銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

悲しい

スポンサーリンク

閑話休題

ブロガーが自分のブログのPVが少ないと嘆く前に確認すべきこと

投稿日:2016年1月16日 更新日:

たまに、はてなブックマークなどのSNSから流れてくる「月間20万PVを達成しました!!」などの勇ましいタイトルの他のブロガーの記事を見て、それに比べてご自身のブログの閲覧数(PV)が少なくいとお嘆きのブロガーが数多いらっしゃることと思います。

ブログのアクセスアップ術を本やサイトを勉強したり、はたまた有名ブロガー(有名ブロガー一歩手前の人やそこまで到底到達していない人も最近は運営していますが)が運営する有料サロンに入会して教わったり、わざわざ会社を辞めて高知に移住してトマトブロガー教に入信されるなど、涙なくしては語れない努力と費用を費やしていらっしゃいますがなかなか成果があがらないと思っていらっしゃる方のために、ちょっとしたヒントをお伝えします。

スポンサーリンク

そもそもブログで取り上げている内容がニッチすぎないか?

いくらSEO(検索エンジン最適化)を徹底的に施して、自分のブログ記事が検索結果の上位に進出したとしても、そもそも世間の人々が興味が無い内容をブログで取り上げている限り閲覧数(PV)が少なくなるのは当然です。

当たり前のことですね。

ネタがニッチであればあるほど、ブログを閲覧してくれる人は少ないのは理解できたとしても、自分が取り扱っているブログで取り上げている内容がニッチかどうかはどうやって調べればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

ニッチかどうかはインターネット上の検索サイトの検索ボリュームで判断できる

雑誌などは、発行部数によってその影響力の強さを推し量ることができます。インターネット上で公開しているサイトやブログの内容がニッチかどうかは、検索サイトの検索ボリュームで判断することが可能です。

検索ボリュームとは、検索サイトでその単語がどの程度検索されたのか数値化したもので、メジャーな単語ほど、検索ボリュームが多く、ニッチな単語ほど、検索ボリュームが少ないです。

その検索ボリュームはどうやって調べればよいかというと、検索エンジン最大手のGoogleのサービスであるGoogleAdWordsを利用すれば簡単に調べることができます。

検索ボリュームはGoogleAdWordsのキーワード プランナーを利用してみよう

GoogleAdWordsは、Googleの広告掲載サービスです。Googleアカウントを所有していれば、GoogleAdWordsのアカウントを取得することができ、そのサービスを利用することができます。もちろん、広告など出稿する必要はありません。

このGoogleAdWordsのキーワードプランナー(※)というサービスを利用すれば単語ごとの検索ボリュームを簡単に調べることが可能です。

※GoogleAdWords内の運用ツール>キーワード プランナー

具体的には、「新しいキーワードの選択と検索ボリュームの取得」の中にある「検索ボリュームと傾向を取得」から調べることが可能です。

Google AdWords: Keyword Planner

ちなみに2015年のインデックス投資の検索ボリュームは月間平均6,600回です

私が行っている投資手法はインデックス投資ですが、このニッチな投資手法が日本においてどの程度検索されているかどうか調べてみました。

「インデックス投資」というキーワードでの月間検索ボリュームはgoogleと検索パートナー(gooやLivedoorなどのポータブルサイト)において、2015年の平均で6,600回です。これが多いかどうかは、投資に関連する単語の検索ボリュームと比較することでわかります。

投資関連の単語の検索ボリューム(2015年月間平均)

以下のとおりです。「インデックス投資」は、「株価」という検索キーワードに比べてにくらべて1/102の検索ボリュームであることがお分かりになるかと思います。

検索ワード 2015年月間平均
検索ボリューム
インデックス投資
を1とした場合
インデックス投資 6,600 1倍
株式投資 22,200 約3倍
不動産投資 33,100 約5倍
投資 40,500 約6倍
投資信託 90,500 約14倍
株主優待 90,500 約14倍
FX 201,000 約30倍
為替 450,000 約68倍
株価 673,000 約102倍

投資の分野だけではちと分かりにくいかもしれませんので他の分野の主要なキーワードでも比較してみましょう。

スマートフォンなどのガジェット系の単語の検索ボリューム(2015年月間平均)

検索ワード 2015年月間平均
検索ボリューム
インデックス投資
を1とした場合
SIMフリー 165,000 約25倍
スマートフォン 246,000 約37倍
アイフォン 201,000 約30倍
iPhone 823,000 約125倍

スポーツ関連の単語の検索ボリューム(2015年月間平均)

検索ワード 2015年月間平均
検索ボリューム
インデックス投資
を1とした場合
プロレス 110,000 約17倍
大相撲 201,000 約30倍
ラグビー 301,000 約46倍
Jリーグ 368,000 約56倍
サッカー 1,000,000 約152倍
野球 1,220,000 約185倍
プロ野球 4,090,000 約620倍

アニメ関連の単語の検索ボリューム(2015年月間平均)

検索ワード 2015年月間平均
検索ボリューム
インデックス投資
を1とした場合
エヴァンゲリオン 450,000 約68倍
アニメ 1,500,000 約227倍
ラブライブ 1,500,000 約227倍
妖怪ウォッチ 2,240,000 約339倍

アイドルグループの単語の検索ボリューム(2015年月間平均)

検索ワード 2015年月間平均
検索ボリューム
インデックス投資
を1とした場合
EXILE 550,000 約83倍
AKB48 1,500,000 約227倍
2,740,000 約415倍

2chや動画の単語の検索ボリューム(2015年月間平均)

検索ワード 2015年月間平均
検索ボリューム
インデックス投資
を1とした場合
2ちゃんねるまとめ 823,000 約125倍
2ちゃんねる 1,220,000 約185倍
ニコニコ動画 1,500,000 約227倍
ニコニコ 2,740,000 約415倍
ようつべ 3,350,000 約508倍
Youtube 24,900,000 約3,773倍

違う分野のサイトやブログのPV(閲覧数)は比較対象にすらならない

このように、ご自身が取り扱っているブログの内容と全く違う分野のブログやサイトのPV(閲覧数)は比較対象になりません。

投資系のブログとガジェット系のブログではPVは圧倒的に違います。いわんやアニメやプロ野球系のブログは圧倒的な検索ボリュームがあることから、検索結果の上位のサイトは圧倒的なPV(閲覧数)を集めており、比較どころではありません。

SNSなどで「月間50万PV達成!!」など流れてきた場合は、まずそのブログの取り扱っている内容などを調べてることが大切です。

PV集めるために、検索ボリュームが多い単語の記事を書けばよいと思わないこと

ちなみに、手っ取り早く、PV(閲覧数)アップのために、検索ボリュームが多い単語の記事を盛り込んで記事を公開したとしても、すぐには結果がでない可能性が高いです。

検索ボリュームが多い単語は、人気があることから、通常はその内容を取り扱っているサイトやブログが多く競争はめちゃくちゃ厳しいのが現状です。

その競争を勝ち抜いたドメインパワーの圧倒的に強いサイトやブログが検索結果の上位に表示されますので、ブログを始めたばかりでは、検索結果の上位進出はもちろんのこと、10ページ目にも掲載されないという悲惨な結果になりかねません。

もちろん、検索ボリュームを事前に調べてブログの記事を執筆することは、アクセスアップの戦略としては間違っていませんが、ブログのブランディング戦略から考えると、ブログの取り扱う内容や方向性を逸脱してPV(閲覧数)目当てに人気のありそうな内容を書くのは、長期的にはマイナスと考えます。

ブログは続けてナンボです。

続けるためには自分の得意とする分野や好きな内容を、それを知らない人のためになるように、コツコツと記事にしていくことが大切です。

そのような地道な努力がファンの獲得につながり、自分が運営するブログが育っていくと思います。手っ取り早くPV集めたいからと、安易にアクセスアップを狙って記事を書いても、大方は挫折して途中で疲れるだけだと思いますよ。(雑多な内容と取り扱うブログでも、文才があるブロガーやキャラクターが確立されていれているブロガーならば別ですけど、それは本題とそれるので、後日にでも。)

ブログのアクセスアップを図るために意識すべき対象はGoogleではない

ブロガーは、インターネットという不特定多数の方へエントリーを配信しているブログを運営している以上、多くの人にエントリーを読んでほしいと思うのは当然の欲求です。 よって、その欲求を満たすために、リンク先 ...

続きを見る

 

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

Live Dwango Readerに登録する

feedlyに登録する

RSSを表示する

管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

関連コンテンツ1

こちらの記事もオススメです

銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめ

現金やポイントなどがもらえるお得なネットバンクや証券会社などの口座開設キャンペーンまとめ

過去に紹介した銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめました。このページは随時更新していきます。 このエントリーの目次ネットバンクの口座開設キャンペーン新生銀行Tポイントプログラム【管理人オス ...

続きを見る

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ

うれしい
定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(冬から夏のボーナス時期の比較)【2017年4月・5月・6月・7月・8月・9月・10月・11月・12月】

現在実施している当ブログで公開した高金利の定期預金ネタをまとめたページです。(随時更新版) 最低でもメガバンクの定期預金の金利の20倍以上の金利を出す高金利の定期預金を取り扱う金融機関は、まだまだたく ...

続きを見る

超短期の定期預金の金利ランキング

1週間定期預金と2週間定期預金の金利ランキング【円貨版】

日本国内の金融機関が取り扱う超短期の定期預金を金利をランキング形式で紹介します。取り扱い数が少ないので、1週間と2週間の定期預金をまとめて紹介します。金利が変更になった場合は随時更新します。 このエン ...

続きを見る

普通預金の金利ランキング

ネットバンクや地方銀行や信用金庫のインターネット支店の普通預金の金利ランキング【随時更新版】

全国どこに住んでいても口座開設可能かつインターネットを利用して取引可能なネットバンクや地方銀行や信用金庫などのインターネット支店の普通預金の金利ランキングを公表します。 メガバンクや地方銀行などの金融 ...

続きを見る

高還元率のクレジットカードまとめ

おすすめの原則年会費無料で高還元率のクレジットカードまとめ

普段皆さんどんなクレジットカード使っていますか? 普通のクレジットカードの還元率は0.5%で、10,000円買い物したら、50円分程度のポイントしかつきません。 ここで紹介するクレジットカードは、どれ ...

続きを見る

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

当ブログでカーライフに最適なクレジットカードを紹介した記事をまとめました。 自動車を乗るならば高速道路のETC割引やガソリンスタンドの割引を考えるとクレジットカードが持っていないと正直言って話しになり ...

続きを見る

2,000円分のポイントが貰えます

Uポイントが2,000点もらえるUCSカードインターネットでの入会限定キャンペーン実施中です

UCSカードの新規入会キャンペーンをピックアップします。 このキャンペーンは、Uポイントが最大2,000点もらえるインターネットでの限定キャンペーンです。詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目 ...

続きを見る

資金移動の禁断の裏ワザ

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

ネットバンク、地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合などは高利の定期預金を募集していますが、ネックが満期資金を移動させるときに、振込み手数料が発生することです。 そこで、無料で資金移動させる ...

続きを見る

-閑話休題
-,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 AllRights Reserved.