世界分散投資

大和証券 iDeCo

投資

【寄稿記事】今週の相場見通しについて(2020年9月21日~9月25日)

知人の金融関係者に寄稿してもらい毎週1回、今週の相場見通しをお届けします。

皆さん投資検討する時の参考にしてください。

延長を希望される方がいたので当面の間延長します。感想などコメントや感想・問い合わせから教えてもらえると嬉しいです。

なお、当ブログに寄稿を希望されるブロガーさんがいらっしゃいましたら、こちらからご連絡くださいませ。投稿一覧

感想・問い合わせ - 1億円を貯めてみよう!chapter2

今週の相場見通しについて(2020年9月21日~9月25日)

金融関係の仕事にしているtakashiです。

今週の相場見通しをお届けします。

先週の振り返りから

2020年9月14日~2020年9月19日の週の日経平均株価は、週の初めは自民党総裁選、週の半ばはFOMCが市場の関心材料となった。

大方の予想どおり、菅義偉氏が自民党総裁に、そして、第99代内閣総理大臣に任命されることとなった。

市場はこのことを織り込み済みだったうえ、前週末のNYダウが堅調だったことや、ソフトバンクグループの株式非公開化検討と傘下の英半導体設計大手アームの全株式売却合意のニュースが好感され、14日(月)の日経平均株価は堅調だった。

しかし、日経平均株価が3営業日連続で上昇したことを受けた利益確定売りに加え、FOMCを前に様子見したいとの思惑もあり、その後の日経平均株価は方向感の出ない展開に。

また、円高進行も下押し材料となった。

18日(金)には小反発し、出遅れ感のある内需株を中心に買いが入ったが、円高がやはり下押し材料となり、小幅高で取引を終えている。

今回、菅総理が誕生し、新内閣の顔ぶれも出そろった。

菅政権は安倍政権の方針を引き継ぐ形となった一方で、デジタル化や縦割り行政の撤廃を掲げていることから、2020年9月21日~2020年9月26日の週は、菅内閣の政策関連銘柄の物色が続き、それが日経平均株価を下支えすると考えられる。

積極的な買い材料はないが、底堅く推移するだろう。

ただ、日本は21日(月)と22日(火)が連休で休場のため、その間の米国市場の動向には注意が必要だ。

このところ米国では、主力であるハイテク株の下落が続いている。

以前も書いたように、米ハイテク株は高値更新が続くなど割高水準になっていたことから、急落が懸念されていた。

その米ハイテク株は、18日(金)も値を下げた。

利益確定売りに押されたことに加え、金融機関による投資判断が引き下げられたことが、下落の原因になったようだ。

FOMCは予想どおりでサプライズ無し

また、今回のFOMCでは予想どおり、米国の金融緩和が長期化する見通しとなった。

ただ、その後のパウエルFRB議長の記者会見では、「経済見通しが極めて不安定」「人々が安全だと感じるまでは、経済が完全回復する可能性は低い」など、景気回復に慎重な見方を示し、イールドカーブ・コントロールやマイナス金利に関する踏み込んだ発言はしなかった。

予想どおりとはいえ、サプライズが無かったことが米株式市場の下押し材料となったと考えられる。

また、パウエルFRB議長は「経済全体の見通しは、新型コロナウイルスの抑制に大きく依存する」との発言をしている。

だからこそ、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大後は、同ウイルスを巡る報道が市場の注目材料となったのだ。

新型コロナウイルスのワクチン開発に関する報道は市場の注目材料となっているが、16日(水)に、米疾病対策センター所長が議会証言で、「年内のワクチン供給は限定される」と述べ、米国民への普及は来年夏以降になるとの見通しを示した。

ワクチンが早期に普及すれば、景気のV字回復も夢ではなくなるが、そうでなければ景気回復は遅れる。

そのため、米国では、新型コロナウイルスの感染拡大による景気の落ち込みを緩和するための経済対策が行われているが、現在注目されている追加対策については、上院が5,000億ドル規模の共和党案を事実上否決している。

先週に続いて、米国市場の動向に左右されやすい展開に

前週も書いたように、11月の米大統領選前までに与野党が合意しない可能性が浮上し、公的支援がなくなることによる米国の景気先行き不安が急速に広がっているのだ。

このような政治的リスクが米国株の下押し材料となっているうえ、11月の米大統領選についても、バイデン氏とトランプ米大統領との差が縮小しているため、どう転がるか分からない。

さらに、米商務省は安全保障上の脅威を理由に、中国系短編動画投稿アプリの「TikTok」や対話アプリの「Wechat」について、米国での配信・更新を禁止すると発表するなど、米中対立は深刻化している。

日本の連休中に、これらの懸念材料についての報道があれば、それが相場を大きく左右するだろう。

ただ、ハイテク株主導で動いてきた米国市場に対し、日本市場はバリュー株が選好されていることから、仮に米株安となっても、日経平均株価の下落は限定的なものにとどまる可能性が高い。

また、28日(月)が中間配当の権利付き売買最終日であることから、連休明けは、中間配当目的の買いが入る可能性も考えられる。

そのため、2020年9月21日~2020年9月26日の週の日経平均株価は方向感の出にくい動きになると考えられる。

つまり、先週に続いて、米国市場の動向に左右されやすい展開となるだろう。

ただし、下落した場合でも日経平均株価の下値は堅いと考えられる。

今週は経済指標とパウエルFRB議長の証言に注意

なお、このほかに、2020年9月21日~2020年9月26日の週は、22日(火)に8月の米中古住宅販売件数が、そして、25日(金)に8月の米耐久財受注が発表される。

また、23日(火)には、米下院でパウエルFRB議長がFRBの新型コロナウイルス対応について証言することとなっている。

これらの経済指標の結果やパウエルFRB議長の証言にも注意したい。

管理人からのお願い

永続的にコンテンツ提供するためにカンパを募集しております。

もし参考なるようであれば、OFUSEというサービスからカンパをぜひお願いします。

 

ぜひシェアお願いします

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

金利1%の定期預金の作成するには?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


クラウドバンク cheeese
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-投資
-

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2020 All Rights Reserved.