クラウドファンディング 投資

ユニコーン35号案件株式会社トータルブレインケア(クラウド型の認知機能別トレーニングツールの開発・提供)の第2回出資者を3月2日から募集開始

2022年2月23日

株式会社ユニコーンが運営する株式投資型クラウドファンディングサービスのユニコーン。

そのユニコーンが、株式会社トータルブレインケアの出資者を募集開始します。

詳細を確認してみましょう。

管理人のおススメ度は★★★(最高★5)

ユニコーン34号案件 株式会社トータルブレインケアの出資者の募集について

  • 募集期間:2022年3月2日18時から2022年3月6日23時59分まで
  • 募集方式:先着順
  • 目標募集金額:10,000,000円/1,000株
  • 上限募集金額:55,000,000円/5,500株
  • 出資単位:1株(1株10,000円)
  • 最低申込金額:10株(100,000円)
  • 上限申込金額:50株(500,000円)

株主優待について

株数(投資金額)に関わらず「CogEvoパーソナル 無料チケット」が貰えます。

この「CogEvoパーソナル」は、ゲーム感覚で気軽に認知機能を測定できるサービスで、ウェブサイトから誰でも簡単に認知機能のチェックとトレーニングを受けることができます。

なお、今回の無料チケットはただし、登録時から1年以内の使用期限がありますのでご注意ください。

公式情報ユニコーン

株式会社トータルブレインケアについて

株式会社トータルブレインケアは、2015年11月創業。

認知機能別トレーニングであるクラウドシステム「CogEvo®」を産官学連携で共同開発し、主力商品として、医療介護や自治体などに提供しています。

この「CogEvo®」は、誰でも簡単に認知機能のチェックとトレーニングをすることができ、認知機能を「見当識」「注意力」「記憶力」「計画力」「空間認識力」の5つに分類し、高次脳機能の専門家が監修した12種の楽しいタスクで、エビデンスに基づいた質の高いトレーニングを提供するとのことです。

「CogEvo」自体は多数のメディアなどでも紹介されているので知っている方もいるかもしれません。

基本の収益モデルは、認知機能別トレーニングや認知機能チェック&フィードバックの機能ある「CogEvo」を提供し、月額固定課金のストック型収益モデルとなります。

会社としては、2024年10月期基準で新規株式公開を予定しており、2021年7月にユニコーン26号案件として出資者を募集し、44,820,000円の資金を集めました。今回は2回目の募集となります。

株式会社トータルブレインケアの基本情報

会社名 株式会社トータルブレインケア
本社住所 兵庫県神戸市中央区港島中町4-1-1 ポートアイランドビル6F
代表者名 河越眞介
設立年月日 2015年11月2日
事業内容 認知機能に関するツールやプログラムの提供及びインターネットサービス事業
資本金 1億3,982万円

Unicorn(ユニコーン)とは?

スタートアップ企業の資金調達を支援に特化したクラウドファンディングサービスです。

株式投資型クラウドファンディングですが、Unicorn(ユニコーン)が取り扱う案件は、最低1年に1回、クラウドファンディングで株式を購入した株主に対して株主優待を実施する会社ばかりであり、この点が他社と違う特徴があります。

ちなみに、1社5万円から50万円まで株数単位で投資可能です。

ユニコーン(UNICORN)評判やメリットやデメリットさらに会員登録方法を徹底解説しました(株式投資型クラウドファンディングサービス)

株式投資型クラウドファンディングのサービスを提供しているユニコーン(UNICORN)。 そのユニコーン(UNICORN)の評判やメリットやデメリットさらに会員登 ...

ユニコーン

株式投資型クラウドファンディングとは?

株式投資型クラウドファンディングは、融資型クラウドファンディングや不動産型クラウドファンディングとは異なり、投資の対価は、非上場の株式です。

融資型クラウドファンディングは投資金額プラス金利が、不動産型クラウドファンディングは投資した案件の収益の一部が分配金としてリターンになりますが、株式投資型クラウドファンディングは非上場株式が手に入るだけという点が明確に異なります。

手に入る非上場株式は、上場やM&Aなどの事象が発生するまでは基本的に売却はできません。

さらに、1社につき年間50万円が出資金額の上限となるなどの制限があります。

ただし、上場やM&Aなどの事象が発生した場合は、多額のリターンを得ることができるのが特徴であり、株主優待を設定している会社に出資した場合は株主優待が貰えます。

詳しくは以下のページをご覧ください。

株式投資型クラウドファンディングのメリットとデメリット

クラウドファンディングサービスは、大まかに分けると寄付型、購入型、ファンド型、融資型、株式投資型の5種類あります。 今回は、株式投資型クラウドファンディングのメ ...

売上も出ており

前回懸念していた販売体制も整い、昨年度実績は赤字ながら1億円弱の売り上げを計上しています。クラウド型であることから、契約件数が増加すれば、損益分岐点をクリアすることか可能と思われ3升。

サービス自体は今後の需要から考えると展望は明るいこともあり、個人的評価は3の★★★

なお、ユニコーンの投資家登録費用などは一切無料で、アカウントも無料で持ちづづけることができます。

会員登録は以下の赤いボタンからできますよ。

ユニコーン34号案件 株式会社トータルブレインケアの案件に関する公式情報はこちら

公式情報ユニコーン

【参考】最新のクラウドファンディング情報はこちらを

当ブログで紹介している最新のクラウドファンディング情報はこちらです。

最新クラウドファンディング情報

ぜひシェアお願いします

AGクラウドファンディング
COZUCHI

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

役立つサイト

金融庁

日経新聞 金融機関ニュース

日本銀行 Bank of Japan

相互リンク

Amazonギフト券が貰える

無料口座開設で現金貰える!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、週刊現代女性セブンさらに日経ヴェリタスなどでコメントする定期預金ウォッチャー。投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

よく読まれている記事

1

不動産投資型クラウドファンディングのCOZUCHIのファンド成立金額が120億円を突破したことを記念して会員登録キャンペーンを実施中です。 当ブログ限定ですが、 ...

2

現在実施中のクラウドファンディングサービス新規会員登録キャンペーンをまとめて紹介します。 管理人オススメは、わずか1取引で現金が貰えるオススメのキャンペーン(L ...

3

株式会社シーラが運営する不動産投資型クラウドファンディングサービス「利回りくん」が楽天ポイントと提携しました。 新規投資家登録キャンペーンとして楽天ポイントが貰 ...

4

過去に紹介した銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめました。このページは随時更新していきます。 このエントリーの目次ネットバンクの口座開設キャンペーン ...

5

岡三オンラインが当ブログとタイアップした新規口座開設キャンペーンを実施中です。 キャンペーンコード入力、岡三オンラインの口座開設さらに1回以上の取引で現金3,5 ...

6

当ブログで紹介したキャンペーンの中でも今月末あたりに終了になるキャンペーンをまとめてピックアップします。 このエントリーの目次楽天銀行 口座開設&入金で ...

-クラウドファンディング, 投資
-,