1億円を貯めてみよう!chapter2

銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

【速報】投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015(第1部 トークセッション) #foy2015

time 2016/01/15

【速報】投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015(第1部 トークセッション) #foy2015

2016年1月15日(金曜日)19時から21時までの間、日比谷コンベンションホールで投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year2015が開催されました。例年同様管理人もライブで参加しました。

今回も、速報というか議事録をお届けいたします。

スポンサーリンク

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2015とは?

この投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2015は投資信託などの販売側ではなく購入側である個人ブロガーが、年間を通して一番良いと思われる投資信託やETFなどのファンドへ事前に投票した結果を公開している有志投資家によるイベントです。セルサイド(販売者側)の思惑が入らないことから、購入する側にとってメリットがあるファンドが上位に選出される傾向にあるのが特徴です。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearの詳細内容は公式ホームページをご覧下さいませ。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015

今年も私も懲りずに投票しています。

昨年の投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2014は、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)の3連覇を阻止して、ニッセイ外国株式インデックスファンドがみごと1位に輝きました。

昨年後半に、インデックスファンドの低コスト化に拍車がかかりましたが、その競争が票を分散したかもしれないかなぁと思っていますが、さて、結果はどうなったのでしょうか?

気になる投票結果の前に、まずは第1部として、カン・チュンド氏とのトークセッションを速報としてお伝えします。
rennyさんの挨拶です。

「本日は年始のお忙し中お集まりいただきありがとうございます。それでは、投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015を開会いたします!!」(場内拍手)

スポンサーリンク

インデックス投資アドバイザー カン・チュンドさんとトークライブ

日本で唯一のインデックス投資アドバイザーというお金に全くならないことを真摯に取り組んでいらっしゃるFPのカン・チュンド氏とのrennyさんのトークライブです。

お題は、「あなたが選ぶ!投信できごと オブ・ザ・イヤー」として、事前にTwitterやGoogleフォームで募集したネタを中心です。

rennyさんが紹介してカン・チュンド氏が登場し場内拍手。もちろん、カン・チュンド氏のつかみの「わたしは日本語がペラペラなんです。」がでましたw

第3位 投資はじめました

カン・チュンド氏のセミナーに参加し、ついに長期投資の船出
投資をはじめた。
リスク・リターンを算出し投資を開始
長期でつみたての投資をするぞと決めた
ブログも立ち上げた

renny氏 お客様はどうですか?

カン・チュンド氏 普通の人ですね。2015年でいいますと、投資の経験が有る方とない方は50%:50%です。今年で16年FPの仕事をしているが、初めて投資している人の割合が増えてきた。

特別アンテナを張っている方以外、投資というものが必要なんだと認識して始めているような気がする。ここ1、2年この傾向が強くなってきた。確定拠出年金が大きいと思う。
投資は苦手と思っていた人が確定拠出年金を導入されて、リスク・リターンなど投資に関連する言葉を初めてで聞いて増えてきたと思う。実際に確定拠出年金の相談が多い。

NISAは投資非課税というイメージとして相談来る方も結構多い。ここ1、2年で投資が苦手、面倒だなぁと思う方が、バランス型ファンドを選ぶ方が多い。

renny氏 某投資顧問にお勤めの方がこき下ろしているが。

カン・チュンド氏 山崎元さんですか?(会場笑)私も前まで思っていたのですが、最近はコストの低いものが出てきたので考えが変わってきた。

renny氏 一度初めて躓くという方が多いのは、まじめな方が多いからですか?

カン・チュンド氏 情報の取得が熱心なので、いろんなおススメファンドを購入してしまうかもしれませんね。いい投資信託があなたにとって良い投資信託にあっているかどうかはわからない。

ファンドを組み合わせるのがいいと思う人もいれば、性格的にバランスファンドに投資するのが気持ち的に楽だという方もいる。

renny氏 5年10年というスパンで考えたとき、こういう流れを作った背景は?

カン・チュンド氏 15年20年というスパンで考えるとさわかみファンドの存在が非常に大きい。さわかみファンドの登場前に、積立しましょう、長期で投資しましょうと言った方は知らない。

大手の運用会社は生活者に立脚したファンドを薦めたことはない。さわかみファンドが、普通の人が長期で投資すべき、あるいは積立という投資があるんですよと言ったのです。

renny氏 僕自身も最初はさわかみファンドを購入していた。影響は大きいですよね。

カン・チュンド氏 もし投資信託の教科書が誰かが書いたとしたら32ページあたりにさかわみファンドが出てくるんですよ

カン・チュンド氏 投資は自分が行動すればするほどリターンが上がるというものではない。日常生活において、ベットの近くに絵がある、観葉植物があるというものなのです。

必要以上に自分が投資に手間暇行う必要はない。淡々に投資を行っていくというのが大切です。

第2位「相場が動きました」

8月株価下落、チャイナショック
日経平均2万円越え、
2014年12月末 17450.77
2015年1月16日 16592.57(最安値)
2015年6月24日 20952.71(最高値)
2015年8月26日 17714.30

renny氏 カンさん相場予想は可能だと思いますか。

カン・チュンド氏 相場予想は無用だと思う。わからないからです。ある程度予想できるかもしれませんが、一塊の個人がマーケット全てを予想するのは不可能だと思います。

10%の下落は当オフィスでは急落と言っていますが、1年ではあることだ思います。

renny氏 急落はかなわないというお客様がいると思いますが、どう言っているのですか?

カン・チュンド氏 どういってるんでしょうかねぇ~。下がっているときはニターっとするんですよね。相場の下落局面があるからこそ積立投資のうまみがあるんですよね~。今の相場はうま味を味わう時期です。完全なMの世界です。

これが上昇局面だとツマラナイと思うんですよね。最終的に口数を積み上げていくことが、投資の成績に寄与するんですよね。

renny氏 ファンドのポートフォリオを毎日確認する人がいますよね。

カン・チュンド氏 良くいます。でも最初に積立をはじめたばかりのチェックと気持ちの持ち方は全く違うみたいです。最初はドキドキだったものが、長くなるとつばを吐くような感覚になるんです。これは経験年数によるものです。
仕事でも同じですが、経験が長くなればなるほど、包括的に見ることができるということなのでしょう。

renny氏 続けるということが大事ということですね。

カン・チュンド氏 それも大切ですが、もう一つはM体質になるということです。下落が嬉しくなるのが大切です。下がってもニコニコできるんです。

renny氏 S体質は合わないといこと?

カン・チュンド氏 当社はS体質の方は合わないと思います。S体質の方向けのサービスは他の会社が多くやっています。

renny氏 1位を発表するまえにカンさん告知にいきましょうか。

カン・チュンド氏 メールマガジンを毎週1回発行していますが、みなさん登録してね。

第1位 「投信にコスト革命」

カン・チュンド氏 ほんとうに革命ですよね。最初に出た先進国株式のインデックスファンドは運用報酬が1%程度だったのに、先月にたわらが出て劇的に下がった。インデックスファンドの世界で大口の投資家には運用報酬をサービスしてきた事実はあった。

ようやくこの業界が個人投資家にもきちっとサービスをしていこうというのがコスト革命のあらわれである。

renny氏 追随していくのでしょうか?

カン・チュンド氏 コストの競争は今後も続いていくと思います。ただし、0.1%台の後半が着地点ではないかと思っています。

renny氏 カンさん投票しましたか?

カン・チュンド氏 もちろん投票しました。

  • ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)に2点
  • 世界経済インデックスファンドに2点
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドに1点入れました。

renny氏 ありがとうございす。カンさんにもう一度大きな拍手をお願いします。

以上第一部のトークライブをお伝えしました

以上第一部のトークライブを速報でお伝えしました。誤字脱字等あった場合は、後日加筆修正いたします。

気になる投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2015の結果発表はイベント終了後にアップする予定です。

 

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、以下のバナーによるRSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

1億円を貯めてみよう!フェイスブックページではブログに公開していないキャンペーン速報などもお伝えしています。

Subscribe with livedoor Readerfollow us in feedlyRSSRSSRSS

スポンサーリンク


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

こちらの記事もオススメです

スポンサーリンク


おすすめのネットバンク


スポンサーリンク

コメント

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

マネックス証券

当ブログ限定キャンペーン

書いた人

すぱいく

すぱいく

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。投資ブロガーを装った単なるキャンペーン屋。インデックス投資家を装った単なる積立マニア。 毎朝8時にブログを更新している暇人。画伯のマネージャー。飲み会秘密結社幹事。 [詳細]

逆アクセスランキング

アーカイブ

ご意見・ご感想について

ご意見・ご感想・ご質問はこちらからお願いします
PVアクセスランキング にほんブログ村 フィードメーター