資産形成や貯金

定期預金

銀行や信用金庫などが合併した時に預金保険制度によって保護される預金金額はどうなるの?

投稿日:2014年11月10日 更新日:

銀行や信用金庫さらに信用組合の合併が最近よく見られます。

合併した時に預金保険制度によって保護される預金金額はどうなるのでしょうか?

預金保険制度とは?

預金保険制度は国内に本店を置く銀行や信用金庫など金融機関が破綻したときに、預金の種類によって全額または一部が保護される制度です。詳しい内容は以下のページをご覧ください。

お金
預金保険制度によるペイオフ(預金保護)の仕組などの内容や預金保険の対象などを徹底解説

預金保険制度というものがあります。銀行などの金融機関が万が一破綻した場合に、一定額の預金などを保護する制度で、金融業界の信用秩序を維持することを目的として、預金 ...

利息がつく預金は預金者1人あたり元本1,000万円とその利息が保護される

利息がつく預金である普通預金、定期預金、定期積金、仕組預金は預金保険によって、その金融機関が破綻した場合、1人あたり元本1,000万円とその利息が保護されます。これらの預金元金の合算した金額が1,000万円を超える場合は、超えた分が保護されません。

合併した時はどうなるのか?

複数の銀行などに合併した時に、定期預金や普通預金が合計1,000万円以上となってしまう場合があります。この場合は、預金は保護の対象になるのでしょうか?

結論から言うと、合併してから1年間に限って、1人当たりの1,000万円に、合併した金融機関の数をかけた金額が預金保険の上限金額になります。

  • 2行合併ならば、1,000万円×2行=2,000万円
  • 3行合併ならば、1,000万円×3行=3,000万円
  • 4行合併ならば、1,000万円×4行=4,000万円

合併後1年間に限りこの上限金額とその利息が保護されます。ちなみに、この措置は金融機関等の組織再編成の促進に関する特別措置法に基づく特例措置です。

また、1年間という期限が過ぎた場合は、通常どおり1人当たり元本1,000万円とその利息が保護ということになります。

合併して1,000万円以上預けることになったら他の金融機関への預け替えなども検討しましょう

金融機関が合併し、普通預金や定期預金などが1,000万円以上1つの金融機関に預けることになってしまった場合は、できれば他の金融機関に分散することをオススメします。

理由としては、元本1,000万円預金保険という制度がせっかくあるのに、それ以上のお金を預けてしまうのは、安全性の面からみても問題があります。

金融機関が破綻したときに慌てないように、1年間のうちになるべく違う金融機関への1,000万円を超過した分預け替えすることをオススメします。預入金額:10万円以上(1円単位)

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大10,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

口座開設で50倍の金利の定期預金を作る方法

 


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


FUNDINNO新規口座開設
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-定期預金
-, ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2018 All Rights Reserved.