大和証券 iDeCo

クラウドファンディング 投資

FUELオンラインファンドを取材してきました

FUEL株式会社は、複数の事業者や不動産タイプを取り扱う貸付型クラウドファンディングサイトのFUELオンラインファンドと、物流不動産に特化した貸付型クラウドファンディングサイトのCRE Fundingという2つのサービスを展開しています。

そのFUEL株式会社に先日取材をしてきました。

といってもコロナ禍なので、直接お会いすることが難しいので、事前にメールをお送りして実際に回答していただいたのものをそのままお伝えします。

FUELオンラインファンドとは?

FUEL株式会社が運営するFUELオンラインファンドは、貸付型クラウドファンディングを提供しています。

CRE Fundingとは異なり、さまざまな企業やプロジェクトへの貸付へを行います。

ファンドの審査は当然FUEL株式会社が行い、第三者的立場から、信頼性、安全性、収益性などについて、ファンド事業者およびファンドの審査を実施し、審査基準をクリアしたファンドのみを提供していきます。

公式情報FUELオンラインファンド

CRE Fundingとは?

FUEL株式会社が運営するCRE Fundingは、不動産型クラウドファンディングを提供しています。

CRE Fundingの案件の組成は株式会社シーアールイーが担当しています。

株式会社シーアールイーは物流施設の不動産の賃貸管理、開発、アセットマネジメントを行う東証1部上場企業で、REITのCREロジスティクスファンド投資法人のスポンサーも行っています。

CRE Fundingも取り扱う案件は、物流不動産関連の案件がメインとなります。

最大の特徴は株式会社シーアールイーの圧倒的な実績です。また、案件ごとに条件は異なりますが、株式会社シーアール―のマスターリースで賃料収入の安定性を確保したり、担保や保証付きによって投資家資産の保全を高める工夫も行っています。

公式情報CRE Funding

新しいサービス開始した経緯は?

すぱいく
FUELオンラインファンドを新たにサービス開始した経緯をお教えください。
「CRE Funding」のような独自のサイトは必要なくクラウドファンディングを利用したいという事業者に幅広くご利用いただくためです。

投資家の皆さまにとっても複数の事業者による様々なタイプのファンドをご用意することで投資の選択肢が広がるメリットがあると考えました。

また、FUELオンラインファンドでは独自サイトを展開する準備段階として検証的にファンド募集を行う場としても活用されていく予定です。

FUEL

FUELオンラインファンドの強みと弱みは?

すぱいく
FUELオンラインファンドの強みをお教え下さい。
以下、4点あります。

〇ファンド組成事業者を上場企業や監査を受けている非上場企業グループに限定している

〇不動産や金融のプロフェッショナルが、ファンド組成を進める上でのストラクチャリングやドキュメンテーション等の高度なサポートを行いプロジェクトファイナンスにも対応できる

〇第二種金融商品取引業者として、当社が投資家保護の観点からファンドを厳格に審査している

〇1つのFUELアカウントで事業者もプロジェクトも分散して投資ができる

物流や海外不動産、底地など、これまでさまざまな商品をリリースしてきました。そして、今後も新規事業者の参画が予定され、不動産タイプも増えていく予定です。

そういった多種多様な商品を1つのFUELアカウントで購入・管理できるのは「FUELオンラインファンド」の大きな強みです。なお、FUELアカウントで「FUELオンラインファンド」、「CRE Funding」に加えて今後リリース予定の新たな事業者のクラウドファンディング全ての案件に投資ができるようになっています。

事業者のクレジットだけでなく、プロジェクト単位での安全性の分析も行っていることは特徴の一つと考えています。

FUEL
すぱいく
FUELオンラインファンドの弱みと考える点があればお教え下さい。
FUEL社では2020年2月にCRE Funding開設で事業スタートしたものの、2020年12月に開始したFUELオンラインファンドを含めても、まだ15本のファンド募集実績しかない点です。
FUEL

他社との違いは?

すぱいく
FUELオンラインファンドと、同業他社(例えばFundsやmaneoマーケットなど)との違いや差別化している点を具体的にお教えください。
上記でも申し上げましたが以下の4つの強みがあります。

〇ファンド組成事業者を上場企業や監査を受けている非上場企業グループに限定している

〇不動産や金融のプロフェッショナルが、ファンド組成を進める上でのストラクチャリングやドキュメンテーション等の高度なサポートを行いプロジェクトファイナンスにも対応できる

〇第二種金融商品取引業者として、当社が投資家保護の観点からファンドを厳格に審査している

〇1つのFUELアカウントで様々な不動産ファンドに分散投資ができる

それぞれ個別に同業他社の条件と類似している部分はありますが、厳選した企業の良質な投資商品をお届けし、投資家の資産形成の選択肢の一つとして中長期的なサステイナブルな市場を創ろうとしています。

FUEL

投資資金の分別管理について

すぱいく
FUELオンラインファンドやCRE Fundingへ投資する際に、事前に投資口座へ入金する必要がありますが、この資金は、分別管理をされているのでしょうか?

また、分別管理していない場合、今後、分別管理の実施を検討されているのでしょうか?

法律に則り分別管理を厳格に行っております。
FUEL

ファンドを提供するファンド事業者の審査などは?

すぱいく
FUELオンラインファンドでファンドを提供するファンド事業者は、上場企業及びそれに準ずる企業に限定されていますが、準ずる企業とは具体的にどのような企業でしょうか?
監査法人監査を受けている企業グループのことを指します。
FUEL
すぱいく
ファンド組成時の審査は、どのような方(経歴など)が行っているのか具体的にお教えください。
審査は1次~5次まであります。
1次・2次審査の対象はファンド事業者です。1次審査では最低限審査の土台に乗るかどうかのチェックということで、10項目程度を審査します。

次に2次審査では財務の安定性や成長性などトータル60項目以上を総合的に審査します。

続いて、3次・4次審査の対象はファンドの貸付先やファンド全体です。

3次・4次審査の内容は1次・2次審査の内容に加えて、ファンドの事業計画や不動産の案件の場合は最終的にどのような形で資金が返済されるのか、

不動産マーケットや物件評価なども併せてチェックしています。

1~4次審査を経て、全てクリアしたら最終の5次審査に移ります。

5次審査の審査委員会は、取締役全員と外部の専門家の税理士で構成され、全員が拒否権を持っています。取締役の略歴に尽きましては当社ホームページよりご確認下さい(https://www.fuelgr.co.jp/#member)。

一人でも「この案件は止めよう」と拒否したら、取り扱いません。

こうして5次審査まで全て通ったもののみを投資家にご案内するようにしています。

FUEL

FUELが提供するファンドのラインナップなど

すぱいく
ADW米国不動産ファンドは為替ヘッジありなしと保証の有り無しの4パターンが選べました。かなり斬新なファンドと考えますが、今後も同様な方法でファンドを提供することを計画されているのでしょうか?
FUELオンラインファンドにはADWグループ様以外にも複数の事業者のファンド募集を予定します。

その中には海外不動産案件以外も含まれ、また海外不動産案件であっても為替ヘッジや保証については案件毎に個別議論で組成していきます。

今回の案件を通して獲得した投資家のニーズについては今後の商品組成の参考にしていきたいと考えております。

FUEL
すぱいく
現在、FUEL株式会社様は、東証一部上場企業のCREグループのクラウドファンディングサイトの「CRE Funding」と、不動産投資クラウドファンディングのプラットフォームである「FUELオンラインファンド」を運営されていますが、今後の異なる事業(例えば株式投資型クラウドファンディングや全く違う投資サービスなど)への参入を計画されているのでしょうか?
「分散投資と言えばFUEL」をお使いいただけるよう、他の商品ラインナップも増やしていく予定です。
FUEL
すぱいく
最後に読者へのメッセージをお願いします。
いつもご利用頂きましてありがとうございます。

2020年2月のCRE Fundingに加えて、2020年12月に複数の事業者が参加可能なFUELオンラインファンドを開設しましたが、ファンド本数や金額が十分にご用意できず、数十秒で即完売といった案件が続き、投資したくてもできなかった方も多かったのではないかと推察しております。

皆様に温かく見守って頂いたお陰で、これまでの実績を大変高く評価頂いており、今後も複数の上場企業の参画が続々とリリースできそうです。ぜひご期待ください。

なお、今年は、投資家の皆様とのコミュニケーションを兼ねたセミナーや懇親会等も行ってまいりますので、日々感じていらっしゃるご意見等も直接聞かせて頂ければと考えております。

今後も、当社が目指す「新しい金融のカタチを創る」というビジョンに向けて、

また「分散投資と言えばFUEL」と資産形成の大切な選択肢になれるよう精進しますので、温かい目でご支援の程宜しくお願い致します。

FUEL

取材後記

取材に応じていただいたFUEL株式会社の関係者の皆様ありがとうございました。

FUEL株式会社は、物流ファンドという業界唯一のCRE Fundingや、他社とは異なるファンドを提供しているFUELオンラインファンドという2つのサービスを展開しいます。

他社では取り扱っていないサービスばかりなのが良いですね。

なお、FUELオンラインファンドの口座開設費用などは一切無料で、無料で持ちづづけることができます。

WEBサイトの「無料で登録する」からメールアドレスとパスワードを会員登録し、FUELより送信される確認メールに記載のURLをクリックすれば登録完了。

その後口座開設となり、本人情報入力、本人確認資料とマイナンバー資料をアップロードすれば、FUELにて申請内容の確認し、登録の住所へ、転送不要の簡易書留郵便にて「ウェルカムレター」が届きますので受取すれば口座開設が完了します。

会員登録は以下の赤いボタンからできますよ。

ちなみに、FUELの投資口座からの出金は、GMOあおぞら銀行の口座であれば、出金手数料が無料ですので、会員登録する場合は、併せてGMOあおぞらネット銀行の口座開設もおススメします。

FUELの公式情報はこちら

公式情報FUELオンラインファンド

公式情報CRE Funding

【参考】最新のクラウドファンディング情報はこちらを

当ブログで紹介している最新のクラウドファンディング情報はこちらです。

ぜひシェアお願いします

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

役立つサイト

金融庁

日経新聞 金融機関ニュース

日本銀行 Bank of Japan

相互リンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


クラウドバンク cheeese
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、週刊現代女性セブンさらに日経ヴェリタスなどでコメントする定期預金ウォッチャー。投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-クラウドファンディング, 投資
-,

© 2021 1億円を貯めてみよう!chapter2