銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

サービス

三井住友信託銀行 トラストプレミアムサービスの他行宛振込手数料が月20回無料となるなどの優待内容や条件を紹介します

投稿日:2016年8月28日 更新日:

三井住友信託銀行のトラストプレミアムサービスという優遇サービスがあります。これは預入資産残高などに応じて、他行宛振込手数料が無料になるなどのサービスです。

本日は、このサービスを解説します。

スポンサーリンク

三井住友信託銀行 トラストプレミアムサービスとは?

三井住友信託銀行の口座をお持ちの個人の方を対象としたサービスで、預り資産が一定額以上であれば、ステージに応じて、他行宛振込手数料無料などの優待サービスを受けられます。

三井住友信託銀行 トラストプレミアムサービスのステージ判定条件について

ステージ 取引残高
シルバーステージ 300万円以上1,000万円未満
ゴールドステージ 1,000万円以上3,000万円未満
プラチナステージ 3,000万円以上

取引残高の計算方法

トラストプレミアムサービスの取引残高は以下の資産残高1と2の合計の金額です。

1 毎月の預り資産(定期預金、投資信託、ファンドラップなどの合計金額)残高の合計

2 住宅ローン(フラット35、カードローンなど一部の商品は含まれない)の当初借入れ残高の1/2

複数の支店でも預り資産は合算できます

資産残高は複数の本支店の口座も合算可能です。ただし、お客様番号が異なる場合は、まとめサービスを利用する必要があります。

まとめサービスを利用すれば同一世帯の家族の残高も合算可能

まとめサービスを利用するとお客様番号が異なる複数の本支店可能ですが、同居している家族の取引残高を合算して判定することも可能です。

ただし、まとめサービスを希望する場合は、トラストプレミアムサービス おまとめサービス依頼書に、おまとめサービスを希望する全員の署名と届出印を押印したうえで、本支店に提出する必要があります。

トラストプレミアムサービスステージの判定や適用期間は?

判定は、半年毎&月末の2つ

ステージの判定は毎月3月・9月を基準日として、取引残高を計算して新しいステージが決まります。

また、月末も取引残高を計算して基準日に比べて取引残高が増加して条件を満たせば、上位のステージにアップする毎月の見直しもあります。

つまり、ステージアップだけは随時見直しをし、ステージダウンの場合は基準日にに判定するということです。

適用期間は半年間

基準日の翌々月初(5月1日か11月1日)から新しいステージが適用になり、半年間適用になります。その適用期間中に取引残高が減少してもステージがダウンすることはありません。

スポンサーリンク

トラストプレミアムサービスのサービスについて

定期預金の金利上乗せ

新型定期預金<グッドセレクト>(固定型)、新型定期預金<グッドセレクト>(変動型)、大口定期預金、スーパー定期、スパートともに以下の金利が店頭表示金利から上乗せとなります。

ステージ 上乗せ金利
シルバーステージ 上乗せ無し
ゴールドステージ +年0.01%
プラチナステージ +年0.02%

普通預金の金利上乗せ

ステージごとに普通預金金利が上乗せとなります。といっても最大2倍なので、楽天銀行マネーブリッジ(金利 年0.1%)やイオン銀行普通預金(金利 年0.12%)に比べると大幅に見劣りします。

ステージ 適用金利
シルバーステージ 年0.001%
(店頭表示金利と同じ)
ゴールドステージ 年0.002%
プラチナステージ 年0.002%

ATM時間外手数料や提携ATM利用時の手数料が無料に

時間外手数料を無料に

三井住友信託銀行、セブン銀行、E-net、ゆうちょ銀行のATMで時間外に出金した場合にかかる時間外出金手数料108円(税込)が、翌営業日にキャッシュバックされます。

このサービスはシルバーステージ、ゴールドステージ、プラチナステージ全ての方が対象です。

提携ATM出金手数料も月20回まで無料に

三井住友信託銀行、セブン銀行、E-net、ゆうちょ銀行以外のATM(MICS提携金融機関、セブン銀行・E-net以外のコンビニATM、イオン銀行ATM)で出金しても、月20回までの出金手数料(時間内108円、時間外216円)が、翌営業日にキャッシュバックされます。

このサービスは、ゴールドステージ、プラチナステージ対象のサービスです。

他行宛振込手数料が無料に

トラストプレミアプレゼントサービスの一番の目玉が他行宛振込手数料の無料サービスですが、ゴールドステージ、プラチナステージ対象のサービスです。

テレフォンバンキング・インターネットバンキングでの他行宛振込手数料が月20回まで無料となります。

【参考】三井住友信託銀行の他行宛振込手数料について

他行宛振込手数料は以下のとおりです。なお、インターネットバンキングやテレホンバンキングで三井住友信託銀行の本支店宛振込手数料は条件にかかわらず無料です。

振込金額 通常(税込)
テレフォンバンキング 1万円未満 270円
1万円以上3万円未満 324円
3万円以上 486円
インターネットバンキング 3万円未満 162円
3万円以上 216円

この他にも割引サービスなどがあります

これ以外にも以下のとおり割引サービスがあります。

特典 シルバーステージ ゴールドステージ プラチナステージ
貸金庫使用料割引 -
暦年贈与サポート信託手数料割引 -
不動産仲介手数料割引 -
遺言信託(執行コース)
基本手数料割引
- -
遺言信託(執行コース)
遺言書保管料無料
- -
船割サービス -
旅行割引サービス
がん検診・人間ドック割引
健康相談ダイヤル

他行宛振込手数料が月20回は魅力的だが条件が厳しい

トラストプレミアムサービスは、ゴールドステージ以上であれば、他行宛振込手数料が月20回無料となります。かなり美味しいサービスですがいかんせん、残高1,000万円以上と利用できる方を選ぶサービスです。

おまとめサービスを利用すれば同居している家族間で資産残高が合計できることから、ゴールドステージを狙える方もいらっしゃるかと思います。手続きは依頼書を提出するだけと大変簡単ですので、対象となる方はぜひ手続きすることをオススメします。

トラストプレミアムサービスのさらに詳しい情報は公式ページをご確認ください⇒トラストプレミアムサービス | 三井住友信託銀行株式会社

スポンサーリンク

条件の緩い三井住友信託VISAポイントクラブがオススメです

実は、三井住友信託銀行を利用している方にオススメのサービスは、三井住友信託VISAポイントクラブです。

三井住友トラストVISAカードの発行のうえこのサービスを申し込むと、銀行取引だけでポイントが貯まります。

さらに、他行宛振込手数料が月5回無料になったり、ゴールドカードが75%offの2,500円と格安で手に入るほかにも、ポイントクラブClubOffサービスでレジャー施設や映画、レストランなどが割引価格で利用できるなどメリットがたくさんあります。

詳しくは以下のページをご覧ください。

うれしい
三井住友信託VISAポイントクラブは他行宛振込手数料が月5回まで無料かつ格安でゴールドカード所有などメリットがいっぱいあります

三井住友信託VISAポイントクラブというサービスがあります。 これは三井住友信託銀行独自のサービスなのですが、他行宛振込手数料が5回まで無料になるほか、ゴールドカードが通常の75%offの年会費で持て ...

続きを見る

他にも他行宛振込手数料が無料となる金融機関はありますよ

このほかにも、他行宛振込手数料が無料になる金融機関は、たくさんありますよ。

詳細は以下のページをご覧ください。

資産形成や貯金
5分で分かる他行宛振込手数料が無料になる銀行や信託銀行などの全25サービスまとめ

他行宛振込手数料が無料となる銀行や信託銀行、さらに労働金庫などのサービスをまとめました。全部で25サービスです。 一般的に他行宛振込手数料は、インターネットバンキングでも1件あたり216円から540円 ...

続きを見る

 

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大15,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう(最新記事をお届けします)

Twitterで管理人アカウントを

X-lift(クロスリフト)


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


  • この記事を書いた人

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

http://ichiokuen-wo.jp/

-サービス
-, , , ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 All Rights Reserved.