銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

定期預金

イオン銀行「定期預金満期のご案内」の郵送が終了になります

投稿日:

イオン銀行が環境への配慮とコスト削減から、定期預金の満期の案内の送付を終了します。

詳細を確認してみましょう。

スポンサーリンク

イオン銀行「定期預金満期のご案内」の郵送の終了について

終了日は以下のとおりです。中間利払情報の郵送も同じタイミングで終了になります。

取引の内容 終了日
新たに店舗の窓口で作成した全ての定期預金、積立式定期預金。
ただし、店舗の定期預金受付専用端末で作成した定期預金、積立式定期預金を除く。
2017年10月31日受付分より
新たにイオン銀行ATMで作成した全ての定期預金。 2018年1月11日受付分より
新たに店舗の定期預金受付専用端末で作成した全ての定期預金、積立式定期預金。
新たにモバイルバンキングで作成した定期預金。
2018年4月の受付分より(予定)
現在預入れいる定期預金のうち、満期後自動継続される定期預金。 2018年春以降の自動継続分より(予定)

今後の定期預金満期情報はどうやって確認するの?

今後はインターネットバンキングのほか、イオン銀行の店舗でも定期預金の満期情報が確認できるようになります。ただし、最短でもインターネットバンキングの11月28日からですのでご注意ください。

ちなみに、イオン銀行インターネットバンキングでは、「定期預金満期のご案内」と同じ情報を確認できる「定期預金明細照会」機能、「解約明細」の表示機能を提供しています。

確認できるチャンネル 利用可能日
インターネットバンキング 2016年11月28日より
イオン銀行店舗 2018年春頃より

経費削減が徹底しはじめたイオン銀行

経費削減の波がここまで到達した感じはありますね。ちなみに、今回は個人のみで法人契約の方は「定期預金満期のご案内」は郵送されますよ。

スポンサーリンク

イオン銀行はイオン銀行ポイントクラブを使い倒そう!

イオン銀行のメリットであるイオン銀行ポイントクラブは取引などでWAONが貯まりまくる美味しいプログラムです。内容をチェックのうえ、使い倒してください。

イオン
イオン銀行ポイントクラブのステージ特典、対象取引、プレゼントされるWAONポイントなどを徹底解説

イオン銀行ポイントクラブというサービスがあります。 イオンカードセレクトなどのカード利用額に応じてステージが決まり、そのサービスごとにWAONポイントがもらえる魅力的なサービスですので、詳しい内容やね ...

続きを見る

【参考】高利の定期預金キャンペーンはまだまだ沢山ありますよ!

高金利の定期預金キャンペーンはまだまだたくさんあります。お探しの方は、以下のエントリーをご覧ください

うれしい
定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(冬から夏のボーナス時期の比較)【10月・11月・12月・2018年1月・2月・3月・4月・5月・6月】

現在実施している当ブログで公開した高金利の定期預金ネタをまとめたページです。(随時更新版) 最低でもメガバンクの定期預金の金利の20倍以上の金利を出す高金利の定期預金を取り扱う金融機関は、まだまだたく ...

続きを見る

【参考】預けた定期預金の満期資金を無料で他の金融機関に移動させる方法

預けた定期預金満期金を無料で他の金融機関に振り込む方法は以下のページで解説しましたのでぜひご覧ください。

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

イオン銀行は、GMOクリック証券フィデリティ証券アイネット証券ひまわりFXなどにおいてクイック入金可能ですので、振込手数料を支払うことなく他の金融機関へ資金を移動することが可能です。

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

ネットバンク、地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合などは高利の定期預金を募集していますが、ネックが満期資金を移動させるときに、振込み手数料が発生することです。 そこで、無料で資金移動させる ...

続きを見る

【参考】他の金融機関から定期預金の資金を振り込む時の手数料を無料にできる銀行はこちら

定期預金の資金を他の金融機関から移動させるときに、振込手数料を支払っていませんか?

他行宛振込手数料が無料になる金融機関は、たくさんありますので、利用しないともったいないですよ。

詳細は以下のページをご覧ください。

資産形成や貯金
5分で分かる他行宛振込手数料が無料になる銀行や信託銀行などの全25サービスまとめ

他行宛振込手数料が無料となる銀行や信託銀行、さらに労働金庫などのサービスをまとめました。全部で25サービスです。 一般的に他行宛振込手数料は、インターネットバンキングでも1件あたり216円から540円 ...

続きを見る

 

 

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大15,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう(最新記事をお届けします)

Twitterで管理人アカウントを

X-lift(クロスリフト)


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


  • この記事を書いた人

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

http://ichiokuen-wo.jp/

-定期預金

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 All Rights Reserved.