銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

定期預金

金利0.35%かつ懸賞付きの定期預金が10月15日より発売開始(明治維新観光定期預金)

投稿日:2015年10月18日 更新日:

南日本銀行(通称「なんぎん」)が、珍しく預入期間が中期の定期預金キャンペーンを10月15日から実施しています。

詳細を確認してみましょう。

スポンサーリンク

南日本銀行 明治維新観光定期預金の詳細

  • 取扱期間:平成27年10月15日から平成27年12月30日
  • 預入対象:個人
  • 預入条件:新規預入に限る
  • 販売地区:鹿児島県、熊本県、宮崎県、福岡県の南日本銀行営業エリア
  • 募集金額:100億円
  • 預入金額:1口10万円以上1000万円未満
  • 預入限度額:1人3000万円まで
  • 預入期間:3年
  • 適用金利:0.35%
  • その他:本定期預金に預入れた方の中から抽せんで、16名に長崎の旅行券(3万円相当)を、160名に長崎観光物産品(3千円相当)をプレゼント

明治維新観光定期預金は、九州フィナンシャルグループ対抗したキャンペーンですね

平成27年10月1日に、鹿児島銀行と肥後銀行が経営統合し、九州フィナンシャルグループが誕生しました。南日本銀行は、鹿児島銀行のと差がますます開くことになり、結構大変だと思いますが、先日、九州フィナンシャルグループ統合記念キャンペーンに対抗したキャンペーンかと思われます。

九州フィナンシャルグループ統合記念キャンペーンが10月1日からスタート【3ヶ月もの定期預金 最大金利0.325%、肥後銀行・鹿児島銀行】

2015年10月1日に肥後銀行と鹿児島銀行が経営統合し九州フィナンシャルグループ(共同持ち株会社)が発足したことを記念して肥後銀行・鹿児島銀行が統合記念キャンペーンを実施中です。 それぞれ詳細を確認し ...

続きを見る

まとめ:3年もの定期預金 金利 年0.35%は有人店舗としてはがんばりました

メガバンクなどと比べると高いのですが、当ブログの読者の皆様には特段高くないじゃないと思われるかと思いますが、メガバンクよりも高く、インターネット支店などのバーチャル店舗ではなく有人店舗の金融機関としてはがんばったと思います。金利も高いうえに、当たる可能性は極めて低いですが、懸賞付きですので、南日本銀行と取引している方は預入を検討しても良いでしょう。

スポンサーリンク

高利の定期預金キャンペーンはまだまだ沢山ありますよ!

高利の定期預金キャンペーンはまだまだたくさんあります。お探しの方は、以下の当ブログで高金利の定期預金ネタを総まとめにしたエントリーをご覧ください。

うれしい
定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(冬から夏のボーナス時期の比較)【10月・11月・12月・2018年1月・2月・3月・4月・5月・6月】

現在実施している当ブログで公開した高金利の定期預金ネタをまとめたページです。(随時更新版) 最低でもメガバンクの定期預金の金利の20倍以上の金利を出す高金利の定期預金を取り扱う金融機関は、まだまだたく ...

続きを見る

【参考】預けた定期預金の満期資金を無料で他の金融機関に移動させる方法

預けた定期預金満期金を無料で他の金融機関に振り込む方法は以下のページで解説しましたのでぜひご覧ください。

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

ネットバンク、地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合などは高利の定期預金を募集していますが、ネックが満期資金を移動させるときに、振込み手数料が発生することです。 そこで、無料で資金移動させる ...

続きを見る


南日本銀行は、SBI FXトレードDMMFX外為ジャパンLION FXJFX株式会社においてクイック入金可能ですので、振込手数料を支払うことなく他の金融機関へ資金を移動することが可能です。

SBI FXトレード、DMMFX、外為ジャパン、JFX、ヒロセ通商のクイック入金に対応している銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫のまとめ

約380もの金融機関とクイック入金を提携しているSBI FXトレード、DMMFX、外為ジャパン、JFX、ヒロセ通商。 対応している金融機関数としては、他のFX会社や証券会社を圧倒する数を誇ります。 各 ...

続きを見る

【参考】他の金融機関から定期預金の資金を振り込む時の手数料を無料にできる銀行はこちら

定期預金の資金を他の金融機関から移動させるときに、振込手数料を支払っていませんか?

他行宛振込手数料が無料になる金融機関は、たくさんありますので、利用しないともったいないですよ。

詳細は以下のページをご覧ください。

資産形成や貯金
5分で分かる他行宛振込手数料が無料になる銀行や信託銀行などの全26サービスまとめ

他行宛振込手数料が無料となる銀行や信託銀行、さらに労働金庫などのサービスをまとめました。全部で26サービスです。 一般的に他行宛振込手数料は、インターネットバンキングでも1件あたり216円から540円 ...

続きを見る

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大13,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう(最新記事をお届けします)

Twitterで管理人アカウントを

X-lift(クロスリフト)


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


  • この記事を書いた人

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

http://ichiokuen-wo.jp/

-定期預金
-, ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 All Rights Reserved.