銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

閑話休題

おっと、livedoor Readerが12月25日以降もサービス継続するぞ

投稿日:

おっと、livedoor Readerが12月25日以降もサービス継続するぞ

 

先般のエントリーで、日本を代表するrssリーダーであるlivedoor Readerが平成26年12月25日をもって終了することから、現在主流のrssリーダーであるfeedlyの登録者数が増えたことを紹介しました。

1億円を貯めてみよう!chapter2のfeedlyの登録者数が300を超えました

しかーし、 livedoor Readerのサービスの終了が撤回されました。

 

 

livedoor Reader公式リリースより

 

以下のとおり、livedoor Reader 開発日誌より前後撤回リリースが公表されています。

いつも livedoor Reader をご利用いただき、ありがとうございます。

先日、サービス終了をお知らせした livedoor Reader ですが、みなさまのご要望を受けこれを撤回し、サービス継続の道を検討中です

サービス継続の詳細が決まりましたら、あらためてこのブログでお知らせいたします。

今後とも livedoor Reader をよろしくお願いいたします。

 

【重要】 サービス終了撤回のお知らせ|livedoor Reader 開発日誌

 

 

ということでlivedoor Readerサービスは継続するようです。

 

ということでlivedoor Readerサービスは継続するようですが、今までどおり使えるのかどうかは、プレスリリースをみてもわかりません。

 

個人的には、google readerのサービス終了してから、いろんなrssリーダーを使ってみましたが、結局のところは、feedlyを好んで利用しています。

これは、自分のスマホがAndroidを利用しており、feedlyのAndroidアプリの操作性が良いからだけなんですけどね。

ただし、livedoor Readerからfeedlyへ乗り換えてみて、違和感を覚える方もいらっしゃることでしょうから、今回の発表は朗報と言えるのではないでしょうか。

詳細は、またお伝えしようかと思います。

 

 

最後に、RSSリーダーとは

 

RSSリーダーという名称が一般的ですが、本来は、フィードリーダーやフィード・アグリゲーターと呼ばれるものです。
ブログやニュースサイトが配信するフィードとよばれる情報を取得して、読みやすく変換するアプリケーションソフトウェアのことですね。

当ブログでも、フィード表示用のアイコンや、feedlyやlivedoor Readerに登録しやすいアイコンを設置しております。

 

当ブログの定時更新時間は朝8時ですが、ネタがあるときは18時に更新したり、今回のエントリーみたいに深夜に更新する場合がございます。

当ブログの情報を、いち早く取得されたい方は、ご利用されているRSSリーダーに当ブログの登録することをおすすめします。

 

 

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大15,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

 

※さらに有益な情報をお探しの方は以下のバナーをクリックしてみてください

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

ブログランキング

ブログランキング ブログランキングならblogram

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう(最新記事をお届けします)

Twitterで管理人アカウントを

X-lift(クロスリフト)


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


  • この記事を書いた人

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

http://ichiokuen-wo.jp/

-閑話休題
-,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 All Rights Reserved.