銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

投資

アブラハム・プライベートバンク行政処分で話題の投資助言・代理業をサルでも解るよう解説してみた

投稿日:2013年10月3日 更新日:

 

「1億円は貯められる」とのうたい文句で顧客を集めたアブラハムプライベートバンクの海外ファンドお取り寄せサービスである「いつかはゆかし」。

当ブログもそのコンセプトが紛らわしいと誤爆を受けたこともありました。

アブラハム・プライベートバンク「いつかはゆかし」と当ブログの関係について 1億円を貯めてみよう!/ウェブリブログ

さて昨日アブラハムプライベートバンクが行政処分を受ける方向になったとニュースになりました。

アブラハム処分勧告へ 監視委「投資助言を逸脱」:日本経済新聞

 証券取引等監視委員会は投資助言大手アブラハム・プライベートバンク(東京・港)を行政処分するように金融庁に勧告する方針を固めた。金融商品販売業者の登録をせずに海外運用会社の商品を実質的に販売し、金融商品取引法に違反したと判断した。金融庁は、業務の一時停止を軸に業務改善を求める構え。一方、アブラハム側は「投資助言業は逸脱していない」と見解の相違を強調している。

投資助言・代理業とは?

アブラハムプライベートバンクは金融商品取引業者の登録していますが「投資助言・代理業」だけです。

「投資助言・代理業」は金融商品に対する投資判断に際して、専門的な立場から投資家に助言を行う対価として顧客から報酬をもらう業のことです。

要するに個人が金融資産を投資するときの投資判断をアドバイスし、その代わりにアドバイス料をもらう業務ですね。

スポンサーリンク

投資助言・代理業の義務

当然ですが、投資助言・代理業は、以下の2つの義務があります。

  1. 顧客の利益になる投資助言を忠実に行う義務
  2. その業務を委任されたもの職業や専門家としての能力、社会的地位などから考えて通常期待される注意義務(いわゆる善管注意義務)

投資助言・代理業がやってはいけないこと

直接、顧客に対して有価証券などを売ってはいけませんし、顧客の利益以外の行為(いわゆる利益相反行為)になるような助言を禁止しています。

アブラハム・プライベートバンクが行政処分になりそうなのはなぜ?

英系資産運用会社ハンサード社などファンドを勧める代わりに、顧客から手数料をもらうのだけなら投資助言・代理業の範囲内です。

しかし、海外籍のアブラハム・プライベートバンクの関連会社がハンサード社などから販売手数料を受け取っていたようで、これが顧客の利益相反に当たるということになります。

また、運用会社から販売手数料を貰ったうえで、その運用会社の有価証券を顧客に繰り返し紹介するこういは、販売行為と同一行為となることから、金融商品取引業者の登録が必要になります。

スポンサーリンク

結局のところ

投資助言サービスと言いながら、実際は特定のファンドを売りつけて、特定のファンドの運用会社から販売手数料を貰っていたということが問題です。

普通に第1種金融商品取引業者として登録したうえで、特定のファンドを販売するといのビジネスモデルに転換すればいい話ですが、「いつかはゆかし」のコンセプトが崩れますので、行政処分(一定期間の業務停止命令を検討中とのこと)後に、今までのような派手な宣伝は難しいでしょう。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう(最新記事をお届けします)

Twitterで管理人アカウントを

X-lift(クロスリフト)


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

ピックアップメガバンク120倍の預金金利にするには?
ピックアップとってもおトクなカード入会キャンペーンまとめ




こちらの記事もオススメです

銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめ

現金やポイントなどがもらえるお得なネットバンクや証券会社などの口座開設キャンペーンまとめ

過去に紹介した銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめました。このページは随時更新していきます。 このエントリーの目次ネットバンクの口座開設キャンペーン住信SBIネット銀行 円定期預金特別金利 ...

続きを見る

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ

うれしい
定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(冬から夏のボーナス時期の比較)【2017年4月・5月・6月・7月・8月・9月・10月・11月・12月】

現在実施している当ブログで公開した高金利の定期預金ネタをまとめたページです。(随時更新版) 最低でもメガバンクの定期預金の金利の20倍以上の金利を出す高金利の定期預金を取り扱う金融機関は、まだまだたく ...

続きを見る

超短期の定期預金の金利ランキング

1週間定期預金と2週間定期預金の金利ランキング【円貨版】

日本国内の金融機関が取り扱う超短期の定期預金を金利をランキング形式で紹介します。取り扱い数が少ないので、1週間と2週間の定期預金をまとめて紹介します。金利が変更になった場合は随時更新します。 このエン ...

続きを見る

普通預金の金利ランキング

ネットバンクや地方銀行や信用金庫のインターネット支店の普通預金の金利ランキング【随時更新版】

全国どこに住んでいても口座開設可能かつインターネットを利用して取引可能なネットバンクや地方銀行や信用金庫などのインターネット支店の普通預金の金利ランキングを公表します。 メガバンクや地方銀行などの金融 ...

続きを見る

高還元率のクレジットカードまとめ

おすすめの原則年会費無料で高還元率のクレジットカードまとめ

普段皆さんどんなクレジットカード使っていますか? 普通のクレジットカードの還元率は0.5%で、10,000円買い物したら、50円分程度のポイントしかつきません。 ここで紹介するクレジットカードは、どれ ...

続きを見る

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

当ブログでカーライフに最適なクレジットカードを紹介した記事をまとめました。 自動車を乗るならば高速道路のETC割引やガソリンスタンドの割引を考えるとクレジットカードが持っていないと正直言って話しになり ...

続きを見る

2,000円分のポイントが貰えます

Uポイントが2,000点もらえるUCSカードインターネットでの入会限定キャンペーン実施中です

UCSカードの新規入会キャンペーンをピックアップします。 このキャンペーンは、Uポイントが最大2,000点もらえるインターネットでの限定キャンペーンです。詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目 ...

続きを見る

資金移動の禁断の裏ワザ

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

ネットバンク、地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合などは高利の定期預金を募集していますが、ネックが満期資金を移動させるときに、振込み手数料が発生することです。 そこで、無料で資金移動させる ...

続きを見る

-投資
-, , , ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 AllRights Reserved.