投資

マネックス証券のおかげでSBI証券と楽天証券などの米国株式時の最低取引手数料が無料になりました

マネックス証券のおかげで、マネックス証券さらにSBI証券と楽天証券が米国株式の最低取引手数料が0ドルになります。

詳細を確認してみましょう。

マネックス証券 米国株式最低手数料の変更について

  • 変更日:2019年7月22日約定日から

マネックス証券  米国株式手数料の変更内容について

7月19日までの約定分 7月22日からの約定分
最低取引手数料 0.1ドル 0ドル
取引手数料 約定代金の0.45% 約定代金の0.45%
最高取引手数料 20ドル 20ドル

SBI証券 米国株式最低手数料の変更について

  • 変更日:2019年7月22日約定日から

SB証券 米国株式手数料の変更内容について

7月19日までの約定分 7月22日からの約定分
最低取引手数料 5ドル 0ドル
取引手数料 約定代金の0.45% 約定代金の0.45%
最高取引手数料 20ドル 20ドル

楽天証券 米国株式最低手数料の変更について

  • 変更日:2019年7月22日約定日から

楽天証券 米国株式手数料の変更内容について

7月19日までの約定分 7月22日からの約定分
最低取引手数料 5ドル 0ドル
取引手数料 約定代金の0.45% 約定代金の0.45%
最高取引手数料 20ドル 20ドル

マネックス証券のおかげで米国株への投資環境が格段に向上しました

米国株式手数料の引き下げはまずはマネックス証券から始まり、楽天証券がさらなる引き下げを発表しました。負けずにマネックス証券が同じ水準にすることを公表しましたが、最後にSBI証券が後出しじゃんけんで0ドルするといういつもどおりの展開。さらに、楽天証券がSBI証券の水準に追随しました。

そんでもって、言い出しっぺの意地で、マネックス証券も0ドルにすることを公表しました。

分かりにくいので時系列にするとこんな感じです。

  • 2019年7月4日 マネックス証券が米国株の最低取引手数料を0.1米ドルへの変更を発表(7月8日から実施)
  • 2019年7月5日 楽天証券が米国株の最低取引手数料を0.01米ドル(1セント)への変更を発表(7月22日から実施予定)
  • 2019年7月8日 マネックス証券が米国株の最低取引手数料を0.01米ドル(1セント)への変更を発表(7月22日から実施予定)
  • 2019年7月9日 SBI証券が米国株の最低取引手数料を無料(0ドル)への変更を発表(7月22日から実施予定)
  • 2019年7月10日 楽天証券が米国株の最低取引手数料を無料(0ドル)への変更を発表(7月22日から実施予定)
  • 2019年7月10日 マネックス証券が米国株の最低取引手数料を無料(0ドル)への変更を発表(7月22日から実施予定)

ただし、マネックス証券は、米ドルの為替手数料(買付時)も半年間無料となるキャンペーンも実施していますのでその点は優位です。言い出しっぺの矜持といったところでしょう。

いずれにせよ、最低取引手数料の引き下げは投資家にとっては歓迎です。

一昔に比べると米国株式が買いやすい環境が整備されました。為替の影響は受けますが、高配当な米国株式に興味ある方はこの機会に投資チャレンジしてみても良いでしょう。

米国株式最低手数料の変更の公式情報はこちら

米国株の最低取引手数料を無料へ! | 最新情報 | マネックス証券

SBI証券|株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA

楽天証券【米国株式】最低取引手数料を「無料」に引き下げ(7/22~)

マネックス証券

低廉な株式売買手数料が魅力のマネックス証券。マネックスポイントが貯まるのも良いですね。また高利の社債のマネックス債もマネックス証券でしか購入できません。

個人向け国債を購入するだけで現金が貰えるのも魅力ですし、個人型確定拠出年金(iDeCo)のコストも低くや取扱商品さらにサービスも大変手厚いです。

もちろん口座開設費用や口座維持費用も無料で、口座開設申込してから最短3日で取引可能と迅速な対応も売りのネット証券。

日本株以外も高配当かつ株価が40年近くも上昇しつづけている米国株式の取引に最も適した大変強い証券会社です。

SBI証券

国内最大規模のネット証券会社であり、手数料は最安値水準かつ圧倒的な取扱商品を取りそろえ、さらに使い勝手の良いうえに独自のサービスを常に提供するSBI証券。口座開設数が400万口座を突破したうえに、国内株式の個人の売買代金の4割はSBI証券からの発注と圧倒的な強さを誇ります。

SBI証券はオンライン口座開設ならば最短翌営業日から取引ができるスピーディーなネット証券です。

今なら期間限定で新規口座開設キャンペーンも実施中です。もちろん、口座開設費用や口座維持費用は無料ですよ。

楽天証券

楽天証券は、取扱商品が豊富でインターフェイスも使いやすく初心者でも、経験者でも利用しやすいネット証券会社であり、対面証券会社も含めて最上位のサービスを提供しているネット証券会社。メリットが多々あるうえに、取引などで楽天スーパーポイントがたくさん貯まることから管理人が愛用しているネット証券です。

期間限定ですが楽天証券の口座開設キャンペーンを利用すると多額の現金やポイントを貰うこともできます。楽天証券の口座開設費用や口座維持費用は当然無料で、楽天会員ならば楽天証券の口座開設するときに会員DATAを引き継ぎできるので大変簡単に申込できますよ。

さらに楽天カードを利用して楽天証券で投資信託を購入すると1%のポイント(つみたてNISAでも1%分のポイントがつく!)もゲットできます。

もちろん、口座開設費用や口座維持費用は無料です。

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

金利1%の定期預金の作成するには?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


スマートプラス『STREAM』開設プロモーション
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-投資
-, , , ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2019 All Rights Reserved.