大和証券 iDeCo

クラウドファンディング 投資

LENDEX 不動産担保付きローンファンド227-1号が11月14日10時から募集開始【運用利回り7.5%、運用期間12か月】

LENDEX株式会社が運営する不動産投資型クラウドファンディングサービスのLENDEX(レンデックス)。

そののLENDEX(レンデックス)が、不動産担保付きローンファンド227-1号の出資者を11月14日から募集開始します。

詳細を確認してみましょう。


LENDEX 不動産担保付きローンファンド 227-1号の詳細

  • 募集期間:2020年11月14日10時から2020年11月20日10時まで
  • 募集方式:先着順
  • 運用期間:2020年11月14日から2021年11月20日
  • 募集総額:76,010,000円
  • 最低成立総額:70,000,000円
  • 運用利回り:年7.5%
  • 投資可能金額:2万円以上
  • 出資者制限:499名
  • 税金について:分配金の源泉税額(20.42%、2020年6月1日現在)が徴収された上で、登録口座に振込み

不動産担保付きローンファンド227-1号 案件①

以下のとおりで、融資自体は、メザニンローンであり、シニアローンと合わせて担保余力分析を行った結果、融資金額はレンデックス社の80%を債権額全体の上限とし、その枠内での融資を実行します。

返済は当該不動産の売却による売却代金、借入人の事業収益、又は他の金融機関からの借り入れによって行われます。

  • 借入人:神奈川県内の不動産事業者H
  • 貸付金額:上限7,600万円
  • 貸付利率:9.5%
  • 業者報酬:2%
  • 借入期間:12か月
  • 返済完了日:2021年11月19日
  • 返済方法:元金12か月後一括返済(利払いは毎月)
  • 担保:東京都北区の1棟マンションの抵当権(第三順位)
  • 保証:代表者連帯保証
  • 借入人のLENDEXからの借入状況:62件、1,123,250,000万円
  • 借入人のLENDEXからの借入償還実績:117件、2,824,430,000万円
  • 資金用途:新たに購入する不動産(東京都北区の1棟ビル)の仕入資金の一部件

不動産担保付きローンファンド227-1号 案件②

以下のとおりで、無担保しで、代表者の連帯保証はつきます。

返済は当該不動産の売却による売却代金、借入人の事業収益、又は他の金融機関からの借り入れによって行われます。

  • 借入人:東京都内の不動産事業者L
  • 貸付金額:1万円
  • 貸付利率:10%
  • 業者報酬:2%
  • 借入期間:12か月
  • 返済完了日:2021年11月19日
  • 返済方法:元金12か月後一括返済(利払いは毎月)
  • 担保:なし
  • 保証:なし
  • 借入人のLENDEXからの借入状況:63件、889,300,000万円
  • 借入人のLENDEXからの借入償還実績:109件、1,626,120,000万円
  • 資金用途:運転資金

公式情報LENDEX

不動産投資型クラウドファンディングとは?

通常のクラウドファンディングは、目的を持った企業が個人に対して、インターネットを通じて不特定多数の出資者からの資金提供を募るものですが、株式投資型クラウドファンディングは、不特定多数の投資家から少額の資金を集めることで、投資家が未上場の新規・成長企業の株式を購入できるサービスです。

不動産投資型クラウドファンディングのメリット

不動産投資型クラウドファンディングのメリットは以下のとおりです。

  • 少額から不動産投資ができる
  • 優先劣後スキームにより損失から保全される
  • 現物不動産投資よりも手続きが少ない
  • J-REITに比べて価格変動のリスクが小さい
  • 投資物件の情報が把握できる
不動産投資型クラウドファンディングのメリットとデメリット

融資型クラウドファンディングの中でも、人気があるのは不動産投資型クラウドファンディングです。 もちろん、ファンド型クラウドファンディングサービスを利用している不 ...

LENDEXとは?

LENDEX(レンデックス)は、2000年に設立した会社で、2017年7月から不動産型クラウドファンディングを提供しています。

サービスとしては後発組ですが、ローン総額67億円を、投資家数は11,600人を突破しており、LENDEX(レンデックス)の案件の利回りは他の事業者の平均と比較すると、高い傾向いのが特徴です。

また、東急リバブル株式会社と業務提携しているのも特徴の1つであり、出金手数料もLENDEX(レンデックス)が持つという、クラウドファンディングサービスの中ではちょっとうれしいサービスも実施しています。

227-2号案件よりも抵当権順位が高くおススメ案件

紹介した不動産担保付きローンファン227-1号は、担保付案件であり、同時期に募集する不動産担保付きローンファンド227-2号と同じ担保ですが、抵当権は第2位と、227-1号よりも順位は高いです。

ただし、その分利回りが0.05%低くなっています。

今回のファンドは2万円から投資可能と少額からチャレンジできますが、利回りがそこそこ高いので早期に募集終了となるでしょう。

手持ち資産の分散投資の一環として利用するのは良いとは思いますが、念のため、投資する場合は、余裕資金の一部にすべきでしょう。

ちなみに、LENDEX(レンデックス)の口座開設費用などは一切無料で、無料で口座を持ちづづけることができます。

WEBサイトの「口座開設」から仮登録したうで、マイページにログインします。

その後本人確認書類資料、マイナンバー確認資料、口座確認資料をアップロードすればOK。

審査後に、LENDEXより簡易書留で審査結果が送付されますので、その簡易書留に記載された認証コードを入力すればLENDEX(レンデックス)のサービスが利用できます。

LENDEX 不動産担保付きローンファンド227-1号の公式情報はこちら

公式情報LENDEX

公式情報不動産担保付きローンファンド 227-1号 - LENDEX

【参考】最新のクラウドファンディング情報はこちらを

当ブログで紹介している最新のクラウドファンディング情報はこちらです。


管理人からのお願い

永続的にコンテンツ提供するためにカンパを募集しております。

もし参考なるようであれば、OFUSEというサービスからカンパをぜひお願いします。

 

ぜひシェアお願いします

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

金利1%の定期預金の作成するには?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


クラウドバンク cheeese
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-クラウドファンディング, 投資
-,

© 2020 1億円を貯めてみよう!chapter2