大和証券 iDeCo

投資

ウェルスナビ(WealthNavi)長期割スタートで長く保有すれば運用金額に応じて手数料が割引になります

2017年12月26日

申込件数56,000口座、預かり資産400億円に達する人気の資産運用サービスのWealthNavi(ウェルスナビ)に新しく手数料割引プログラムがスタートします。

詳細を確認してみましょう。

ウェルスナビ(WealthNavi)長期割の詳細

  • プログラム開始月:2018年1月から
  • 手数料割引開始月:2018年7月から
  • 判定日:毎月1日
  • 対象運用金額:50万円以上
  • 上限割引手数料率:0.10%

長期割の概要

判定日に50万円以上となった月から6ヶ月間出金が無かった場合、判定帰還の最終月の翌月から6ヶ月間の手数料が割引になります。以降も同様に出金判定と割引を実施します。なお、割引の割引は出金がなければ上限割引手数料率まで永続的に続きます。

手数料割引幅について

通常は、年率0.01%割引になりますが、運用金額が200万円以上の場合は、年率0.02%割引になります。

長期割引金額 過去6ヶ月の出金有無 手数料の割引幅
50万円以上200万円未満 無し 0.01%(年率)
200万円以上 無し 0.02%(年率)

ウェルスナビ(WealthNavi)長期割の注意点

割引は段階的に実施される

条件を満たした場合は、手数料の割引は6ヵ月毎に段階的に実施されます。上限割引手数料率になるまでには、50万円以上の場合は5年、200万円以上の場合は2年半かかります。

出金すると翌月から通常の手数料に戻る

一旦出金すると通常の手数料(年率1%)に戻ります。

例えば、50万円を入金した後、出金せずに6カ月経過すると、その翌月より手数料が0.99%に下がりますが、出金すると、その翌月より手数料は1.00%に戻ります。その後に、20万円を入金し、出金せずに6カ月経過すると、その翌月より手数料は0.99%に下がります。

ウェルスナビ以外のサービスは対象外

このWealthNavi(ウェルスナビ)長期割はWealthNaviのみのサービスです。「WealthNavi for SBI証券」「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」「WealthNavi for ANA」「WealthNavi for ソニー銀行」などのサービスは長期割の対象外です。

預かり資産の評価額が3,000万円を超える部分の手数料は0.5%

預かり資産の評価額が3,000万円を超える部分は、このプログラムの対象外です。よって今までどおり預かり資産の評価額が3,000万円を超える部分の手数料率は0.5%です。

ウェルスナビ(WealthNavi)とは?

WealthNavi(ウェルスナビ)は、AIが資産運用をサポートするサービスです。投資は全て米国市場のETF(上場投資信託)を利用して、自動的に、低コストで世界分散投資ができるサービスです。

詳しくは以下のページをご覧ください。

ウェルスナビ(WealthNavi)の資産実績や評判さらにかかる手数料やメリットさらに圧倒的なデメリットを解説しました。

WealthNavi(ウェルスナビ)という個人資産家向けのAIによる資産運用サポートサービスが2016年7月3日より一般公開され、早速「2016RISING E ...

待望の手数料値下げプログラムの誕生です

ウェルスナビの手数料は1%で、割引は大口割引(3,000万円を超える場合の手数料0.5%になる)のみでしたが、少額からでも継続して資産運用していけば手数料が割引になる利用者にとっては待望のプログラムが登場します。

運用金額50万円以上、200万円以上という条件がありますので、もし値下げを希望されるのであれば、その条件金額以上になるように入金することをオススメします。

WealthNavi(ウェルスナビ)の公式情報はこちら

WealthNavi(ウェルスナビ)| ロボアドバイザーで全自動の資産運用

ぜひシェアお願いします

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

役立つサイト

金融庁

日経新聞 金融機関ニュース

日本銀行 Bank of Japan

相互リンク

Amazonギフト券が貰える

無料口座開設で現金貰える!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、週刊現代女性セブンさらに日経ヴェリタスなどでコメントする定期預金ウォッチャー。投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-投資
-, ,