投資家登録などでAmazonギフト券1,000円が貰える

口座開設だけでAmazonギフト券1,000円が貰える

通貨

投資

FXにおけるOTC方式(オーティーシー方式)とNDD方式(ノンディーリング方式)の違いやメリットデメリットを徹底解説

2015年2月17日

FX(外国為替証拠金取引)において、OTC取引とNDD方式の二つあることをご存知ですか?

OTC取引はオーティーシー方式と読み、NDD方式はノンディーリング方式と読みます。それぞれメリットとデメリットがありますので違いなどを徹底解説します。

OTC方式は相対取引

OTC方式とは、トレーダーのFX会社の間で行われる取引方法の1つです。DD方式、相対取引(あいたいとりひき)とも呼ばれています。

トレーダーとFX会社の間に仲介するディーラーが入ることによって、注文が的確かどうかを判断し、場合によっては注文が通らないこともあります。

ほとんどの国内FX会社がこのOTC方式の口座を用意していて、FXにおいての利益が、トレーダーとFX会社で相反関係になっているのが大きな特徴です。

OTC方式の特徴は以下の通りです。

  • 国内FX会社の多くが採用している
  • 注文の可能数量が埋まる確率が低い
  • スプレッドが狭い会社が多く存在する
  • 取引手数料が無料の会社も多い
  • キャッシュバックなどのキャンペーンが多い

OTC方式のメリット

OTC方式は国内FX会社の多くが採用している

OTC方式は、海外FX会社でも採用しているところはありますが、日本国内のFX会社のほとんどは、OTC方式の口座を採用しています。

FX初心者でも、最初はこのOTC方式の口座で取引する可能性が高いので、このシステムを勉強することで、FXの基本的な約定までの流れや、FXの技術がつく可能性は高いです。

注文の可能数量が埋まる可能性が低い

トレーダーの注文を、ディーラーがある程度操作することが見込まれるので、売りと買いの注文を相殺したりすることで、注文可能な数量がNDD方式よりは埋まりにくいと言われています。

約定率100%というOTC方式を採用しているFX会社も実際に存在します。

スプレッドが狭い会社が多く存在する

OTC方式を採用しているFX会社は、トレーダーの損失で主に利益を出しているので、スプレッドがそれほど重要視されていません。

特に日本のトレーダーはスプレッドを非常に気にするので、なるべく狭くしてOTC口座で開設をしてもらおうとするFX会社が多いです。取引の手数料が少なくなるので、トレーダーに有利な点でもあります。

実際に海外FX会社も、日本人向けのサービスとして、業界最狭レベルのスプレッドを反映させたOTC口座を提供しているところがあります。

取引手数料が無料の会社も多い

取引手数料無料のOTC口座は、国内FX会社に多いです。これもスプレッドの考えと同じで、他に会社が利益を得る方法が存在しているのが理由です。

利益を出しているトレーダーは業界の1割程度という統計からも、OTC方式が多くのサービスを提供できる理由が分かります。

キャッシュバックなどのキャンペーンも多い

OTC方式のFX会社では、口座に初期費用を入金すれば、キャッシュバックを受けられるというようなサービスも多いです。

キャッシュバックのルールはさまざまで、入金額に応じてもらえる額が変化するFX会社もあります。

また口座開設のサイトと提携して、特定のサイトから口座開設を行えばキャッシュバックが受けられるサービスもあります。

OTC方式のデメリット

トレーダーにとって不利な取引になる可能性が高い

OTC方式は、利益関係がトレーダーとFX会社で相反関係になっているため、どうしてもFX会社は、自社への利益を優先しようとします。

よく見られる不利な点は、以下の通りです。

スリッページ

トレーダーが利益確定注文を出してから、約定されるまでの時間が遅いと、注文を出したときから相場の値が多少ズレてしまいます。

約定力が高いFX会社というのは、このスリッページが少ないという意味ですが、OTC方式にはこのスリッページが不当に起こりやすいというデメリットがあります。

レート変更

ディーラーが故意にレートを変更することによって、トレーダーが注文を出したときと違う値で約定してしまう可能性があります。

ストップ狩り

FX会社が、意図的にトレーダーのポジションを損切して、終了させてしまう可能性があります。

リクオート

「約定拒否」とも言われ、トレーダーが出した注文をディーラーが却下して、別の価格を提示することです。

これも、FX会社が有利になる取引を行わせるための方法です。

スキャルピングが禁止されている会社がある

スキャルピングは、短期取引を高速で行うことによって、小さな利益を積み重ねていく取引方法です。OTC方式の口座は、スプレッドが狭いところが多いため、トレーダー側から見れば安い値段で多くの取引が行えるので有利です。

しかしFX会社はスプレッドではあまり儲からないので、このようなスキャルピングを目的とした高速取引を規則として禁止しているところがあります。

会社によっては、その規則を破るとFX口座を凍結されてしまい、取引ができなくなる会社もあります。

自動売買が禁止されている会社がある

人工知能運用システムなどの、自動売買を使った取引も禁止されているFX会社があります。

自動売買ツールを使用して、スキャルピングと組み合わせる方法もあるので、両方合わせて禁止している会社もあります。

NDD方式はインターバンク直結型の取引

NDD方式は、トレーダーとFX会社の間にディーラーを介さない取引方法です。投資家の注文は必ずFX会社によって約定され、トレーダーにとって不利なスリッページやレートの操作などが行われる危険性がありません。

トレーダーは、自身の意とした納得のいく取引を約定させる可能性が高くなります。

NDD方式の大きな特徴は、OTC方式と違って、取引で生まれるFX会社の利益は、トレーダーが取引を行うことで発生するスプレッドのみという点です。

そのため、トレーダーとFX会社の利益関係が、相反関係になりません。取引を行えば行うほど、トレーダーはクリアな取引を行うことができ、FX会社はスプレッドで利益がどんどん上がります。

なのでFX会社は、スキャルピングなどの短期取引も歓迎しているところがほとんどで、NDD方式の口座を利用しているトレーダーも、スキャルピングを目的とした口座として使用している場合が多いです。

NDD方式の特徴は以下の通りです。

  • トレーダーに不利な取引が起こりにくい
  • スキャルピングで相関関係の利益になる
  • 海外FX会社に見られるゼロカットシステム
  • プラットフォームが共通のところが多い

NDD方式のメリット

トレーダーに不利な取引が起こりにくい

NDD方式のFX会社は、トレーダーとの利益関係が相関関係になっています。

FX会社は取引のスプレッドによって利益を得ているため、トレーダーにどんどん取引をしてほしいということです。

さらにディーラーを介していないため、OTC方式にありがちな不当なスリッページや、レートの操作もなく、安心して取引をすることができます。

リクオートを絶対にしないと謳っているNDD方式のFX会社も多いのは、メリットの1つです。

スキャルピングで相関関係の利益になる

スキャルピング、自動売買にも寛大なのがNDD方式の特徴です。

トレーダーにとってもFX会社にとっても、短時間で利益を得るチャンスということには変わりありません。

海外FXに見られるゼロカットシステム

海外FX会社のNDD口座でよく見られるのは、証拠金額がマイナスになっても、0に戻してくれるという「ゼロカットシステム」というサービスです。24時間以内に残高を0に戻してくれるというFX会社も多く、マージンコール時に追証をしなくていいというサービスを提供している会社もあります。

プラットフォームが共通のところが多い

NDD口座のプラットフォームは、MT4など多く使われているものであることがほとんどです。

OTC方式のFX会社は、自社開発のプラットフォームを提供しているところも多いので、FX会社側の操作もしやすい環境になっています。

NDD方式のデメリット

スプレッドは高めのところが多い

スプレッドで利益を上げることを目的としているので、OTC方式と比べてスプレッドを高めに設定しているFX会社が多いです。

スプレッドと取引手数料が別途かかるところもあり、この点はトレーダーにとってデメリットの1つです。

部分約定になる可能性が高い

NDD方式では、買い売りの相殺などの操作が行われないため、為替のレートが自分の望む価格に達した場合でも、部分約定になってしまい、すべての注文が約定しない可能性が、OTC方式よりも高いです。

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

金利1%の定期預金の作成するには?


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


スマートプラス『STREAM』開設プロモーション
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-投資
-

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2019 All Rights Reserved.