録」から個人情報の入力および本人確認資料・口座情報のファイルをアップロードすればOK。

審査後に初回ログイン時に入力が必要な認証コードを記載した本人確認ハガキが送付されますので、認証コードを入力すればRimple(リンプル)でのサービスが利用できます。

なお、案件に申込後に当選したあとに交付される不動産特定共同事業契約書 兼 契約成立時書面を確認したのちに入金という流れになりますので、申込時は、Rimple(リンプル)に入金する必要はありません。

Rimple's Selection #6の公式情報はこちら

公式情報Rimple(リンプル)

【参考】最新のクラウドファンディング情報はこちらを

当ブログで紹介している最新のクラウドファンディング情報はこちらです。

最新クラウドファンディング情報


ぜひシェアお願いします

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

役立つサイト

金融庁

日経新聞 金融機関ニュース

日本銀行 Bank of Japan

相互リンク

Amazonギフト券が貰える

無料口座開設で現金貰える!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、週刊現代女性セブンさらに日経ヴェリタスなどでコメントする定期預金ウォッチャー。投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-クラウドファンディング, 投資
-,