三井住友銀行

サービス

三井住友銀行SMBCデビット(Visaデビット)を徹底解説しました

投稿日:

三井住友銀行のデビットカードであるSMBCデビット(Visaデビット)。

2017年10月からはSMBCポイントパックの優待適用条件の1つにこのSMBCデビットの発行が入りましたので、発行を検討している方もいらっしゃると思います。

三井住友銀行
三井住友銀行SMBCポイントパックサービス内容が10月1日から変わりますので解説します

三井住友銀行の顧客優遇サービスのSMBCポイントパックのサービス内容が2017年10月1日から改定になります。 詳細を確認してみましょう。 ※2018年4月1日 ...

ということで、今回徹底解説します。

スポンサーリンク

このエントリーの目次

三井住友銀行SMBCデビット(Visaデビット)の特徴

三井住友銀行SMBCデビット(Visaデビット)の特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料で使用できる
  • SMBCポイントパックの優待を受けることができる
  • 世界200以上の国と地域のVisa加盟店で利用できる
  • 利用金額の0.25%が毎月キャッシュバックされる
  • 4種類のカードデザインが選べる
  • 審査なしで利用できる
  • 買い物安心保険、不正利用補償付き
  • Visa認証サービス
  • VJデスクが利用できる
  • 海外ATMで現地通貨が引き出せる

スポンサーリンク

三井住友銀行SMBCデビット(Visaデビット)とは?

三井住友銀行SMBCデビット(Visaデビット)はとは、三井住友銀行と三井住友カードが発行しているカードです。2016年10月に発行が開始された新しいデビットカードで、Visaのマークあるお店ならどこでも使うことができます。

JCB、アメリカンエクスプレス、ダイナースクラブなどのカードは、海外で使えないお店がありますが、国際ブランドがVisaであるSMBCデビットは、世界のクレジットカードのシェアはVisaがNo.1であることから世界200以上の国と地域で利用することができます。つまり、使い勝手では断トツのデビットカードです。

三井住友銀行SMBCデビット(Visaデビット)の利用条件

三井住友銀行の普通預金口座を持っていて、15歳以上(中学生不可)の方は誰でも作ることができます。

三井住友銀行SMBCデビット(Visaデビット)の年会費は?

同じVisaデビットである「三菱UFJ Visaデビット」と比べてみましょう。

三菱UFJ Visaデビット」は、初年度の年会費は無料ですが、年間のカード利用額が10万円未満の場合、2年目以降の年会費が1,080円(税込)かかってしまいます。

三菱東京UFJ銀行
三菱UFJ銀行のデビットカード(三菱UFJ-VISAデビット)の年会費やキャッシュバックシステムなどを解説します

三菱UFJ銀行のデビットカードである三菱UFJ-VISAデビットを徹底解説します。詳細を確認してみましょう。 スポンサーリンク このエントリーの目次三菱UFJ- ...

三井住友銀行SMBCデビットの年会費は、初年度と2年目以降も、利用金額に関係なく無料です。

三井住友銀行SMBCデビット(Visaデビット)のポイント還元率は?

三井住友銀行SMBCデビットのポイント還元率は、0.25%です。正確に言うと、ポイント還元ではなく、毎月の利用金額の0.25%が、自動的にキャッシュバックされるという「キャッシュバック還元率」です。

デビットカードはクレジットカードと違って、口座にある分の金額分しか使うことはできないので、現金として還元されるというのは、デビットカードとしてはとてもシンプルで新しい手法です。

また、クレジットカードの中には、年間に決められた分の額を利用しないと特典やサービスを受けられない場合もあるので、SMBCデビットはその点はお得です。

三井住友銀行SMBCデビット(Visaデビット)の利用限度額は?

SMBCデビットの利用限度額は、1ヶ月100万円です。よって、先ほどの「キャッシュバック還元」は、1ヶ月で最大2,500円、1年間で最大30,000円がキャッシュバックされるということになります。

三井住友銀行SMBCデビット(Visaデビット)の入会手続きの流れ

スマホアプリの「口座開設アプリ」で開設することができます。

すでに三井住友銀行の口座を持っている方は、口座番号や暗証番号を入力して、「SMBCダイレクトログイン」を行います。

口座を持っていない方の、郵送受け取りの流れを説明します。

  1. 口座開設アプリで、「キャッシュカード郵送受け取り」を選択する
  2. 同意画面を確認し、本人確認書類を撮影する(スマホで撮影して送信する)
  3. 情報を入力し、内容を確認する
  4. 携帯電話に届いたショートメッセージに記載されたURLを開くと申し込み完了
  5. 1週間前後で、カードが郵送で到着する
  6. カードの台紙から「印鑑届」を切り離し、返送する

※印鑑届の返送をしないと、振込や口座振替などのカード機能が使えないので注意

三井住友銀行SMBCデビット(Visaデビット)の支払方法は?

SMBCデビットの支払い方法は、即時口座振替です。カード払いを利用した瞬間に、口座から料金が引き落とされます。

口座にある金額しか利用できないので、使い過ぎを防止できます。

また、SMBCデビットによる支払、入金、振込などの手続きは、動きがあるたびに利用者にメールで情報が届くようになっているので、安心して利用できます。

三井住友銀行SMBCデビット(Visaデビット)のメリット

発行するとATM時間外手数料無料や本支店あての振込手数料が無料になる

SMBCポイントパックの優待によりSMBCビットを発行すると以下のサービスを受けることができます。

  • 三井住友銀行ATMでのATM時間外手数料が無料に
  • コンビニ等ATM(イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM)のATM時間外手数料・ATM利用手数料が「月3回まで」無料に
  • SMBCダイレクトでの本支店あての振込手数料が無料に
  • SMBCダイレクトでジャパンネット銀行の本人名義口座あての振込手数料が無料
三井住友銀行
三井住友銀行のSMBCポイントパックとSMBCファーストパックのサービスの違いや優遇特典を解説しました

三井住友銀行の顧客優遇サービスとして、SMBCポイントパックとSMBCファーストパックという2つのサービスがあります。 10月21日から三井住友銀行の本支店AT ...

4種類のカードデザインが選べる

SMBCデビットは、ベーシック、ミドすけ、なでしこ、龍という4つのカードデザインから選択することができます。

審査なしで利用できる

SMBCデビットは、15歳以上(中学生不可)であれば、誰でも審査なしで持つことができます。

審査が必ずあるクレジットカードと違って、SMBCデビットカードは、口座にある金額以上の利用をすることはできませんので、利用額の滞納など利用者の信用を下げるような事態は起こりません。

また手数料も無料なので、利用者がSMBCデビットに対して支払うお金は、利用金額のみです。なので、三井住友銀行の口座を持つ方であれば、審査なく利用できます。

買い物安心保険、不正利用補償付き

カードを利用して購入した商品であれば、損害を購入日の翌日から90日間補償してくれるサービスがあります。

このサービスは、海外でのカードの利用のみが対象で、1回の事故につき3,000円自己負担金を払わないといけません。

またカードの不正利用を補償するサービスもあり、不正の連絡を受けた日から60日前までさかのぼり、そこから受けた被害額のうち年間100万円まで補償してくれます。

Visa認証サービスも利用できる

オンラインショッピングで、なりすましなどの不正利用を防止するためのサービスを利用できます。

Visa認証サービス対応のオンラインショップ加盟店でSMBCデビットカードを使用する際に、任意でパスワードを設定し、認証を追加することができます。

VJデスクを利用できる

「VJデスク」は、三井住友カードが提供している旅行サポートサービスです。レストランの予約、カードの紛失などのサポートを無料で受けられます。

インフォメーションサービス

ホテル、レストラン、交通機関の案内をしてくれます。

リザベーションサービス

レンタカー、チケットなどの手配・予約をしてくれます。

アシスタンスサービス

ガイドや通訳の手配など、旅行のサポートをしてくれます。

エマージェンシーサービス

カード、パスポートなどの紛失といった緊急を要するトラブルに対応してくれます。

海外ATMで現地通貨が引き出せる

世界中に230万台以上設置されている、VisaマークのあるATMから現地の通貨でお金を引き出せます。ただし、海外ATMの手数料は1回108円かかります。

1回に引き出せる最大料金は10万円で、1ヶ月では100万円となっています。

三井住友銀行SMBCデビット(Visaデビット)のデメリット

キャッシュバック還元率が低い

現金でキャッシュバックがあるとはいえ、0.25%という還元率は決して高くはありません。ただし、現金還元なので、ポイントと商品を交換するときの手間などは省けます。

旅行保険が付帯していない

SMBCデビットカードには、海外旅行の傷害保険などが付帯されていません。

海外で起きたトラブルで補償してくれるのは、ショッピング保険だけで、海外で病気やケガをした際の費用は、すべて自分で負担しなくてはいけません。

ポイントプログラムが存在しない

クレジットカードのポイントプログラムのように、貯まったポイントを特定のポイントモールで使えるといったシステムがありません。

単純に現金としてのキャッシュバックのみになりますので、いろんなお店でポイントを貯めたいという方は、ポイントカードと併用して使用することになります。

しかしネットショッピングではVisa加盟店であればどこでもカードを使用することができるので、特定のポイントモールを提供しているプログラムに比べて、お得に購入できるお店の数がとても多いというメリットはありますが。

還元率は物足りないがキャッシュバックシステムは便利なデビットカード

三井住友銀行SMBCデビット(Visaデビット)は、メガバンクのデビットカードということで正直言って還元率は物足りないものがありますが、付帯サービスはそれなりに充実しています。

また、利用した分の還元が、ポイントではなく、キャッシュバックですので、交換の手間いらずな点もいいですね。

さらに、SMBCポイントパックの優待を受けることができるところにも注目です。三井住友銀行のATM時間外手数料無料になるほか、提携ATM利用手数料が月4回まで無料となったり、SMBCダイレクト(インターネットバンキング)の本支店振込手数料が無料となるなどメリットは大きいですね。

スポンサーリンク

三井住友銀行SMBCデビット(Visaデビット)公式情報はこちら

SMBCデビット(Visaデビット) : 三井住友銀行

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大10,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

口座開設で50倍の金利の定期預金を作る方法

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-サービス
-,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2018 All Rights Reserved.